湘南純愛組!

湘南純愛組!

最強のヤンキー・鬼爆と称される鬼塚英吉と弾間龍二は、脱童貞を目指して不良校である男子高から共学高校へと転校する。最初はナンパに過ごそうとヤンキーであることを隠して、女性を追いかけ回すがすぐに素性がばれてしまう。結局、転校先でもバリバリのヤンキーとして過ごすようになった二人の前には、次から次へとトラブルが降りかかる。連載初期はコメディ要素が強いが、次第に本格不良漫画に。ただし、要所要所でギャグパートというべきエピソードが挿入される。続編は『GTO』。

概要

中学のときからコンビを組んでいた鬼塚英吉弾間龍二は、鬼爆との異名で知られる湘南きってのヤンキー。中学時代にたったふたりで暴走族・暴走天使を壊滅させ、地域随一の不良校・極東高校に進学後も1年生にして校内の実権を掌握する。その一方で色事についてはからきしの二人は、脱童貞を目指して男子校でもある極東高校から驚愕の辻堂高校へと転校することに。

また辻堂高校への転入手続きを行う前に、ロマンスを求めて与論島へと赴く。女子大生の村越鮎美と出雲真理子をひっかけるために医大生を名乗るふたりだったが、結局ヤンキーの地が出てしまい失敗に終わる。地元に戻り、気を取り直して辻堂高校での生活を始めようとする英吉・龍二の前に現れたのは、村越鮎美・出雲真理子のふたり。

そう彼女たちは辻堂高校の教師だったのだ。こうして幕を開けた鬼爆の辻堂高校ライフ、最初は目的を果たすために一般人を装いナンパな高校生活を送ろうとするが、村越鮎美と出雲真理子の妨害もあり、すぐにふたりがバリバリのヤンキーだとバレてしまう。

結局不良として過ごすようになった鬼爆の前にはヤクザ、無期停学明けの同期生や他校生など、次から次へと抗争の相手が登場。こうした抗争を収めるにつれ、いっそう鬼爆の不良としてのステージは一層上がり、伝説として語られるようになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

コンビを組む弾間龍二とともに鬼爆と称される。鬼の英吉と呼ばれることも。中学生にして暴走族・暴走天使を壊滅させたり進学した湘南随一の不良校・極東高校をシメたりと、不良としてのステージは着実に上げていた。... 関連ページ:鬼塚 英吉

鬼塚英吉とともに称される鬼爆の片割れで、爆弾龍二とも。英吉とともに脱童貞を目指し、極東高校から辻堂高校へ転校。転校前に訪れた与論島で辻堂高校教師の村越鮎美と出会う。鮎美と真剣な恋に落ち、不良を引退して... 関連ページ:弾間 龍二

辻堂高校生。鬼塚英吉らの中学の後輩。中学二年生のときに鬼塚の家の隣に引っ越してきたが、その年のうちに引っ越す。英吉からは妹のように思われていた一方、志乃美の方は鬼塚を好いていた。中学時代は太っていて見... 関連ページ:藤崎 志乃美

湘南藤沢女子学園高等部に通う女子高生。その美貌に目をつけた阿久津淳也に拉致され、陵辱される。そのショックのせいで別人格・夜叉が誕生。夜叉は阿久津淳也に絶対的服従し、阿久津のためであれば死すら恐れない。... 関連ページ:長瀬 渚

辻堂高校生。中学時代からコンビを組む冴島俊行とともに鎌倉の狂犬の異名で知られていた。辻堂高校入学後、冴島とともに無期停学の処分を受ける。その間に転入し、幅をきかせる鬼爆に敵意をむき出しにし、停学明けに... 関連ページ:鎌田 純

辻堂高校生。中学時代からコンビを組む鎌田純とともに鎌倉の狂犬の異名で知られていた。辻堂高校入学後、鎌田とともに無期停学の処分を受ける。その間に転入し、幅をきかせる鬼爆に敵意をむき出しにし、停学明けには... 関連ページ:冴島 俊行

鬼爆が転出した3カ月ほど後に極東高校に転入し、瞬く間に極東高校の実権を掌握した。亡くなった村越鮎美の恋人の弟。兄のことが大好きで、兄と鮎美の関係を理想的なものと考えていたため、兄の死後、鮎美と親しくな... 関連ページ:神堂寺 郁也

