湘南純愛組!

最強のヤンキー・鬼爆と称される鬼塚英吉と弾間龍二は、脱童貞を目指して不良校である男子高から共学高校へと転校する。最初はナンパに過ごそうとヤンキーであることを隠して、女性を追いかけ回すがすぐに素性がばれてしまう。結局、転校先でもバリバリのヤンキーとして過ごすようになった二人の前には、次から次へとトラブルが降りかかる。連載初期はコメディ要素が強いが、次第に本格不良漫画に。ただし、要所要所でギャグパートというべきエピソードが挿入される。続編は『GTO』。

概要・あらすじ

中学のときからコンビを組んでいた鬼塚英吉弾間龍二は、鬼爆との異名で知られる湘南きってのヤンキー。中学時代にたったふたりで暴走族・暴走天使を壊滅させ、地域随一の不良校・極東高校に進学後も1年生にして校内の実権を掌握する。その一方で色事についてはからきしの二人は、脱童貞を目指して男子校でもある極東高校から驚愕の辻堂高校へと転校することに。

また辻堂高校への転入手続きを行う前に、ロマンスを求めて与論島へと赴く。女子大生の村越鮎美と出雲真理子をひっかけるために医大生を名乗るふたりだったが、結局ヤンキーの地が出てしまい失敗に終わる。地元に戻り、気を取り直して辻堂高校での生活を始めようとする英吉・龍二の前に現れたのは、村越鮎美・出雲真理子のふたり。

そう彼女たちは辻堂高校の教師だったのだ。こうして幕を開けた鬼爆の辻堂高校ライフ、最初は目的を果たすために一般人を装いナンパな高校生活を送ろうとするが、村越鮎美と出雲真理子の妨害もあり、すぐにふたりがバリバリのヤンキーだとバレてしまう。

結局不良として過ごすようになった鬼爆の前にはヤクザ、無期停学明けの同期生や他校生など、次から次へと抗争の相手が登場。こうした抗争を収めるにつれ、いっそう鬼爆の不良としてのステージは一層上がり、伝説として語られるようになっていく。

登場人物・キャラクター

鬼塚 英吉 (おにづか えいきち)

コンビを組む弾間龍二とともに鬼爆と称される。鬼の英吉と呼ばれることも。中学生にして暴走族・暴走天使を壊滅させたり進学した湘南随一の不良校・極東高校をシメたりと、不良としてのステージは着実に上げていた。しかし一方、女っ気ゼロの人生に危機感を覚え、男子校でもある極東高校から辻堂高校へと転校。 一般人を装って脱童貞を目指す英吉だが、すぐにバリバリのヤンキーであることが発覚し、辻堂高校でも不良として生きていくことを余儀なくされる。その後は、辻堂高校で英吉たちが転入する前に無期停学処分を受けていた鎌倉の狂犬や阿久津淳也が復活させた4代目暴走天使、さらには湘南のみならず横浜や横須賀の悪童たちとの抗争が次々と勃発。 そのすべてを打倒することで不良たちのカリスマへと上り詰めていく。初期はハッタリをかましたり、喧嘩に負けて怖気付いたり、先輩にビビったりする様子が描かれることもあった。しかし次第にそうした要素は排除され、普段はおちゃらけているが喧嘩においては周りが戦慄するほどの実力を持った男として描かれるように。 愛車はゼファー1100だが、ここぞというときには真樹京介から受け継いだ紅蓮のZIIを駆る。また、真樹京介の特攻服も英吉が受け継いだ。水商売をする母親とマンションで暮らしていたが、あまりの素行の悪さのため居候していた龍二とともにボロアパートへと追いやられる。

弾間 龍二 (だんま りゅうじ)

