朝太郎伝

高知県を舞台に、独特な哲学を持ちつつも喧嘩三昧の日々を送る少年・丹寅朝太郎が、持ち前の器の大きさと勇気で、抗争相手や周囲の人々の人望を集め、成長していく姿を描いた番長もの。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
朝太郎伝
作者
ジャンル
アクション一般

総合スレッド

朝太郎伝(漫画)の総合スレッド
2016.10.03 20:47

新着関連スレッド

采女 勘十郎(朝太郎伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.10.03 20:48
俵星 九十九(朝太郎伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.10.03 20:48

新着関連スレッドもっとみる

概要

中学一年生の少年・丹寅朝太郎は、無鉄砲な喧嘩を繰り返す日々を送っていた。そんな彼を心配した元極道の父・丹寅伝三は、刑務所帰りの青年・新照院勘介を息子の教育係とし、寝食を共にさせる。新照院勘介の義侠心や生き方に心を打たれた朝太郎は、自らを磨くため正義のための戦いのみができるようになろうと考えるようになった。

周囲からの人望を集めていく朝太郎に、土佐の学生の中で一大勢力を誇る「黒流会」の俵星久鬼丸が目をつけるようになる。

登場人物・キャラクター

主人公
高知県海南中学一年生の少年。命知らずの勇気と優しさを持ち合わせ、人望を集める性格。喧嘩三昧の毎日を送っているが、自分のルールとして「任侠道訓」を掲げており、基本的にむやみな喧嘩はしないと決めている。父...
丹寅朝太郎の父親。元は極道だったが、息子をカタギとして育てるため、組員共々足抜けして丹寅海運を興した。妻を早くに亡くし、男手ひとつで朝太郎を育てた。義侠心と懐の広さから、従業員たちに厚く慕われている。...
刑務所帰りの青年。元極道で、出所を機会に足を洗いたいと考えていたところに、旧知の丹寅伝三から、丹寅海運勤務への誘いを受ける。また丹寅伝三から丹寅朝太郎の教育を頼まれ、同じ土蔵で寝食を共にするようになっ...
日本でも屈指の勢力を誇る極道「大日本帝龍会」の会長。高知県への進出を目論み、地元ヤクザを抱え込もうとした。海で溺れたところを丹寅朝太郎に助けられ、彼を気に入って目をかけるようになる。
高知県城西高校の学生組織「黒流会」の番格。巨体が武器のパワーファイター。「黒流会」の下っ端が丹寅朝太郎に負けたことから、朝太郎を倒すために現れるが、返り討ちにされてしまう。そのことから見せしめとして「...
丹寅朝太郎に思いを寄せる女子高校生。夜はポン太という名前で芸妓をしている。積極的で芯の強い性格。当初は片思いだったが、後に許婚となった。
高知県城西高校の学生組織「黒流会」の会長。圧倒的なカリスマ性を誇り、高知の極道学生たちの大半を傘下に置く男子高校生。鉄製のメジャーを刃のように研ぎ澄まし、先端に刃状の分銅がついた武器を使い、目にも止ま...
高知県城西高校の男子高校生。学生組織「黒流会」会長・俵星久鬼丸の右腕。主に情報集めや分析などを担当するが、配下の統率も行い、いざという時には自らも戦う。女性的な面差しの美形。休む暇のない俵星久鬼丸の体...
高知県城西高校の男子高校生。学生組織「黒流会」に所属している。血気にはやり、手が早い。会長・俵星久鬼丸の命令を無視して丹寅朝太郎を襲う。礫を飛ばしての攻撃を得意とする。
高知県大高坂学園の男子高校生。俵星久鬼丸の「黒流会」と高知の学生勢力を二分する学生組織「ひょうたん会」の会長。ホステスの女性との間に子供がおり、彼女に養われている代わりに、育児や家事などをすべて行って...
高知県の極道「俄組」の二代目である青年。学生組織「黒流会」を率いる俵星久鬼丸が作っている「黒流会館」の利権を狙い、俵星久鬼丸、丹寅朝太郎、ドテラの影麿の抗争を利用しようとしている。
中学一年生男子。大平山万五郎の孫。素行不良によって東京中の中学校から締め出され、大平山万五郎によって土佐の海南中学に転校させられる。当初は問題を起こして東京に戻ろうとしていたが、丹寅朝太郎と友人になり...
俵星久鬼丸の弟。書生風の外見をした学生。九州の旅先で丹寅朝太郎と出会い、兄の見込んだ男として認める。乾喜一郎の申し出により、俵星久鬼丸亡き後の土佐をまとめるため、帰郷。朝太郎やドテラの影麿たちと協力し...
大阪の学生を束ねる「夜叉神会」の会長。全国制覇の一歩として、四国に乗り込んでくる。丹寅朝太郎が居ない間に土佐を荒らす。政財界への伝手を持つため、「御前」と呼ばれる人物をトップに据えつつ実権を握る頭脳派...