甚三

甚三

ふたがしら(漫画)の登場人物。読みは「じんざ」。

登場作品
ふたがしら(漫画)
正式名称
甚三
ふりがな
じんざ
関連商品
Amazon 楽天

概要

盗賊一味赤目の頭目。元は辰五郎の弟分で冷酷な男。辰五郎が死去した後、遺言状によってその跡目をついだ。だが、弁蔵と宗次郎は甚三を頭とは認めず、赤目を抜けることとなった。表の職業は髪結い。赤目の頭目となってからは、押し込み先の店の者を皆殺しにするなど、血なまぐさいつとめを行うようになった。

関連人物・キャラクター

辰五郎

弁蔵と宗次が属していた盗賊一味赤目の先代頭目。生前、ふたりのことを目に掛け、死に際に「一味のこと、まかせた」と言い残し、息を引き取った。 関連ページ:辰五郎

お蔦

盗賊一味赤目で下働きをしている少女。弁蔵と宗次と一緒に赤目を抜けようとしたが、宗次に説かれて一味に残った。弁蔵に惚れており、壱師が江戸でつとめをした後合流する予定だったが、甚三に殺されてしまう。 関連ページ:お蔦

関連キーワード

赤目

『ふたがしら』に登場する組織。武州八王子に本拠をかまえる盗賊の一味。弁蔵と宗次が属し、盗賊のいろはを学んだ組織。先代辰五郎の頃は、いたずらに人を殺めることのない一味だったが、甚三が跡目をとった後は、押... 関連ページ:赤目

登場作品

ふたがしら

江戸時代。盗賊「赤目」の頭目・辰五郎のいまわの際に一味の今後を託された弁蔵と宗次。しかし、遺言が出てきたことにより、跡目は辰五郎の弟分甚三郎がとることとなった。納得いかない二人は一味を抜け、「でっかい... 関連ページ:ふたがしら

SHARE
EC
Amazon
logo