鬼塚英吉とともに称される鬼爆の片割れで、爆弾龍二とも。英吉とともに脱童貞を目指し、極東高校から辻堂高校へ転校。転校前に訪れた与論島で辻堂高校教師の村越鮎美と出会う。鮎美と真剣な恋に落ち、不良を引退して結婚することを決意。だが、貴重な青春の時間を奪うことになってしまうと考えた鮎美は辻堂高校を退職し、龍二のもとを去る。 その後、4代目暴走天使との抗争の際に知り合った長瀬渚と付き合うようになり、やがて駆け落ち同然に公園の廃バスで同棲を開始。そこで渚と結ばれる。家は裕福で兄は優秀。龍二自身も元々は進学校の私立中学に通っていた。 父親とは上手くいっておらず、兄からは見下される。一方、実家を離れた姉とは仲が良く、しばしば頼ることも。英吉に比べると硬派だが、まれに女性関係で失敗してやさぐれる。愛車はプロアーム仕様のCBX。

藤崎 志乃美 (ふじさき しのみ)

辻堂高校生。鬼塚英吉らの中学の後輩。中学二年生のときに鬼塚の家の隣に引っ越してきたが、その年のうちに引っ越す。英吉からは妹のように思われていた一方、志乃美の方は鬼塚を好いていた。中学時代は太っていて見た目も悪かったが、その後美人に変貌。暴走族・韋駄天のレディースに所属し、英吉のことを思い続けながらも韋駄天総長の武沢明と付き合う。 英吉が留年したことで同じクラスになり、再会。やはり英吉への想いを断ち切れず、引退式を経ずに韋駄天を抜けようとする。その結果、韋駄天の男性メンバー全員に輪姦されるというケジメを取られそうになるが、英吉によって阻止された。 以降も英吉に想いを寄せ続けるが、英吉が身体を求めるようなことしか言ってこず、そして自分自身も素直になりきれないこともあり、付かず離れずの関係が続く。

長瀬 渚 (ながせ なぎさ)

湘南藤沢女子学園高等部に通う女子高生。その美貌に目をつけた阿久津淳也に拉致され、陵辱される。そのショックのせいで別人格・夜叉が誕生。夜叉は阿久津淳也に絶対的服従し、阿久津のためであれば死すら恐れない。夜叉のときの記憶は渚にはない反面、夜叉は渚の記憶も共有する。 渚のときに出会った弾間龍二に好意を抱くが、夜叉が龍二を狙っていることに気づき、苦しむことになる。鬼爆と阿久津率いる4代目暴走天使との抗争時、龍二をナイフで刺して殺害しようとする阿久津の姿を見て夜叉の呪縛を打ち破るが、龍二をかばおうとして自分が刺されてしまう。一時は生命の危機に瀕するが、奇跡的に回復。 事件収束後、龍二と正式な恋人に。龍二の初めての女性となった。

鎌田 純 (かまた じゅん)

辻堂高校生。中学時代からコンビを組む冴島俊行とともに鎌倉の狂犬の異名で知られていた。辻堂高校入学後、冴島とともに無期停学の処分を受ける。その間に転入し、幅をきかせる鬼爆に敵意をむき出しにし、停学明けには冴島とともに鬼爆をカタにはめようとする。弾間龍二を不意打ちにして監禁するが、自力で逃げ出した龍二とのタイマンでは完敗。 ナイフで龍二を刺そうとするも、それすら相手にされなかった。抗争終結後は鬼爆と行動をともにする。父親は米軍に所属する軍人で、日本人の母親との間に生まれたハーフ。子どもの頃は本牧居留地で暮らし、ギターをたしなんでいた。隣の家に住むナツに楽器を教え友情を育むが、ナツの姉が強姦され翌日に自殺。 復讐をしようとするナツを裏切ってしまったことを悔やみ、ギターを封印した。以来喧嘩に明け暮れるようになる。その後、ナツと再会。ナツが大きく関係する対横浜の抗争の過程で和解を果たすものの、その後ナツは殺害される。 子どもの頃に交わした「アメリカに渡って音楽で成功しよう」という約束を果たすために、辻堂高校を退学しギターを手に渡米した。

冴島 俊行 (さえじまとしゆき)

辻堂高校生。中学時代からコンビを組む鎌田純とともに鎌倉の狂犬の異名で知られていた。辻堂高校入学後、鎌田とともに無期停学の処分を受ける。その間に転入し、幅をきかせる鬼爆に敵意をむき出しにし、停学明けには鎌田とともに鬼爆をカタにはめようとするが、返り討ちにあい、鬼塚英吉のワンパンで沈められる。 抗争終結後は、鬼爆と行動を共にするように。喧嘩の実力がかなりのもので「冴島とやりあって五体満足でいた奴は一人もいない」とされるが、両鼻に鉛筆を突き刺されたり、電球を咥えさせられて殴られたりと、作中ではどちらかというとやられ役。実の両親も怯えるほどの凶悪な顔つきをしており、特に女性から恐れられる。

