立花 彦四朗

あずみ(漫画)の登場人物。読みは「たちばな ひこしろう」。

  • 立花 彦四朗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
あずみ(漫画)
正式名称
立花 彦四朗
ふりがな
たちばな ひこしろう

総合スレッド

立花 彦四朗(あずみ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

南光坊天海の部下で、あずみらと共に働く青年。金井虎之助とは幼馴染で、剣の腕前も引けを取らないが、実際に人を斬った経験は全くない。あずみに思いを寄せつつも、南光坊天海からの使命を全うする。

登場人物・キャラクター

南光坊天海の部下で、あずみと共に働く青年。故郷の道場では敵なしの腕前だが、人を斬った経験はない。あずみと共に生活することで徐々に好意を抱くようになり、使命を全うすることよりも彼女を守ることを優先するよ...
徳川家康に仕える、天台宗の大僧正。天下泰平のため、小幡月斎(爺)に密命を送っていたが、小幡月斎(爺)の死後はあずみに直接命を与え、庇護する。詳しい素性は謎に包まれており、生年もハッキリしていない。一目...

登場作品

戦国時代、内乱を起こそうとする者たちを暗殺するため、密命を受けた小幡月斎(爺)の手によって、少女あずみを含む10人の子どもたちが刺客として養成されていた。そして、剣の達人となったあずみは、共に育てられ...