美咲ナンバーワン!!

教師となった元六本木のナンバーワンキャバ嬢が、不登校の生徒を集めた特別クラスの担任となり、生徒と交流する姿を描いたハートフルストーリー。「週刊ビッグコミックスピリッツ」2008年27号から36・37合併号にかけて連載され、その後「月刊!スピリッツ」に掲載を移し2010年12月号から2011年3月号まで連載された。

正式名称
美咲ナンバーワン!!
ふりがな
みさきなんばーわん
作者
ジャンル
教師
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
巻数
全2巻完結
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

世界観

教師に転職したキャバ嬢が不登校の生徒ばかりを集めた特別クラスの担任となり、不登校となった生徒を再び学校へ通わせるために奔走する姿を描いている。テーマは「不登校」で、特別クラスという特殊な設定こそあるが、物語の舞台は一般的な高校のクラスで、生徒の孤独や思春期特有の悩みなど、等身大の高校生が主体として取り上げられている。

あらすじ

六本木にある「CLUB SOUTHERN SEA」のナンバーワンキャバクラ嬢だった天王寺美咲は、御堂学園高校の校長である玉造の要請を受けて教師へと転職した。希望に満ち溢れた教師生活を夢見る美咲だったが、彼女の受け持つクラスは成績不良者の問題児ばかりを集めた特別クラスだった。ベテラン教師ですらもサジを投げるようなクラスで、自主的に登校して来る生徒は1人もいない。同僚教師からは放っておけと言われたものの、美咲は「教室を生徒で一杯にする」という目標を立て、波乱の教師生活をスタートさせる。

メディアミックス

TVドラマ

2011年1月から3月にかけて、毎週水曜日22時から日本テレビ系の『水曜ドラマ』枠でTVドラマ版が放送された。脚本は江頭美智留、松田裕子が務め、主人公である天王寺美咲役を香里奈が演じている。なお、このTVドラマ版は原作漫画版とは設定の異なる点が多く、ほとんどの登場人物の名前が変更されている他、舞台の高校も男子校から共学に変更されている。

作家情報

藤崎聖人は1976年9月19日生まれの大阪府出身の漫画家。1998年、「週刊少年マガジン」に『ミュージシャン実録物語 LUNA SEA』が掲載されデビューを果たす。2006年には代表作『ワイルドライフ』が第51回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。

登場人物・キャラクター

天王寺 美咲 (てんのうじ みさき)

御堂学園高校の2年Z組の担任を務める女性教師。担当教科は現代社会。教師になる前は、六本木でも有名な「CLUB SOUTHERN SEA」のナンバーワンキャバ嬢で、性格は前向きで明るい。キャバ嬢としてのテクニックや心遣いはママから鍛えられた。他人がくわえたタバコに率先して火をつけようとするなど、条件反射的にキャバ嬢時代の癖が出ることがある。 幼少期に両親に放任されて育ったため、さみしい人や心が疲れている人の気持ちには人一倍敏感。また、世話好きなこともあり、それが人によっては「熱血」「おせっかい」などと評されることもある。それでも誰に対しても分け隔てなく明るく接し、どんな人間の懐にも臆せず飛び込むことができる。

今宮 (いまみや)

御堂学園高校の男性教師で、担当教科は数学。かつて自分が大学時代に家庭教師として教えていた生徒と付き合っているが、相手がまだ高校生なので、そのことは周りに秘密にしている。彼女のことが大好きで何があっても自分が彼女のことを守りたいと考えている。学校へは車やバイクなどで通っているため、天王寺美咲の足として都合よく使われている。

福島 良介 (ふくしま りょうすけ)

御堂学園高校の男性教師で、担当教科は英語。クラス担任も務めている。天王寺美咲を見るなり「きれぃー」と騒ぎ立てるなどテンションの高い性格。何かと問題視されがちな美咲に対しても好意的に接している。

野田 侑希 (のだ ゆき)