神堂寺 郁也 (しんどうじ ふみや)

鬼爆が転出した3カ月ほど後に極東高校に転入し、瞬く間に極東高校の実権を掌握した。亡くなった村越鮎美の恋人の弟。兄のことが大好きで、兄と鮎美の関係を理想的なものと考えていたため、兄の死後、鮎美と親しくなった弾間龍二を許せず、辻高狩りを始める。と同時に龍二と相思いながら、地元でお見合いをした鮎美に反感を抱く。 辻高狩りでは、ナイフで鎌田純を刺し、また呼び出した鬼塚英吉を罠にかけて重傷を負わせる。さらに鮎美をさらい、彼女を取り返しにきた龍二を殺害しようと画策。最終的には、鮎美を天国の兄の元に送ろうとする。しかし龍二に返り討ちにされた挙句、龍二に命を救われた。 事件後、逮捕され少年院に送致。そこで阿久津純也と友人に。愛車はV-MAXで、ジャックナイフターンを決めるほどのテクニックの持ち主でもある。退院後は、龍二のことは対等に認める一方、英吉のことはやや見下しているふしがあり、冴島に至っては鼻エンピツと呼ぶ。

阿久津 淳也 (あくつ じゅんや)

中学2年のとき、真樹京介と出会い暴走天使に入り、のちに2代目総長に。2代目暴走天使分裂騒動の抗争の結果、少年院に入れられる。その間に3代目暴走天使が鬼爆によって壊滅させられたため、少年院の中から情婦である夜叉を使い4代目・暴走天使結成のお膳立てをするよう指示。 退院後、本格的に暴走天使の勢力拡大をはかる一方、初代総長真樹京介がまとっていた特攻服を求め、かつての暴走天使関係者を狙い始める。結果、真樹京介の特攻服を受け継いだのが鬼塚英吉であることを知り、英吉に襲いかかる。喧嘩でもバイク勝負でも英吉に敗れたのち、真樹京介がすでに死亡したことを初めて知らされる。 ショックが冷めやらぬそのとき、病院を抜け出してきた神島俊樹にナイフで刺され、崖から海へと転落。意識を失っている間に英吉に命を救われたことを、担ぎ込まれた病院で知る。再度少年院に入れられるが、英吉に対しては一目置くようになった。のちに神堂寺郁也の手引によって少年院から脱走。

津元 克幸 (つもと かつゆき)

辻堂高校生。鬼爆の一つ下だが、鬼塚英吉らが留年したため高校で同じクラスに。中学時代、英吉にタイマンで敗れ、それ以来英吉に心酔する。中学時代の連れで構成される愚連隊・K・T部隊を率いる。血の気が多く、目があっただけでいきなり殴りかかることからかつては「メデューサ」と呼ばれた。 かつて鬼爆が口にした「全國制覇」を本気で信じ、そのために誰かれ構わず喧嘩を仕掛けることも。左眉の上に傷があるが、これは英吉に「顔が幼いから迫力がない」とからかわれ、迫力を増すために自らカッターで切り裂き作ったもの。田村亜希光や火野剣吉とは犬猿の仲。

塚井 強 (つかい つよし)

辻堂高校生。鬼爆を心から尊敬するが、筋のためであれば鬼塚英吉とタイマンをはることも辞さない。自分の喧嘩のときには鬼爆の名前を出したりはしない、義理堅く誠実な男。鬼爆の陰に隠れて目立たないが、津元克幸と火野剣吉のふたりをひとりでねじ伏せるほどで、喧嘩の実力はかなりのもの。 中学時代は江の四中四天王と呼ばれ、先輩の仲条國士に可愛がられていた。自己主張が激しい仲間たちの調停役になることが多く、気苦労が絶えない。ストレスのあまり血尿を患ったことも。

