碓氷

碓氷

氷の掌 シベリア抑留記(漫画)の登場人物。読みは「うすい」。

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
碓氷
ふりがな
うすい
関連商品
Amazon 楽天

概要

ライチハ収容所に収容されていた日本人。満州の通信社に勤めていたらしく、語学の素養があった。ライチハの前の収容所で、ソ連軍の兵舎で使役され、この際にロシア語を身に付けている。作業効率を維持するためにも、日本人に対する無茶な扱いを止めるように地区司令官に掛け合い、待遇の改善を獲得した。

インテリだが、人格者でもあり、収容所の面々から慕われていた。共産主義教育が収容所内で猛威を振るうようになると、によって仲間内での人民裁判を受ける。この際に、凍傷にかかり、足と手の指を何本か失った。その後、小澤ともに、アムール川の島にある収容所に移った。その後、小澤とともに栄徳丸に乗って帰国する。

共産主義について、その精神は素晴らしいが、哲理と実像があまりにも矛盾しているために、賛同はできないと考えていた。

登場作品

氷の掌 シベリア抑留記

第二次世界大戦終了後、ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を受けた小澤昌一。学徒出陣し、まだ年若かった彼が、シベリアの地で味わった、恐怖と絶望、人間の善性・業などが描かれた体験記。小澤昌一の娘、おざわまり... 関連ページ:氷の掌 シベリア抑留記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
小澤 昌一
加藤
阿矢谷
満州義勇隊の少年
館林
コンコン様
橋口
集団・組織
突撃隊
場所
キヴダ収容所
ライチハ収容所
その他キーワード
logo