殺戮姫

女子高校生殺人鬼と、唯一の理解者である男子高校生との恋愛模様を描きながら、連続暴行、連続殺人、誘拐、快楽殺人など、利己的な目的で犯罪を犯す犯罪者たちの命の価値を問うことをテーマとした作品。「週刊少年チャンピオン」2007年46号から52号にかけて連載された。

正式名称
殺戮姫
ふりがな
さつりくひめ
作者
ジャンル
犯罪
レーベル
少年チャンピオン・コミックス(秋田書店)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

普段はのんびりとしたマイペースな美少女の森川流は、石動王士に恋する女子高校生。しかし、両手を常に指の長い手袋で隠している流は、人間のことを嫌だと思うやいなや、無差別に周囲の人間全員を殺害する殺人鬼でもあった。一方、殺人衝動に駆られた流を唯一止めることのできる存在である王士は、流が暴走した際、相手が凶悪な犯罪者であったとしても、その命を守るべきか何度も苦悩する。

登場人物・キャラクター

石動 王士 (いするぎ おうじ)

侯星高等学校に通う男子。森川流に無差別殺人衝動があることを知りながら、流と荒生を自宅に居候させている。面倒くさがりな性格でグロテスクなものが苦手なため、荒生からはたびたび臆病者呼ばわりされている。しかし正義感が強く、例え相手が凶悪犯で自分が手酷く痛めつけられようとも、ギリギリまで改心を願って説得を続けるタフさと忍耐強さを持っている。 流に恋愛感情を持たれているので、流の殺人衝動を止められる唯一の人物であり、荒生からは「救世主」と呼ばれている。また、流からは「おーじ」と呼ばれている。

森川 流 (しんかわ るう)

侯星高等学校に通う女子。人間を嫌だと感じた瞬間、その場にいる者全員を殺害する衝動を持つ、無差別殺人鬼。人間の皮膚と肉を抉り取れるほど鋭く長い爪を隠すため、常に指の長い手袋を身につけている。殺人衝動に駆られると、中指部分を噛んで手袋を外そうとする仕草が見られる。石動王士に恋愛感情を持って慕っており、常に行動をともにしている。 校内ではのんびりとした性格の美少女として知られ、白雪華恋と王士を巡って三角関係が発覚した時には、「流ちゃんみたいに可愛い子が平凡な男子で妥協するのはもったいない」と容姿を肯定する形で牽制されている。王士の自宅に荒生とともに居候しているため、荒生とは名字が違う妹として校内でも周知されている。実際の血縁関係は不明。

荒生 (あらお)

侯星高等学校で養護教員として勤務している青年。石動王士の自宅に森川流とともに居候している。流を非常に可愛がっており、王士からは甘やかしすぎだと呆れられている。流の殺人衝動については熟知しており、流の殺人衝動を抑えられる唯一の人物として、王士を高く評価している。匂坂月弓とは以前からの知人らしく、気の置けない会話をしている他、犯罪者に関する情報ルートを持っている様子。 流の名字の違う兄として周知されているが、実際の血縁関係は不明。王士からは「センセイ」、流からは「おにーちゃん」と呼ばれている。

匂坂 月弓 (さきさか げっきゅう)

昴晏寺の住職を務めている尼僧。石動王士からは男性と間違えられるほどの凜とした雰囲気の持ち主。保護司としても活動しており、自立支援施設を出所した亜木勇介を保護観察下に置いていた。荒生とは旧知の仲である様子が見られ、森川流の殺人衝動のことなども理解したうえで、その衝動を利用している一面もある。 但島の菩提寺を預かる住職として、何かと面倒を見ていた。

王士の友人 (おうじのゆうじん)

侯星高等学校に通う男子。石動王士の友人で、真ん中分けにした金髪が特徴。美人や可愛い女性に目がなく、顔と性格が良ければ天使や悪魔、鬼や猫でも許容範囲と豪語している。王士が白雪華恋に告白された際には、泣きながら羨むような嫉妬深さを見せた。

警察官 (けいさつかん)

侯星高等学校付近を警らしていた中年の警察官。本性は、カップルをターゲットにして暴行を繰り返していた連続暴行犯。犯罪者に一番向いている職業だから、という理由で警察官になったと語っている。拉致したカップルを山荘に閉じ込め、性器の破壊をはじめとする拷問の限りを尽くし、なお死すら許さない犯行に、荒生からは「最悪のサディスト」と称された。 王士、流からは「お巡りさん」と呼ばれている。

亜木 勇介 (あぎ ゆうすけ)