走 真 (はしり まこと)

辻堂高校生。中学の頃はいじめられっ子だったが、高校に入り、強い者の下につくという処世術を身につける。無期停学前の冴島俊行からはパシリにされていた。転入してきた鬼爆の傘下にいち早く入り、その庇護のもとに。鬼爆と鎌田純・冴島の抗争時には、冴島に脅されて鬼塚英吉を罠にはめるが、ギリギリのところでその危機を救う。 美男子ではないが女性の扱いが上手く、つねに美形の彼女がいる。それが災いし、政治家の娘との妊娠騒動に発展したことも。ちなみに凄まじい巨根。喧嘩は強くなく、鬼爆の看板ではったりをかますことも多いため、後輩の津元克幸などからは低く見られがち。お調子者だが、なんだかんだで鬼爆からは可愛がられている。

蒼樹 真冬 (あおき まふゆ)

辻堂高校生。色黒長髪のサーファーだが、線は細い。同じくサーファーであった兄の夏月が飲まれて死亡した巨大な波・通称アイリーンを乗りこなそうとする。そのために兄のサーフボードを手に入れようとするが、夏月の元恋人でモデルのアイリーンは真冬の身を案じ、取り巻きたちに命じて妨害。 その過程で鬼爆と関わりを持つように。クールな性格だが、なぜか英吉に対してはややひねくれた友情を見せる。ヤンキー・不良の類ではないものの、津元克幸を圧倒するほどの喧嘩の腕前。

阿部 寛 (あべ ひろし)

鬼爆の少し後に辻堂高校に転校してきた色男。非常なモテ男として登場し、脱童貞を目指す鬼爆にその極意を聞かれる。辻堂高校に転入してきた高校1年生時点で158人もの女性と関係を持ったと豪語し、その数は湘南でも着々と増していた模様。初期は鬼爆の仲間としてシリアスパートでも一定の活躍を見せるが次第に登場頻度が下がり、後期は顔を見せなくなる。 とても高校生に見えない老け顔をしており、身につけているアイテムも高級品ばかり。しかし真面目に新聞配達のバイトをこなすという忍耐力の持ち主でもある。

神島 俊樹 (かみしま としき)

江ノ島商業高校生。2代目暴走天使で稲村支部長を務めたが、総長阿久津淳也と対立し湘南戦争にまで発展した。この抗争で阿久津に焼き殺されそうになったことでさらに恨みを募らせる。3代目暴走天使が壊滅したのちは暴走族・鎌倉殺戮部隊を率いるようになった。阿久津が4代目暴走天使を結成した際は鎌倉殺戮部隊を率いて対立。 しかし再び焼き殺されそうになり、意識不明の重体に。その後、病院を抜け出し阿久津を殺害しようとナイフで刺した。事件収束後は精神を病む。

仲条 國士 (なかじょう くにと)

江ノ島商業高校生。かつて暴走天使に所属し、2代目のときには江ノ島支部長だった。湘南戦争以降は特定のチームには属さず、自身が拳一つでのし上がった江ノ島商業高校を率いる。鬼爆とはしばしば敵対するが、終盤までは決定的に対立することはなく、対横浜の抗争時には手勢をまとめて共闘したこともあり、ときには共にファミレスに行くことも。 愛車はフェアレディZ。

田村 亜希光 (たむら あきみつ)

江ノ島商業高校生。鎌倉殺戮部隊の初代特隊を率いていた。4代目暴走天使をめぐる抗争では神島俊生の配下として参戦するが、抗争終結後は同じ江ノ島商業高校生である仲条國士と行動を共にするように。自分のことを「クチビルゲルゲ」と呼ぶ津元克幸とは非常に仲が悪く、事あるごとに揉め事を起こすが、鬼爆については認める部分もあるようで、鬼塚英吉のことを「さん付け」で呼ぶことも。

