梅造

梅造

さらい屋 五葉(漫画)の登場人物。読みは「うめぞう」。お絹とは親族関係にある。

登場作品
さらい屋 五葉(漫画)
正式名称
梅造
ふりがな
うめぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

五葉の一員。仲間が集まる居酒屋の店主。元々は壱師という盗賊の一味だったが、娘のため抜けて江戸に店をもった。娘のお絹を溺愛している。坊主頭の巨漢で口は悪いが、面倒見のよい性格。おたけに惚れている。壱師を抜ける際、手を尽くしてくれた仏の宗次に恩義を感じ、父親のように慕っている。

五葉で稼いだ金は、かつての盗賊仲間からゆすられていた昔の兄貴分に渡していた。

関連人物・キャラクター

おたけ

五葉の一員。酒好きの妖艶な美女。元は岡場所にいたが、弥一に身請けされ自由の身となった。美味い酒が飲みたくて弥一に手を貸している。一味の名付けをしたのも彼女で、楓が好きなことから五葉と名付けた。秋津政之助の長屋を又借りして暮らしている。梅造と立花伊蔵に惚れられている。

仏の宗次

元盗賊壱師の並び頭。今は隠居の身で郊外に隠棲している。五葉が拐した人質をあずかることもある。梅造が盗賊を足抜けする時に力を貸しており、梅蔵はその恩を忘れず、父親のように慕っている。梅造の店で出す漬物も作っており、味の良さで人気がある。盗賊の頭時代、白楽にいた弥一と面識があった。

お絹

五葉の一味梅造の一人娘。居酒屋の手伝いをする気の優しい娘。梅蔵に溺愛されており、五葉のつとめのことも承知している。かつて行儀見習いで旗本の家に奉公に出ていたが、その次男を袖にしたことで暇を出された。憤... 関連ページ:お絹

関連キーワード

五葉

『さらい屋五葉』の登場する組織。弥一を頭とする拐し専門の江戸の賊。内密に身代金をとり、殺しは行わない。オリジナル・メンバーは弥一、梅造、松吉、おたけの4名で、その後、秋津政之助と銀太が加わった。外聞をはばかる家から人質を拐すため、訴えが出ることはなく、長らく一味の存在は表ざたにならなかった。

登場作品

さらい屋 五葉

気弱な浪人秋津政之助が江戸で誘拐組織五葉の頭目弥一に出会い、その仲間となって、それぞれの過去と向き合っていく時代劇漫画。 関連ページ:さらい屋 五葉

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
秋津 政之助
松吉
銀太
お絹
集団・組織
logo