柳森先生

日々悠々(漫画)の登場人物。読みは「やなもりせんせい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
日々悠々(漫画)
正式名称
柳森先生
ふりがな
やなもりせんせい

総合スレッド

柳森先生(日々悠々)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

易者。口髭、顎髭が白い老人。「一夜千両」では亀吉扮する武士のお供の儒者としてくっついて吉原にいくが、女郎が寝てしまい、仕方なく長松と花火を眺める。

登場人物・キャラクター

植木屋。亀公の悪友。おっちょこちょいな性格で、「一夜千両」では亀吉扮する武士の若党として吉原にくっついていくが、相手の女郎が寝てしまい、仕方なく柳森先生と花火を眺める。

関連キーワード

『日々悠々』の「一夜千両」で、登場人物一同が変装して遊びに行く江戸時代の遊里。「一夜千両」の意味は本作では語られないが、山東京伝の黄表紙『江戸春一夜千両』にちなんだサブタイトルだと思われる。京伝の『江...

登場作品

プロローグ編「梅雨の頃」は江戸時代、湯上がり客の溜まり場だった銭湯の二階が舞台。そこに集う庶民の姿を描き、登場人物の紹介を行う。本編に当たる「一夜千両(上・下)」では、小金を手にした左官の亀吉が吉原で...