ジョーイ

幼い頃から大病を患い、ずっと入院生活を送っていた。ある日、病院から抜け出し、バイク事故を起こす。手術で命をとりとめたが、痛覚を失う。その後、自分を殺してくれる相手を求めるように。また、病院でヨーコという少女に出会い、病気に苦しむヨーコに求められて手に掛けた過去も。死期が近いことを悟っており、それがゆえに危険な振る舞いをする。 地元では「死線の陶酔者」(デッドエンドジャンキー)の異名を取る。鬼爆のことを聞き、興味を覚えて冴島俊行や津元克幸、塚井強を拉致、鬼爆を呼びつける。さらに長瀬渚を襲おうとして、鬼塚英吉の怒りを買い西湘バイパスでのバイクレースで決着をつけることに。性能的には圧倒的に勝るZZR-1100を駆るが時速300km超というスピードの世界で恐怖を覚え、英吉の紅蓮のZIIに敗れる。 以後は病院に戻って治療に専念。

真樹 京介 (まさき きょうすけ)

初代暴走天使総長。2代目を阿久津純也に指名したが、暴走天使が走り屋でなく愚連隊として巨大化したことを憂い、湘南戦争が終結したのち、鬼塚英吉に自分の特攻服を託すと同時に鬼爆に3代目暴走天使を壊滅させるよう依頼した。ある日、何者かにオイルを抜かれたバイクを運転し、事故死した。

村越 鮎美 (むらこしあゆみ)

辻堂高校の教師。ある年のクリスマスの日に、バイク事故で恋人を亡くす。心の傷を癒すために同僚の出雲真理子に誘われ与論島へ旅行に行き、鬼塚英吉・弾間龍二と出会う。与論島では女子大生と偽り、医大生と偽っていた龍二といい雰囲気になりかけるが、アクシデントにより龍二がヤンキー高校生だと知る。 そんな龍二と辻堂高校で再会。その後、歳の差を気にしつつも龍二と恋に落ちる。一度は龍二と結婚しようと決意するが、自分といると彼の貴重な青春の時間を失わせてしまうと考え、黙って辻堂高校を退職。出身地の新潟へとひとり帰郷した。のちに再び湘南に戻り、龍二と再会。互いに新しい人生を歩むことを約束する。

火野 剣吉 (ひのけんきち)

鬼塚英吉に出会う前の弾間龍二の後輩。龍二にたびたび挑み、敗れるうちに龍二のことを慕うようになった。中学時代から津元克幸とは非常に仲が悪く、何かと対抗する。克幸が自ら左眉に傷をつけたことを知り、対抗して右眉に同様の傷をつけるほど。偶然、龍二と再会するが、同時に克幸にも遭遇し揉めはじめる。 ヒノケンと克幸のトラブルは、英吉と龍二の関係をおかしくすることもあった。また、龍二に無断で鬼爆ステッカーを制作し、小遣い稼ぎを行おうとしたこともある。

嘉手納 南風 (かでな なお)

女性教師。高い報酬を取る代わりに不良生徒を更生させるスペシャリストで、過去には担任をもった底辺不良校の1クラス全員を東京六大学に合格させた実績を持つ。鬼塚英吉たちのクラス担任を受け持つため、突如赴任してきた。4年前までは暴走族・紫煙(パープルヘイズ)を率いていたレディースで、湘南から箱根までの国道を信号無視しながら突き進むレース、通称・ラストシグナルの無敗の女王だった。 ラストシグナルに正体を偽った弟が挑戦してきた際、弟が事故を起こしてしまう。以来、昏睡状態が続く弟の介護費用を稼ぐため、不良更生専門の教師という道を選んだ。さらに高級クラブでもアルバイトをしている。 愛車は暴走族時代から紫のケンメリ。背中に聖母マリアの刺青を彫る。

集団・組織

暴走天使 (みっどないとえんじぇる)

『湘南純愛組!』に登場する暴走族。真樹京介が10名ほどの友人とともに走り屋集団として結成した。結成メンバーがいずれ劣らぬワルだったため、瞬く間に勢力を拡大する。2代目総長に阿久津淳也が就任し、真樹京介が引退すると拡大路線が強められ、それと同時にチームの性格も武闘派集団へと変貌してしまう。最大時で400人以上の構成員がいたが、大きくなりすぎたがゆえに内部抗争が勃発。 総長阿久津淳也、稲村支部神島俊生、江ノ島支部仲条國士の間で三つ巴となった争いは湘南戦争と呼ばれた。湘南戦争は阿久津が神島を焼き殺そうとしたことで警察が介入、阿久津が逮捕されるに至って初代総長の真樹京介による調停が行われ終結。 その後、山岸アキラが3代目として暴走天使を再び復活させるが、真樹京介の依頼を受けた鬼爆の2人によって壊滅させられた。阿久津が少年院を出た後、4代目として三度復活させるものの、鬼爆との激突によって完全に消滅する。

