桃ノ木家の四姉妹

両親が突然海外へ転勤し、都会から下町へ引っ越すことになった個性的な四姉妹が繰り広げる日常コメディ。「まんがタイムきららフォワード」2019年2月号から掲載の作品。

正式名称
桃ノ木家の四姉妹
ふりがな
もものきけのよんしまい
作者
ジャンル
家族
レーベル
まんがタイムKR フォワードコミックス(芳文社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

両親が突然ドバイへ3年間の転勤となり、都会の実家から下町の古い民家で暮らすことになった桃ノ木家四姉妹。長女の桃ノ木一葉がその事実を知った時、両親はすでに旅立っており、実家には家具をはじめとする何もかもがなくなっていた。社会人1年目の一葉は、長女として妹たちを支えなければと奮起するが、家庭科の授業でしか料理を作ったことのない一葉が作る料理はひどいものだった。それでも個性的な四姉妹で力を合わせ、新しい町で生きていくことを決意するのだった。(第1話。ほか、7エピソード収録)

登場人物・キャラクター

桃ノ木 一葉 (もものき いちは)

桃ノ木家四姉妹の長女で、泣き虫の最年長。年齢は20歳で、3月3日生まれ。身長は159センチ、体重は48キロ。血液型はA型、星座はうお座。好きなものは家族とごはん、嫌いなものは虫とびっくりするもの。趣味は食べ歩きで、運動は苦手。四姉妹で唯一の社会人で、家族の笑顔を心の支えとして日々の辛い仕事をこなしていた。両親の海外転勤で四姉妹だけでの新生活を始めるにあたり、心機一転して勤めていた会社を辞める。なかなか再就職できずにいたが、管理人の紹介してくれた会社に就職を決める。長女として妹たちの面倒を見なければならないという思いは強いが、料理は苦手で苦労している。それでも家族への思いは人一倍強く、妹たちを養うために仕事はしっかりとこなしている。

桃ノ木 二之 (もものき にの)

桃ノ木家四姉妹の次女で、自由奔放な性格の持ち主。千日紅高等学校1年3組に在籍している。年齢は15歳で、5月2日生まれ。身長は154センチ、体重は45キロ。血液型はO型。好きなものはお寿司、嫌いなものは楽しくないもの。好きな教科は全部で、苦手な教科も全部。オウムの金次郎を師匠としてプロボクサーを目指そうとしている残念な女子だが、明るく元気で前向きなところが取り柄。家ではよく桃ノ木三都と喧嘩をしている。

桃ノ木 三都 (もものき みつ)

桃ノ木家四姉妹の三女で、ネコみたいな内弁慶な性格の持ち主。百日紅中学校1年B組に在籍している。年齢は12歳で、7月9日生まれ。身長は143センチ、体重は37キロ。血液型はB型。趣味は漫画で、かわいいものが大好き。好物は豆腐ハンバーグ。嫌いなものは、理不尽、雷、体育。学校ではおとなしくネコを被っているが、家では桃ノ木二之との争いが絶えない。

桃ノ木 四稀 (もものき しき)

桃ノ木家四姉妹の四女で、桃ノ木家の陰のドンとも呼ばれる存在。4年2組に在籍する小学生。年齢は9歳で、9月9日生まれ。身長は139センチ、体重は30キロ。血液型はAB型、星座はおとめ座。好物は目玉焼きの白身。嫌いなものは、苦いもの。得意教科は国語、苦手教科は体育。四姉妹の中では最年少ながら、一番のしっかり者。

小白井 由紀

桃ノ木家四姉妹のご近所さんの女性。ペットのオウムである金次郎がいなくなって困っているところを、桃ノ木一葉に助けてもらってなかよくなる。一葉からは、「由紀姉さん」と呼び慕われている。おっとりとした性格で、やや影の薄いところがある。

金次郎

小白井由紀に飼われているオウムで、年齢は3歳。なぜかボクシングのトレーナーのような口調でしゃべり、偶然出会った桃ノ木二之にボクシングの指導を始める。

珠川 瑞穂

桃ノ木三都のクラスメートの女子学生。三都のことがお気に入りで、積極的になかよくしようとしている。おっとりとした性格だが押しは強く、いつのまにか桃ノ木家に入り込んでいる。実家は写真店を経営している。

管理人 (かんりにん)

桃ノ木家四姉妹が新たに暮らすことになった借家の管理人を務める中年男性。夜遅くでもお湯が出なくなった給湯器を見に来てくれるなど、面倒見がよく優しい性格をしている。いつも甚平を着ているため、桃ノ木四稀からは「甚平さん」と呼ばれる。

東坂 絵里奈 (とうさか えりな)

桃ノ木一葉が再就職した会社に勤める女性社員。クールな雰囲気を漂わせた物静かな性格で、眼鏡を掛けている。西ノ原と共に、一葉の歓迎会を開いた。しっかり者で、酔いつぶれた一葉と西ノ原を抱えて送り届けた。

西ノ原 (にしのはら)

桃ノ木一葉が再就職した会社に勤める女性社員。年齢は一葉と同じだが、会社では一年先輩となる。仕事があまりできるタイプではないが、面倒見はよく、一葉の歓迎会では酒に酔って自分が一葉のママになると言い出す。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo