第二演出部ディレクター ザ・ガマ

女優を撮ることにかけては右に出る者がいない名物ディレクターの生き様を描く。1話完結形式で、毎回個性的な女優が登場。主人公であるディレクターと彼女たちの真剣勝負が描かれる。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
第二演出部ディレクター ザ・ガマ
作者
ジャンル
女優

総合スレッド

第二演出部ディレクター ザ・ガマ(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

水原 真紀(第二演出部ディレクター ザ・ガマ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04
小倉 千賀子(第二演出部ディレクター ザ・ガマ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04

新着関連スレッドもっとみる

概要

JTV第二演出部に所属する我満四郎は、女優を撮ることにかけては右に出る者がいないと言われる怪物ディレクター。決して妥協しないことから、ねばりのガマの異名で呼ばれている。そんな彼がドラマに起用するのは、泣くのが苦手なツッパリ女優や、恋人の死をきっかけに引退した往年の名女優など個性派ばかり。

我満四郎は彼女たちの心の奥底まで入り込み、その魅力を引き出していく。

登場人物・キャラクター

主人公
JTV第二演出部のディレクターで、ガマの愛称で呼ばれている。役者に対して一切妥協せず、ねばりのガマの異名を持つ。また、女優の魅力を最大限に表現するディレクターとしても知られている。
JTV第二演出部のディレクター。我満四郎の同僚で、妥協することを知らない彼をいつも陰からフォローしている。
我満四郎の同居人。かつては我満四郎の父、我満千太郎の愛人だった。我満千太郎が亡くなった後、我満四郎に誘われ、一緒に暮らすようになる。
テレビ嫌いで有名な大物女優。我満四郎が矢作と2人で必死に口説き落とし、ドラマ『燿子』の主役に抜擢した。デビュー作で泣きの演技をさんざん叩かれ、以来カメラの前で泣くのを苦手としている。
往年の名女優。恋人だった監督が死に、人気絶頂の中で突然引退。以来10年間、表舞台には姿を見せず隠遁生活を送っていた。我満四郎は、自分のドラマに彼女の“流し目”を使いたいと考え出演交渉するが、すげなく断...
我満四郎と交流のある天才女優。我満四郎とは、お互いが駆け出しだった頃からの知り合い。舞台が終わると、我満四郎を相手に大暴れするのが習慣になっている。
我満四郎がドラマのヒロイン役に抜擢した女優。共演相手との熱愛が発覚。さらに撮影中に自殺未遂まで起こす。
楚々とした雰囲気が売りの人気女優。我満四郎のドラマの主演を務めるはずだったが、事務所側の意向によりキャンセルされてしまう。
我満四郎の知り合いで、彼が手がけるドラマに出るため、ヒロイン役のオーディションを受ける。幼い頃から我満四郎に淡い恋心を抱いている。
抜群のプロポーションを誇る売れっ子のビデオ女優。我満四郎に隠れていた魅力を引き出され、セクシーさが売りなだけの女優から脱皮する。
我満四郎が周囲の反対をしりぞけ、主役に抜擢した女優。人気女優の姉にコンプレックスを持っている。
人気絶頂のトップアイドル。交際相手のアイドルと破局したこと知った我満四郎は、2人を主役にしたドラマの企画を思いつく。
女優桂由起子の付き人だったが、桂由起子が急遽入院してしまったため、我満四郎がその代役を依頼した。
劇団出身の女優。我満四郎と矢作の2人とは、彼らがADだった頃からの知り合い。我満四郎に振られ、自殺未遂を起こした過去がある。