御堂学園高校の女性教師で、担当教科は英語。天王寺美咲からも「かわいー」と言われるほどの美貌の持ち主で、生徒からの人気も高い。実は元歌舞伎町のナンバーワンキャバ嬢で、当時は清純派の癒し系として有名だった。美咲と同様に、玉造から誘われたことがきっかけで教師となった。

鶴橋 (つるはし)

御堂学園高校の男性教師で、担当教科は美術。八尾絢斗が1年生の時のクラス担任で、現在も絢斗のことを気に掛け家庭訪問をしたり手紙を送ったりしている。定年間近で今学期で学校を退職することが決まっているが、最後の仕事として絢斗を登校させたいと考えている。

桃谷 (ももたに)

御堂学園高校の女性教師で、担当教科は国語。職員室でも気にせずタバコを吸うほどのヘビースモーカー。2年Z組の担任となってから、徐々に生徒を登校させることに成功している天王寺美咲の手腕を素直に認めており、美咲に対して好意的に接している。

西九条 勤 (にしくじょう つとむ)

御堂学園高校の男性教師で、担当教科は体育。学校や自分の妻には内緒にしているが生粋のキャバクラマニアで、名前と職業を偽りさまざまなキャバクラで遊んでいた。そのため、教師になる前の天王寺美咲のことも知っている。キャバクラ通いが学校や妻にバレることを恐れ、赴任した当初の美咲とは接触を避けていたが、のちに普通に接するようになる。

桜ノ宮 (さくらのみや)

御堂学園高校の教頭を務める女性。同じく教師の夫との間に鳳優真をもうけたが、現在は離婚し優真も夫に引き取られている。真面目な性格で、風紀を乱す者は学園から追放することも止むなしと考えている。そのため、「全員卒業」をモットーとしている玉造とは、意見が対立している。また、天王寺美咲のキャバ嬢のような服装と軽い言動を嫌っており、ことあるごとに叱責している。

玉造 (たまつくり)

御堂学園高校の校長を務める男性。「CLUB SOUTHERN SEA」の常連で、天王寺美咲に自分の学校の教師にならないかと誘った人物。学校のモットーは「全員卒業」で、不登校の生徒も卒業できるような仕組みを考えている。なかでも問題児ばかりを集めた2年Z組はどうにかしたいと頭を悩ませている。

鳳 優真 (おおとり ゆうま)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。苗字は違うが桜ノ宮の実の息子。両親はともに教師をしていたが離婚しており、現在は父親のもとに引き取られている。あまり両親に構ってもらえなかったせいで、現在は不良グループとつるんでおり、学校へも来ていない。そのため、桜ノ宮からは世間体を気にして「恥」と呼ばれている。

梅田 慶太 (うめだ けいた)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。入学当初は前向きな性格で、授業も真面目に受ける手のかからない生徒だった。しかし、生徒数の多い御堂学園高校においてはスポーツも勉学も埋もれてしまい、それが自信家だった梅田慶太のプライドを傷つけることになり不登校となった。水泳、陸上、サッカーなどさまざまなスポーツを幅広くこなす。

江坂 尚輝 (えさか なおき)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。学校には来ているものの保健室や屋上でたむろするばかりで、終日遊んで過ごしている。天王寺美咲に連れられて行ったカラオケでは、彼女の豊満な胸にくぎ付けとなって、顔を赤らめるなどウブな一面もある。

北花田 慎太郎 (きたはなだ しんたろう)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。学校には来ているものの保健室や屋上でたむろするばかりで、終日遊んで過ごしている。大柄な体格をしているが、無類のゲーム好きで、教室でもゲームをしていることが多い。

長居 諒介 (ながい りょうすけ)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。学校には来ているものの保健室や屋上でたむろするばかりで、終日遊んで過ごしている。睡眠時間を十分に取っているのにも関わらず、いつも眠そうにしており、ことあるごとに「眠い」を連発している。

