東 一二郎

東 一二郎

1・2の三四郎(漫画)の登場人物。読みは「あずま いちじろう」。東 三四郎、東 道子とは親族関係にある。

登場作品
1・2の三四郎(漫画)
正式名称
東 一二郎
ふりがな
あずま いちじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公東三四郎の父。様々な事業に手を出しては失敗し、借金が膨れて妻と離婚。子供たちを親戚に預けると、自分も失踪してしまった。ダンプカーにはねられ危篤状態となって三四郎と再会を果たすが、脅威の体力と生命力で生還。失踪中も事業を立ち上げては失敗することを繰り返し、借金はさらに巨額に。

しかし、豪胆な性格で、借金のことも子どもを放っておいたことも少しも気にしていない。

関連人物・キャラクター

東 三四郎

運動神経抜群でお調子者。高校時代、ラグビー部に所属していたが、チームメイトを庇って退部。その後悪友の西上馬之助や南小路虎吉らと反発しあいながらも総合格闘部を設立。転校生の北条志乃も巻きぞえに、柔道など... 関連ページ:東 三四郎

東 道子

主人公東三四郎の妹。三四郎の父東一二郎が、幼馴染の木下美和に預けていた。実は一二郎の亡き友達の娘で、身寄りがないため一二郎が引き取っていたのだ。そのため三四郎とは血の繋がりはない。水泳が得意だが、男性の裸をみるとじんましんが出てしまうアレルギー体質。

登場作品

1・2の三四郎

運動神経抜群で闘魂溢れる高校生東三四郎が、悪友らと青春を謳歌しながら、ラグビーや柔道などを経て、やがて夢だったプロレスの道を歩みだす青春コメディ。1981年度、第5回講談社漫画賞少年部門受賞。 関連ページ:1・2の三四郎

SHARE
EC
Amazon
logo