老人を狙った連続撲殺犯。17歳の少年。幼少時から虫や小動物を遊び心で殺し続けており、部屋の中からは数百体分の切断した猫の足が発見されている。13歳の時、近所に暮らす老女を金属バットで殴り殺し、逮捕されて自立支援施設に入っていた。出所してからは匂坂月弓の保護下に置かれ、昂晏寺で暮らしている。

白雪 華恋 (しらゆき かれん)

高校3年生の女子。名門お嬢様学校として知られる鑚光学院に通っている。侯星高等学校の生徒が、一目見て言葉を失うほどの美人。自分の美貌に絶対の自信を持つ、プラス思考の持ち主。チャラい男たちに絡まれているところを石動王士に助けられて好意を抱き、王士の靴箱にラブレターを入れた。6歳から9歳までの3年間、誘拐犯から誘拐、強姦、監禁を受け、さらに母親を轢き殺すところを車内から見せられたため、その期間の記憶を失っている。 誘拐犯からは「かれん」と呼ばれていた。

華恋の父親 (かれんのちちおや)

白雪華恋の父親。非常に心配性な男性。華恋が誘拐されたことをきっかけに、セキュリティの万全なマンションに引っ越した。初対面の石動王士が室内にいたというだけで、いきなり殴りかかってしまうほどに警戒し続けている。

誘拐犯 (ゆうかいはん)

たらこ唇と平安貴族のような眉毛が特徴の男性。当時6歳だった白雪華恋を一方的に偏愛した結果、愛し合っていると思い込み、誘拐の後に強姦。3年にわたって監禁した。そのうえで、母親に助けを求める華恋の言葉に嫉妬し、華恋の母親を目の前で轢き殺している。また誘拐犯の留守中に、華恋を絽刺駅近くで逃がした誘拐犯の母親を暴行、殺害している。

誘拐犯の母親 (ゆうかいはんのははおや)

誘拐犯の母親。たらこ唇と平安貴族のような眉毛が特徴の女性。白雪華恋が9歳の頃、誘拐犯の留守中に絽刺駅に連れ出し、逃亡を促した。しかしこの件が誘拐犯の逆鱗に触れ、度重なる暴行と虐待の末に、自宅の土間で絞殺されている。

但島 (たじま)

気の優しい穏やかな性格の男性。昂晏寺を菩提所としている関係から、匂坂月弓が何かと面倒を見ている。幼なじみだった妻とは、ベタな少女漫画のような恋愛経過を送っていた。5年前に快楽殺人犯によって妻を轢き潰されており、快楽殺人犯の出所に合わせて復讐を計画していた。

快楽殺人犯 (かいらくさつじんはん)

大型トラックの運転手をしていた禿頭の男性。複数人を轢き潰すことに楽しみを覚えて、凶行を繰り返す快楽殺人者。業務上過失致死を装って裁判をやり過ごしたため、短期で懲役を終えて出所してきた。散歩中の保育園児を見て轢き潰す妄想に耽るなど、非常に危険な存在。

場所

侯星高等学校 (こうせいこうとうがっこう)

石動王士と森川流が通い、荒生が養護教員として勤務している高校。粋がって世間を悪し様に言う生徒がいたり、校内ではいじめが起こっていたりと、決して治安がいいとは言いがたい環境にある。

王士の自宅 (おうじのじたく)

石動王士の自宅。森川流と荒生が居候している一戸建て住宅。家事は荒生が担っているため整頓されているが、流の個室は足の踏み場がない状況にある。ダイニングテーブルに椅子が5脚用意されているので、王士の両親も存命している様子。

山荘 (さんそう)

警察官が拉致したカップルを監禁し、暴行を繰り返していた山荘。警察官からは「閉ざされた山荘」と称されており、人里離れた場所にあることが示唆されている。山荘内には壊れたり古びている家具の他は、改造モデル銃やノコギリ、ペンチなど暴行に使用する道具しか置かれていない。

昴晏寺 (こうあんじ)

匂坂月弓が住職を務めている寺。町中にあるが、大きな門と広い境内を持っている。自立支援施設を出所した亜木勇介が身を寄せている場所でもあり、亜木が連続撲殺犯であると知った石動王士が、流を伴って訪れたことがある。

絽刺駅 (ろさしえき)

木造の無人駅。周囲を田園地帯と、かまどの残る古い日本家屋に囲まれている。石動王士たちの住む街からは遠く離れている。誘拐犯によって3年にわたって監禁されていた白雪華恋を、誘拐犯の母親が解放して逃亡を促した場所。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo