熱風の虎

熱風の虎

「虎のレーサー」と呼ばれた大番虎吉の息子、虎一が、オートバイの魅力に憑りつかれ、ロードレーサーを目指す姿を描いたバイク漫画。村上もとか『虎のレーサー』の続編。

正式名称
熱風の虎
作者
ジャンル
オートバイレース
 
バイク
レーベル
ジャンプスーパーコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

松平オートバイ工業は、世界最速のニューマシンの開発と超人レーサーによる新チームの結成を目論んでいた。新チームの監督はかつて「虎のレーサー」の異名をとった名ライダー、大番虎吉。その息子である大番虎一は、新チームの入団テストを受けるが、凄絶な死闘の末、不合格となってしまう。超人レーサー失格を告げる虎吉は、非情にも虎一が足手まといだと言い放ち、親子の縁を切るという。

父のもとを去った虎一だが、独自の方法で最速のロードレーサーになることを誓う。その第一歩として、天才エンジニアとして名を馳せた鍋島小助を訪ねるが、小助はスパナ一本、満足に握れない体になっていた。レーサーになる目途がたたない虎一だったが、ある日突然、在日米軍の鳥飼中佐に軟禁され、サイドカーレースの特訓を受けることになる。

虎吉と因縁のある鳥飼中佐の協力の元、虎一はレーサーとして成長していく。

登場人物・キャラクター

大番 虎一 (おおばん とらいち)

父と同じく、「虎のレーサー」と呼ばれ、命知らずの走りと大ジャンプ技に優れる。松平オートバイ工業が創設した超人レーサーを集める新チームの入団テストを受けるが、未熟な腕をカバーするため、危険な走行を行い、不合格となる。自力で最速のレーサーになるため、不世出のメカニック、鍋島小助を訪ねる。病気の小助を助けながら生活していたある日、突然、在日米軍基地の鳥飼中佐に軟禁状態にされ、サイドカーレースの特訓を受けることになる。 小助の体調復調後は、タイガーらと3人で世界最速の夢を追いかける。本田大悟が開催したアマチュアレースでは、Z1カフェレーサーを駆り、幻のロータリーバイク、バンビーンOCR1000に搭乗したライバル・氷巻明彦と壮絶な優勝争いを繰り広げる。

大番 虎吉 (おおばん とらきち)

主人公・大番虎一の父。かつて「虎のレーサー」の異名をとった名ライダー。ニューマシンの試走中にクラッシュして右目を失い引退。松平オートバイ工業の超人レーサーチームの監督に就任する。松平オートバイ工業の社長、松平春信は第二次大戦時の上官で、三十年以上仕えている。超人レーサーチームの育成に命を賭けており、テストで腕の未熟さを補うために危険な走行をした息子・虎一を失格にし、親子の縁を切る。

氷巻 明彦 (ひまき あきひこ)

松平オートバイ工業の超人レーシングチームに所属する、天才的なライダー。大番虎一とは、超人レーシングチームの入団テストで死闘を演じて以来の因縁を持つ最大のライバル。松平オートバイ工業の公開試走では、マツダイラK-1に搭乗し、スーパーサイドカーで乱入してきた虎一とクラッシュの末痛み分けとなる。 また、本田大悟主催のアマチュアレースでは幻のロータリーバイク、バンビーンOCR1000で参戦。宿敵・虎一と死闘を演じる。

松平 春信 (まつだいら はるのぶ)

松平オートバイ工業社長。世界最速のマシン開発と最強のレーシングチーム育成に執念を燃やす。「虎のレーサー」大番虎吉とともに、戦後数々の伝説を築き上げた男。

鍋島 小助 (なべしま こすけ)

小柄で初老の男性。突如として業界から姿を消した不世出の天才エンジニア。大番虎一が訪ねたときは、手が震えて精密な作業ができなくなっており、違法改造バイク屋を経営していた。酒好きで金にうるさい。鳥飼中佐の世話で入院し、体調が復調。虎一の熱意と優しさに打たれ、虎一、タイガーの三人で世界最速を目指すことになる。

イサム

横浜の暴走族のリーダー。崎の黒虎(ブラックタイガー)の異名を持つ。大柄な体格のハーフで黒い肌とアフロヘアーが特徴。大番虎一とともに、米軍基地に軟禁され、虎一のパートナーとして、サイドカーの特訓を受ける。虎一の無二の親友。

ジョー・鳥飼 (じょー・とりがい)

神奈川県厚木基地の在日米軍海兵隊中佐。大番虎一とタイガーを米軍基地に軟禁状態にし、サイドカーレースの特訓を行う。右足を事故で失った、元BMWのトップライダーで、かつて大番虎吉の最大のライバルだった。虎一や小助に多大な援助をする。

本間 大悟 (ほんま だいご)

日本最大のオートバイメーカー・H社の御曹司。また、関東ツーリングクラブ(KTC)の団長でもある。愛車はモトグッツィV7スポーツ、モトグッツィ850ル・マン。全国のアマチュアレーサー50名が参加するレースをH社のテストコースで開催。自らも参加し、大番虎一に挑戦する。

鍋島 純江 (なべしま すみえ)

鍋島小助のひとり娘。女性ながら、抜群のレーステクニックで、重量289kgのホンダGL1000を乗りこなす。また、メカニックとしても天才的な技量を持ち、小助がエンジニアとして復帰した後、大きな力となる。

キャプテン・アメリカ

在日米軍に所属するオートバイ乗りで、全米アマチュア選手権で好成績を収める新進のロードレーサー。愛車はMVアグスタ750Sアメリカ。大番虎一に興味を持ち、公道で勝負を仕掛けてくる。本間大悟主催のアマチュアレースにも参加。

鷹尾 (たかお)

タイガーと川崎を二分していた暴走族スカイホークスのリーダー。本間大悟主催のアマチュアレースの参加者。子分を使って後続のバイクの妨害をするなど、汚い手を使う。愛車はBMWR100RS。

その他キーワード

BMWRS10タイガー2 (べーえむべーあーるえすてんたいがーつー)

『熱風の虎』に登場するマシン。BMWRSエンジンを2基積んだスーパーサイドカー。総排気量は1000CC。松平オートバイ工業のニューマシン公開試走に乱入させるために、鳥飼中佐が虎一とタイガーに与えたマシン。

マツダイラK-1 (まつだいらけーわん)

『熱風の虎』に登場するオートバイ。超人レーサーが乗るマシンとして開発されたニューマシンのひとつで、耐久レース用マシン。排気量1000CC、170馬力、DOHCシャフトドライブ方式。公開試走では氷巻明彦が搭乗し、時速320.4kmをマークした。

ミュンヒ4 1200TTS

『熱風の虎』に登場するオートバイ。排気量1177CC、95馬力。最高速は時速230km。サイドカーレース出場の対価として、鳥飼中佐がタイガーに与えたマシン。

Z1カフェレーサー

『熱風の虎』に登場するオートバイ。カワサキ900Z1(排気量903CC、82馬力)を改造したマシン。最高速は時速200km以上。サイドカーレース出場の対価として、鳥飼中佐が大場虎一に与えたマシン。

SHARE
EC
Amazon
logo