中学2年のとき、真樹京介と出会い暴走天使に入り、のちに2代目総長に。2代目暴走天使分裂騒動の抗争の結果、少年院に入れられる。その間に3代目暴走天使が鬼爆によって壊滅させられたため、少年院の中から情婦で... 関連ページ:阿久津 淳也

辻堂高校生。鬼爆の一つ下だが、鬼塚英吉らが留年したため高校で同じクラスに。中学時代、英吉にタイマンで敗れ、それ以来英吉に心酔する。中学時代の連れで構成される愚連隊・K・T部隊を率いる。血の気が多く、目... 関連ページ:津元 克幸

辻堂高校生。鬼爆を心から尊敬するが、筋のためであれば鬼塚英吉とタイマンをはることも辞さない。自分の喧嘩のときには鬼爆の名前を出したりはしない、義理堅く誠実な男。鬼爆の陰に隠れて目立たないが、津元克幸と... 関連ページ:塚井 強

辻堂高校生。中学の頃はいじめられっ子だったが、高校に入り、強い者の下につくという処世術を身につける。無期停学前の冴島俊行からはパシリにされていた。転入してきた鬼爆の傘下にいち早く入り、その庇護のもとに... 関連ページ:走 真

辻堂高校生。色黒長髪のサーファーだが、線は細い。同じくサーファーであった兄の夏月が飲まれて死亡した巨大な波・通称アイリーンを乗りこなそうとする。そのために兄のサーフボードを手に入れようとするが、夏月の... 関連ページ:蒼樹 真冬

鬼爆の少し後に辻堂高校に転校してきた色男。非常なモテ男として登場し、脱童貞を目指す鬼爆にその極意を聞かれる。辻堂高校に転入してきた高校1年生時点で158人もの女性と関係を持ったと豪語し、その数は湘南で... 関連ページ:阿部 寛

江ノ島商業高校生。2代目暴走天使で稲村支部長を務めたが、総長阿久津淳也と対立し湘南戦争にまで発展した。この抗争で阿久津に焼き殺されそうになったことでさらに恨みを募らせる。3代目暴走天使が壊滅したのちは... 関連ページ:神島 俊樹

江ノ島商業高校生。かつて暴走天使に所属し、2代目のときには江ノ島支部長だった。湘南戦争以降は特定のチームには属さず、自身が拳一つでのし上がった江ノ島商業高校を率いる。鬼爆とはしばしば敵対するが、終盤ま... 関連ページ:仲条 國士

江ノ島商業高校生。鎌倉殺戮部隊の初代特隊を率いていた。4代目暴走天使をめぐる抗争では神島俊生の配下として参戦するが、抗争終結後は同じ江ノ島商業高校生である仲条國士と行動を共にするように。自分のことを「... 関連ページ:田村 亜希光

幼い頃から大病を患い、ずっと入院生活を送っていた。ある日、病院から抜け出し、バイク事故を起こす。手術で命をとりとめたが、痛覚を失う。その後、自分を殺してくれる相手を求めるように。また、病院でヨーコとい... 関連ページ:ジョーイ

真樹 京介

初代暴走天使総長。2代目を阿久津純也に指名したが、暴走天使が走り屋でなく愚連隊として巨大化したことを憂い、湘南戦争が終結したのち、鬼塚英吉に自分の特攻服を託すと同時に鬼爆に3代目暴走天使を壊滅させるよう依頼した。ある日、何者かにオイルを抜かれたバイクを運転し、事故死した。

辻堂高校の教師。ある年のクリスマスの日に、バイク事故で恋人を亡くす。心の傷を癒すために同僚の出雲真理子に誘われ与論島へ旅行に行き、鬼塚英吉・弾間龍二と出会う。与論島では女子大生と偽り、医大生と偽ってい... 関連ページ:村越 鮎美

鬼塚英吉に出会う前の弾間龍二の後輩。龍二にたびたび挑み、敗れるうちに龍二のことを慕うようになった。中学時代から津元克幸とは非常に仲が悪く、何かと対抗する。克幸が自ら左眉に傷をつけたことを知り、対抗して... 関連ページ:火野 剣吉