書誌情報

湘南純愛組! 全15巻 講談社〈KCスペシャル〉 完結

第1巻

(2000年5月発行、 978-4063058376)

第2巻

(2000年5月発行、 978-4063058383)

第3巻

(2000年6月発行、 978-4063058390)

第4巻

(2000年6月発行、 978-4063058406)

第5巻

(2000年7月発行、 978-4063058413)

第6巻

(2000年7月発行、 978-4063058420)

第7巻

(2000年8月発行、 978-4063058437)

第8巻

(2000年8月発行、 978-4063058444)

第9巻

(2000年9月発行、 978-4063058451)

第10巻

(2000年9月発行、 978-4063058468)

第11巻

(2000年10月発行、 978-4063058475)

第12巻

(2000年10月発行、 978-4063058482)

第13巻

(2000年11月発行、 978-4063058499)

第14巻

(2000年11月発行、 978-4063058505)

第15巻

(2000年12月発行、 978-4063058512)

湘南純愛組! 全15巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(2005年5月発行、 978-4063609172)

第2巻

(2005年5月発行、 978-4063609189)

第3巻

(2005年6月発行、 978-4063609356)

第4巻

(2005年6月発行、 978-4063609363)

第5巻

(2005年7月発行、 978-4063609462)

第6巻

(2005年7月発行、 978-4063609479)

第7巻

(2005年8月発行、 978-4063609578)

第8巻

(2005年8月発行、 978-4063609585)

第9巻

(2005年9月発行、 978-4063609677)

第10巻

(2005年9月発行、 978-4063609684)

第11巻

(2005年10月発行、 978-4063609752)

第12巻

(2005年10月発行、 978-4063609769)

第13巻

(2005年11月発行、 978-4063609851)

第14巻

(2005年11月発行、 978-4063609868)

第15巻

(2005年12月発行、 978-4063609899)

湘南純愛組! 全31巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(1991年3月発行、 978-4063132120)

第2巻

(1991年4月発行、 978-4063132168)

第3巻

(1991年6月発行、 978-4063116854)

第4巻

(1991年8月発行、 978-4063117028)

第5巻

(1991年11月発行、 978-4063117325)

第6巻

(1992年2月発行、 978-4063117554)

第7巻

(1992年4月発行、 978-4063117745)

第8巻

(1992年7月発行、 978-4063118070)

第9巻

(1992年9月発行、 978-4063118247)

第10巻

(1992年12月発行、 978-4063118537)

第11巻

(1993年2月発行、 978-4063118704)

第12巻

(1993年5月発行、 978-4063119022)

第13巻

(1993年7月発行、 978-4063119206)

第14巻

(1993年9月発行、 978-4063119381)

第15巻

(1993年12月発行、 978-4063119572)

第16巻

(1994年2月発行、 978-4063119855)

第17巻

(1994年5月発行、 978-4063120172)

第18巻

(1994年7月発行、 978-4063120332)

第19巻

(1994年9月発行、 978-4063120509)

第20巻

(1994年12月発行、 978-4063120813)

第21巻

(1995年2月発行、 978-4063121025)

第22巻

(1995年5月発行、 978-4063121377)

第23巻

(1995年7月発行、 978-4063121551)

第24巻

(1995年10月発行、 978-4063121865)

第25巻

(1995年12月発行、 978-4063122107)

第26巻

(1996年2月発行、 978-4063122329)

第27巻

(1996年4月発行、 978-4063122572)

第28巻

(1996年6月発行、 978-4063122787)

第29巻

(1996年8月発行、 978-4063123029)

第30巻

(1996年10月発行、 978-4063123289)

第31巻

(1996年12月発行、 978-4063123586)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo