火の玉ボーイ

火の玉ボーイ

湘南や横須賀を舞台に、度胸はあるが普段は喧嘩に弱い高校生・火野玉男が、空腹になると発揮される「ハングリーパワー」で、部活動に喧嘩にと活躍する。各話のサブタイトルは、国内外のロックを中心とした曲名から採られている。

正式名称
火の玉ボーイ
作者
ジャンル
バンド
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全14巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

父親・火野麻郎を探して湘南にたどりついたタマこと火野玉男は、現地でウィンドサーフィンを巡る若者たちの抗争に巻き込まれ、驚異的な力を発揮して解決する。神大寺桃子とその祖父に気に入られたタマは、父とも再会し、共に湘南で暮らすことになる。神大寺桃子の祖父が校長を務める真昼野高校に転入したタマは、不良校・斜陽学園をはじめとする様々な悪人の陰謀に巻き込まれるが、空腹になると発揮される凄まじいパワーで危機を突破し、友人たちの信頼を集めていく。

時には恋や友情に悩みながら、タマは高校卒業後の、自分自身の目標を見つけ出していく。

登場人物・キャラクター

主人公

行方不明の父親を探して湘南に現れた、高校生の少年。普段は度胸がある割に喧嘩に弱いが、寝起きの不機嫌や酒、空腹、怒りによって理性のタガが外れ、超人的なパワーを暴走気味に発揮する。特に空腹時は「ハングリィ... 関連ページ:火野 玉男

湘南の寺に住み、真昼野高校に通う少女。父は外務省の役人でパリにおり、姉の神大寺愛鈴はロンドンに在住。ウィンドサーフィンを巡る抗争にタマと共に巻き込まれ、友情を結んだ。タマの父・マーローからタマを暴走さ... 関連ページ:神大寺 桃子

モンの紹介でタマにウィンドサーフィンを教えた男。「冷血人間」とも呼ばれるほどクールで不親切との評判だったが、タマに興味を抱き、一歩身を引いた立場を保ちながらも親友となる。本名で呼ばれることを非常に嫌い... 関連ページ:足柄山 金太郎

タマこと火野玉男の父で、探偵業を営む。普段は「マーロー」とだけ名乗り、本名の読みは不明。仕事のためタマを置いて湘南に住み着いていたが、ウィンドサーフィンを巡る若者たちの抗争を経てタマと再会。そのまま同... 関連ページ:火野 麻郎

神大寺桃子の祖父であり、真昼野高校の校長。寺の住職であり、親しい者からは「和尚」と呼ばれる。小柄で気さくな老人であり、真昼野高校の行事でもファンキーな挨拶を飛ばす。税理士を名乗るマーローを家の離れに住... 関連ページ:神大寺校長

真昼野高校の教師で、タマやモンらの三学年を通しての担任。多くの生徒から「インケン」と呼ばれ嫌われている。厳格な性格で、転校当初は問題児だったタマを敵視していた。顧問を務めるテニス部にタマを押し込んで、... 関連ページ:陰田 剣造

真昼野高校陸上部のマネージャーで、タマとは同学年。タマが自分の母と似た気配を感じ、恋をした相手。当初は陸上部のキャプテンと交際していたが、裏切りに会い男性不信となる。しかし徐々にタマやモンと打ち解け、... 関連ページ:暮林 真理子

真昼野高校の生徒で、陸上部部員。暮林真理子と交際していたキャプテンが退部してからは、新たなキャプテンとなる。体育祭で活躍するタマを見て陸上部に誘い続け、やがて部活動以外でも行動を共にするようになる。キ... 関連ページ:花園 薫

北国から来た転校生で、真昼野高校でタマ達の同級生となる。アイスホッケー部の設立を目指しており、まず同好会を作るためタマ達を誘った。一学年下に「PEE(ピー)」、BOO(ブー)と呼ばれる(本名は不明)双... 関連ページ:高橋 圭二

斜陽学園アイスホッケー部の部長で、女子だけで構成されるチームのリーダーを務める。満月を見ると「マンスリィ!」と叫んで凶暴化し、空腹時のタマと同等の力を発揮する。真昼野高校アイスホッケー同好会と敵対する... 関連ページ:杏藤 摂子

神大寺桃子の姉で、普段はイギリスに在住。ロックミュージシャン・アイリーンとして世界的に活躍し、特にロンドンの不良少年たちにとってはカリスマ的存在となっている。「トサカ頭」などと呼ばれる、1980年代の... 関連ページ:神大寺 愛鈴

本名は不詳。斜陽学園でいじめを受ける、メガネと長髪が特徴の少年だった。「カステラ」のあだ名は、その頃受けていたいじめの通称から。メガネを外し短髪にするとタマと瓜二つの容姿となる。斜陽学園の生徒らが持つ... 関連ページ:カステラ

集団・組織

真昼野高校

『火の玉ボーイ』の舞台のひとつ。湘南に存在し、タマたちが通う共学の高校。モンの祖父である和尚が校長を務め、自由な校風を持つ。学業、スポーツとも特に目立つ成績は上げられていない様子で、タマとキイが受験す... 関連ページ:真昼野高校

場所

斜陽学園

『火の玉ボーイ』の舞台のひとつ。真昼野高校の近隣にある、不良学生の巣窟とされる高校。理事長が暴力団・斜陽会の会長であり、不良生徒たちの悪事はほとんどが表沙汰にならないでいる。スポーツの大会では対戦相手... 関連ページ:斜陽学園

書誌情報

火の玉ボーイ 全14巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(1983年4月15日発行、 978-4091208415)

第2巻

(1983年6月15日発行、 978-4091208422)

第3巻

(1983年8月15日発行、 978-4091208439)

第4巻

(1983年10月15日発行、 978-4091208446)

第5巻

(1983年12月15日発行、 978-4091208453)

第6巻

(1984年2月15日発行、 978-4091208460)

第7巻

(1984年4月15日発行、 978-4091208477)

第8巻

(1984年6月15日発行、 978-4091208484)

第9巻

(1984年8月15日発行、 978-4091208491)

第10巻

(1984年10月15日発行、 978-4091208507)

第11巻

(1984年12月15日発行、 978-4091212016)

第12巻

(1985年1月15日発行、 978-4091212023)

第13巻

(1985年4月15日発行、 978-4091212030)

第14巻

(1985年6月15日発行、 978-4091212047)

SHARE
EC
Amazon
logo