女性教師。高い報酬を取る代わりに不良生徒を更生させるスペシャリストで、過去には担任をもった底辺不良校の1クラス全員を東京六大学に合格させた実績を持つ。鬼塚英吉たちのクラス担任を受け持つため、突如赴任し... 関連ページ:嘉手納 南風

集団・組織

暴走天使

『湘南純愛組!』に登場する暴走族。真樹京介が10名ほどの友人とともに走り屋集団として結成した。結成メンバーがいずれ劣らぬワルだったため、瞬く間に勢力を拡大する。2代目総長に阿久津淳也が就任し、真樹京介... 関連ページ:暴走天使

書誌情報

湘南純愛組! 全15巻 講談社〈KCスペシャル〉 完結

第1巻

(2000年5月発行、 978-4063058376)

第2巻

(2000年5月発行、 978-4063058383)

第3巻

(2000年6月発行、 978-4063058390)

第4巻

(2000年6月発行、 978-4063058406)

第5巻

(2000年7月発行、 978-4063058413)

第6巻

(2000年7月発行、 978-4063058420)

第7巻

(2000年8月発行、 978-4063058437)

第8巻

(2000年8月発行、 978-4063058444)

第9巻

(2000年9月発行、 978-4063058451)

第10巻

(2000年9月発行、 978-4063058468)

第11巻

(2000年10月発行、 978-4063058475)

第12巻

(2000年10月発行、 978-4063058482)

第13巻

(2000年11月発行、 978-4063058499)

第14巻

(2000年11月発行、 978-4063058505)

第15巻

(2000年12月発行、 978-4063058512)

湘南純愛組! 全15巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2005年5月発行、 978-4063609172)

第2巻

(2005年5月発行、 978-4063609189)

第3巻

(2005年6月発行、 978-4063609356)

第4巻

(2005年6月発行、 978-4063609363)

第5巻

(2005年7月発行、 978-4063609462)

第6巻

(2005年7月発行、 978-4063609479)

第7巻

(2005年8月発行、 978-4063609578)

第8巻

(2005年8月発行、 978-4063609585)

第9巻

(2005年9月発行、 978-4063609677)

第10巻

(2005年9月発行、 978-4063609684)

第11巻

(2005年10月発行、 978-4063609752)

第12巻

(2005年10月発行、 978-4063609769)

第13巻

(2005年11月発行、 978-4063609851)

第14巻

(2005年11月発行、 978-4063609868)

第15巻

(2005年12月発行、 978-4063609899)

湘南純愛組! 全31巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(1991年3月発行、 978-4063132120)

第2巻

(1991年4月発行、 978-4063132168)

第3巻

(1991年6月発行、 978-4063116854)

第4巻

(1991年8月発行、 978-4063117028)

第5巻

(1991年11月発行、 978-4063117325)

第6巻

(1992年2月発行、 978-4063117554)

第7巻

(1992年4月発行、 978-4063117745)

第8巻

(1992年7月発行、 978-4063118070)

第9巻

(1992年9月発行、 978-4063118247)

第10巻

(1992年12月発行、 978-4063118537)

第11巻

(1993年2月発行、 978-4063118704)

第12巻

(1993年5月発行、 978-4063119022)

第13巻

(1993年7月発行、 978-4063119206)

第14巻

(1993年9月発行、 978-4063119381)

第15巻

(1993年12月発行、 978-4063119572)

第16巻

(1994年2月発行、 978-4063119855)

第17巻

(1994年5月発行、 978-4063120172)

第18巻

(1994年7月発行、 978-4063120332)

第19巻

(1994年9月発行、 978-4063120509)

第20巻

(1994年12月発行、 978-4063120813)

第21巻

(1995年2月発行、 978-4063121025)

第22巻

(1995年5月発行、 978-4063121377)

第23巻

(1995年7月発行、 978-4063121551)

第24巻

(1995年10月発行、 978-4063121865)

第25巻

(1995年12月発行、 978-4063122107)

第26巻

(1996年2月発行、 978-4063122329)

第27巻

(1996年4月発行、 978-4063122572)

第28巻

(1996年6月発行、 978-4063122787)

第29巻

(1996年8月発行、 978-4063123029)

第30巻

(1996年10月発行、 978-4063123289)

第31巻

(1996年12月発行、 978-4063123586)

SHARE
EC
Amazon
logo