永遠の野原

永遠の野原

小柄であることにコンプレックスを抱いている高校2年生、古屋二太郎の苦悩と恋模様を描く。第15回講談社漫画賞受賞。

概要

古屋二太郎は、姉、古屋一姫と二人暮らし。父の死後、母が再婚して家を出たので、仕送りと、姉・古屋一姫がSFホモ小説の原稿料で生計を立てている。古屋二太郎は、同級生の野沢ひとみはお前のことが好きだと周りから言われて、彼女の事が気になりだす。しかし野沢ひとみ古屋二太郎の親友の石田太のことが好きで失恋。

古屋二太郎はその後、帰宅の電車でときどき見かけるお嬢様校に通う髪の長い田中真理子に、名前も何も知らないが恋に落ちる。田中真理子と付き合うことになるが、彼女はいつの間にか石田太のことが好きになり別れることになる。

登場人物・キャラクター

高校生。姉の古屋一姫と2人暮らし。小さい頃に父親を亡くし、母親は再婚相手と暮らしている。みかんの飼い主。自身の身長が低いことを気にしており、石田太とは親友ではあるが、背が高く無口で男らしい石田に対して... 関連ページ:古屋 二太郎

古屋 一姫

古屋二太郎の姉。少女向きSFホモ小説家。小説を書いているときは夢の世界へいってしまうくらい没頭するタイプ。柳良次とつきあい始めてから、一般恋愛小説の執筆も始める。だが、そのことが柳との角質を生むことにもなる。柳とはのちに結婚。

古屋二太郎の同級生。無口で長身のハンサムで野沢ひとみや田中真理子に惚れられるが、恋愛には一切興味がない。二太郎は唯一の友人と言っていい存在で、非常に大切にしている。成績は優秀だったが、祖父に憧れて調理... 関連ページ:石田 太

二太郎の高校に産休中の代理美術教師として赴任してきた。それ以前は工事現場などのバイトで生計を立てていた。犬のカキを乳母車で散歩させていた古屋一姫に声をかけ、その後、つきあい始める。自身との恋愛が小説の... 関連ページ:柳 良次

古屋二太郎の同級生で石田太のことが好きで、二太郎にちょっかいを出していた。その事から同級生には古屋二太郎との事をからかわれるが、ある日ふとした事から石田太の写真を生徒手帳に挟んでいる事がばれ、彼への想... 関連ページ:野沢 ひとみ

お嬢様校の聖メアリー女学院付属に通う。飼い犬ゴンの話題をきっかけに二太郎と仲良くなる。髪が長く、清楚な風貌だが、ハードなロックバンドが好き。長い髪が原因で二太郎との生まれて初めてのデートが台無しに。そ... 関連ページ:田中 真理子

中井 縫之介

古屋二太郎たちの後輩。野沢ひとみの靴箱にラブレターを出す。同級生に「ケダモノ」と呼ばれるくらいに、次々と彼女を変えていたが、一途に石田太のことを思い続ける野沢ひとみを知り、惹かれていく。野沢ひとみと会う口実を作るため、小梅という子犬を飼い始める。

『永遠の野原』に登場する犬。古屋一姫が飼っていた。フィラリアで11歳で死亡。フィラリアで寝たきりのカキを古屋一姫が乳母車に乗せて散歩していたところ、柳良次に出会う。すでに走る力を失ったカキに野原の夢を... 関連ページ:カキ

『永遠の野原』に登場する犬。メス。柳良次がバイト先の工事現場で拾ったあと、自分のアパートでは飼えないため、古屋一姫に託した。いつもは人と寝るのを嫌がるが、古屋二太郎や古屋一姫が弱っていたり、心細いとき... 関連ページ:みかん

小梅

『永遠の野原』に登場する犬。中州に取り残されていた子犬で、古屋二太郎に助けられる。一時期古屋二太郎の家でみかんと共に育てられるが、その後中井縫之介にすごくかわいがられて育てられる。

阿南

先輩の北大路華子のことが好き。みかんは、柳良次に拾われる前、阿南の家で一時期飼われていた。みかんは、阿南の兄が友人からもらってきた犬だが、当の兄は一切世話をせず、受験生だった阿南がパパイアという名前を付けてかわいがっていた。

北大路 華子

千里山大学に通う、田中真理子の二つ上の幼なじみ。妻のいる男性教諭に片思いしている。田中真理子のことをとても可愛がっており、二太郎と最初付き合い始めたとき、ふさわしくない存在と二太郎を一刀両断した。

古屋二太郎の大学の先輩で、同じく文芸部に所属している。部誌にはリアルなポルノ小説を寄稿し、セクシーな大人の女性を装っているが実は処女。古屋一姫のことを尊敬しており、古屋一姫を模倣した恋愛小説で投稿して... 関連ページ:白川 渚

中学1年生。超潔癖症の母親を持ち、その影響で自身も潔癖症に。そのことから、男性に対しても苦手意識を持っていたが、家庭教師としてやってきた古屋二太郎に恋をしたことから変わり始める。ぼさぼさなおさげ髪に眼... 関連ページ:西宮 毬子

SHARE
EC
Amazon
logo