比泉 秋名

比泉 秋名

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~(漫画)の登場人物。読みは「ひいずみ あきな」。比泉槇春とは親族関係にある。

登場作品
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~(漫画)
正式名称
比泉 秋名
ふりがな
ひいずみ あきな
関連商品
Amazon 楽天

概要

比泉生活相談事務所の所長。真人間。料理と掃除が趣味の18歳。カレーライスが好きでそろばん三段の持ち主。祖父比泉槇春の後を継いで事務所を運営している。この世に存在してしまった妖怪をあの世の次元に合わせて調律するお役目を担った比泉宗家の末裔。あの世に調律された妖怪はこの世から存在を抹消される。

比泉秋名はお役目を人殺しと認識している。そのため最悪の事態以外ではなかなか調律をしないと決めている。お役目を果たす際には若干髪の毛が伸び、精悍な顔つきのお役目モードに切り替わる。町民全体の記憶封印が解けたことで、槍桜ヒメが封印でできたのど喉の傷を隠すマフラーを編んであげたことを思い出した。

調律を繰り返すと自身の座標がぶれていき、最終的には消滅してしまう。ぶれた座標を治すには、人間と接触することが必要。妖怪ハンターから奪った半妖の日本刀鬼殺しを使い、自身に負担をかけない調律が可能となった。

関連人物・キャラクター

狂巻ざくろ

16歳。比泉円神が招集した妖怪ハンターの一人。死体に生体電流を通して操る死霊使い(ネクロマンサー)。東鈴を連れ戻すため桜新町を襲った。五十音ことはやV・じゅり・Fの活躍で一度は降伏したが、比泉円神によ... 関連ページ:狂巻ざくろ

比泉槇春

比泉秋名の祖父。比泉生活相談事務所初代所長。元老院と四谷甚六と共に一時代を築いた。比泉秋名の手によって調律されて、あの世へ送られた。 関連ページ:比泉槇春

登場作品

夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~

都心の西の外れに位置する人口2040人の桜新町。ここは七郷というあの世とこの世、どちらにも存在する霊桜に囲まれた町だった。人間と妖怪が共存する桜新町は長年平和が維持されてきた。それは女子高生町長槍桜ヒ... 関連ページ:夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~

SHARE
EC
Amazon
logo