元町 優 (もとまち ゆう)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。実家は病院で、自らもその後を継ぐために小さい頃から勉強漬けの毎日を送っていた。そのため成績は優秀で、本人も将来は医者になりたいと考えている。自分では不登校になった理由を「なんとなく」と言っているが、実際は頑張り過ぎによる一種の燃え尽き症候群。そのことを察してくれた野田侑希のことを特に信頼している。

八尾 絢斗 (やお あやと)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。高校入学後、親しい友人もできず教室でいつも1人で過ごしていた。当時担任だった鶴橋からもそのことを気にかけられていたが、結局不登校となっている。趣味はフィギュア作り。

泉佐野 龍貴 (いずみさの たつき)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。勉強も運動もあまりできないが、イケメンなため昔から異性にモテていた。将来はその持ち前のルックスを活かしてホストになろうと考えており、現在はその前準備と称してさまざまな女性と付き合っては金品を貢がせている。

門真 玲生 (かどま れお)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。小さい頃から母親に「好きなことだけをやりなさい」と言われ続けており、本人はそれを実践している。そのため、自分の興味のあるバスケットボール部だけに集中しており、部活には参加するが教室にはまったく顔を出さないという状態が続いている。

心斎橋 航平 (しんさいばし こうへい)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。隣のクラスの谷町からいじめられたことがきっかけで不登校になっていた。しかし、本人としては不登校になるのは不本意で普通の学校生活を送りたいと考えている。天王寺美咲に電話で熱心に登校を勧められたことで、学校へやって来る。

中津 直樹 (なかつ なおき)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。自分の部屋からまったく出てこない引きこもりとなっている。高校に進学してから成績が伸び悩んだことで母親から見放されたと感じており、それが引きこもりになった大きな要因である。

難波・J・友嗣 (なんばじぇいともつぐ)

御堂学園高校の2年Z組に所属する男子生徒。父親が日本人で母親がアメリカ人のハーフ。父親の仕事の関係で、頻繁に転校を余儀なくされていた。そのため、仲良くなった友人と辛い別れを繰り返すことに心を痛めた過去がある。現在は自ら壁を作って仲のいい友人を作らず、あえて孤立している。

淀屋橋 (よどやばし)

御堂学園高校に通う男子生徒。野田侑希のことが特にお気に入りで、侑希の授業の際には気に入られるように予習も欠かさず行っている。授業で侑希から褒められ、手を握られた時にはクラスメイトから「うらやましい」と嫉妬されていた。

谷町 (たにまち)

御堂学園高校に通う男子生徒。心斎橋航平が不登校になった原因を作った人物で、航平とは1年の時にクラスメイトだった。当時、急に航平の顔を「変な顔」とからかい、クラス中の生徒を扇動してイジメを繰り返していた。

ママ

「CLUB SOUTHERN SEA」を切り盛りしている女性。天王寺美咲にキャバ嬢のテクニックや心遣いを教えた人物で、その時は1か月の山籠もりに付き合った。将来的には美咲に店を任せたいと考えていたが、教師になりたいという美咲の意志を汲み、快く送り出している。

(さかい)

「CLUB SOUTHERN SEA」の常連の男性。天王寺美咲がキャバ嬢をやめる最後の日にも駆けつけて来た。美咲に「ラストまでいるよ」と伝えたが、美咲からその日が娘の誕生日であることを指摘され、やむなく帰らされてしまう。

優菜 (ゆうな)

「CLUB SOUTHERN SEA」で天王寺美咲とともに働いていた後輩のキャバ嬢。遅刻の常習犯で客に対する態度も悪い。しかし客の情報をしっかり頭に入れて、したたかに立ち振る舞う姿は美咲にも一目置かれていた。両親の仲が悪く、愛情を受けてこなかったことがきっかけでグレてしまったため、優しくしてくれる男性やチヤホヤしてくれる相手にすがってしまう性質がある。 自分のことを見捨てず、否定もしない美咲のことは「先生みたい」と感じていた。

