陽だまりの樹(漫画)の登場人物。読みは「あや」。

  • 綾
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陽だまりの樹(漫画)
正式名称
ふりがな
あや

総合スレッド

綾(陽だまりの樹)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

伊武谷万二郞にとって、父の敵である楠音次郎の妹。兄が結党した真忠組は伊武谷万二郞の歩兵組に征伐され楠音次郎は伊武谷万二郞に斬られる。兄の仇として、伊武谷万二郞に斬りつけるが失敗。取り調べで拷問を受け、脳に異常をきたしてはその場で倒れ人事不省となり伊武谷万二郞の家で看護されることになる。

伊武谷万二郞と母に看護されようやく回復し、手塚良庵から、伊武谷万二郞が自分を愛していることを知らされ、その嫁となることを承諾する。しかし、祝言をあげた直後、伊武谷万二郞は官軍に抵抗する彰義隊に加わるためを残して家を出る。

登場人物・キャラクター

『陽だまりの樹』の主人公のひとり。生年天保元年(物語の始まった時点で26歳)。松平播磨守家中。隠居した父の禄を継いで出仕。禄高15俵2人扶持。千葉周作の玄武館に入門するが3日目に千葉周作は死去。体力が...

登場作品

禄高15俵2人扶持の下級武士である伊武谷万二郞は、一徹にして直情なる性質を父から受け継ぎ、その性格から騒動が絶えなかったが、安政の大地震で群衆を安全な場所へ導いた統率力が老中の目にとまり、通商使節タウ...