未来 野風

未来 野風

蹴球七日(漫画)の登場人物。読みは「みらい やふう」。別称、ミラノの風。

登場作品
蹴球七日(漫画)
正式名称
未来 野風
ふりがな
みらい やふう
別称
ミラノの風
関連商品
Amazon 楽天

概要

全国組織で3千人の組員を抱える暴力団絆興業の幹部。在庫の余ったアラミド繊維の防弾下着を売り込みに来た英順の度胸を気に入る。その時にハッタリで廃業したら課長の席を用意しておくと言われた事を真剣に受け止め、足を洗ってサラリーマンとしてやり直す為の勉強のつもりで度々英順に協力をするようになる。

いつも刺客を用心して神経の休まる暇もない暮らしを改めたいと思っているが、長年培ってきた脅し癖が板につき、どうしても一般人を怯えさせてしまう事になる。英順も主に疫病神の誘拐や身代金要求などの犯罪に関わる時に助けを借りようとする。原始サッカーでは先に手を出してきた敵チームの喧嘩相手として仲間と共に審判の死角で暴れ回り、展示会では柄巣商事の新入社員として強情なプロデューサー斉田を凄みで上手く手懐けるといった適材適所の活躍ぶりを見せる。

登場作品

蹴球七日

自由奔放で女癖も悪い英順が、サッカー好きが過ぎて転勤となった鹿児島の山奥にある系列会社柄巣商事で、狐やマキ、疫病神と次々に美女を抱きながら、持ち前の行動力と人柄を活かして会社を大きくさせたかと思えば、... 関連ページ:蹴球七日

SHARE
EC
Amazon
logo