浅井 長政

信長のシェフ(漫画)の登場人物。読みは「あざい ながまさ」。織田信長、お市とは親族関係にある。

  • 浅井 長政
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
信長のシェフ(漫画)
正式名称
浅井 長政
ふりがな
あざい ながまさ

総合スレッド

浅井 長政(信長のシェフ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

北近江を治めていた実在の戦国大名。お市を娶り、織田信長と姻戚関係を結ぶ。当初は信長に心酔していたが、やがてその斬新な考えについていけなくなり、主家にあたる朝倉と織田が対立した際、朝倉方につく。数度の戦を経て落城を迎えた際、妻のお市と娘たちを織田に逃がす。

最期にケンから「茶々、初、江の三姉妹が新たな平和の世の礎を築く」と聞かされ、希望を抱いて死に臨む。

登場人物・キャラクター

戦国時代に実在した武将で、通説どおりの実力主義者。ケンの料理を知って専属料理人に召し抱える。気が短く他人を簡単に信用しないが、料理人としての矜持を曲げないケンには一目置き、信頼して自由に采配をとらせる...
織田信長の同腹妹と言われる実在の人物。近江の浅井長政に嫁ぎ、茶々、初、江の三姉妹を儲ける。兄と夫が敵対する中でもぶれることなく自らの出来ることを探してきた総明な女性。信長によって婚家の長浜城が攻め落と...

登場作品

ふと気づくと戦国時代にいた平成の料理人ケン。自身についての記憶をほぼ失くしていたケンは、京に住む鍛冶職人の夏に拾われ、そこで料理の腕前を発揮する。ケンの料理は評判を呼び、噂を聞きつけた織田信長によって...