豊中 (とよなか)

「CLUB SOUTHERN SEA」に通う男性。優菜と店で会う約束をしていたが、その約束に遅刻したうえに人を舐めきった態度に怒りを爆発させ、優菜を怒鳴り散らす。しかし、天王寺美咲のフォローによりなんとか機嫌を直していた。

西中島南方 (にしなかじまみなみがた)

暴力団「関東放出会」西中島南方組の組長を務める男性。今宮の車に追突事故を起こし、修理費として800万円を要求した。その後、事情を知って話をつけに来た天王寺美咲に対して「ストリップをしろ」と恫喝した。最終的にその場でためらいなく服を脱いだ美咲の心意気に心を打たれ、修理費の件を不問に付す。

マユ

泉佐野龍貴と付き合っている女性の1人で、龍貴に入れ込んでいる。天王寺美咲が龍貴の行方を探していた時にちょうど居合わせた。美咲を見て「ブサイク」と言い放つが、内心は負けを認めていた。

マサル

泉佐野龍貴の知り合いの男性。龍貴とは親しく、「イズミン」と呼んでいる。さまざまなレイヴパーティーでDJをしており、その世界では有名人。

壱歌和 蟹蔵 (いちかわ かにぞう)

天王寺美咲の知り合いの男性。歌舞伎役者で、テレビにも出演することがある有名人。スランプで悩んでいた時に「CLUB SOUTHERN SEA」で働いていた美咲と出会い、いろいろな悩みなどを打ち明けて親交を深めていた。

中津直樹の母 (なかつなおきのはは)

中津直樹と中津大樹の母親。中学までは直樹に期待をかけていたが、高校に入学して成績が下がり始めると露骨に弟の大樹の方を可愛がるようになった。直樹が不登校になる原因を作った人物ではあるが、引きこもりになった直樹には雑誌を買って来たり料理を作って運んだりと、献身的に尽くしている。

中津 大樹 (なかつ だいき)

中津直樹の弟。引きこもりになった自分の兄を助けたいと思っているが、自分の力ではどうすることもできない現状を嘆いている。そのため、直樹と話をするために訪れた天王寺美咲に助けを求めた。兄の直樹のことを心配しており、「一人で苦しんでいるに違いない」と気にかけている。

集団・組織

2年Z組 (にねんぜっとぐみ)

御堂学園高校で暴力沙汰を起こす生徒や成績不良者など、問題児ばかりで構成されたクラス。自主的に登校して来る生徒が誰一人いないため、他の教師たちからは完全に見放されている。新たに天王寺美咲が担任となった。

西中島南方組 (にしなかじまみなみがたぐみ)

西中島南方が組長を務める、「関東放出会」所属の暴力団。今宮の車の修理費請求に関わる件で、南方が天王寺美咲のことを認めてからは、構成員たちも美咲のことを「ネエさん」と呼び慕い、友好的な関係を築いている。

場所

御堂学園高校 (みどうがくえんこうこう)

天王寺美咲の新たな職場。1学年20クラスもある超マンモス男子校で、設備も充実している。校長の玉造の方針は「全員卒業」。そのため、問題を起こしたり不登校になった生徒でも、何とか卒業できるようにレポートなどによる単位取得を認めている。その甲斐あって卒業率は100%を維持している。

CLUB SOUTHERN SEA (くらぶさざんしー)

六本木にあるクラブ。御堂学園高校で教師になる前に、天王寺美咲がキャバ嬢として働いていた。CLUB SOUTHERN SEAで美咲はママからキャバ嬢としての基礎を叩き込まれ、六本木でナンバーワンのキャバ嬢にまで昇りつめた。

新源地 (しんげんち)

御堂学園高校の近くにあるラーメン屋。天王寺美咲が他の教師や生徒と一対一で話をするために使用する店で、機嫌がいい時には美咲が新源地で生徒にラーメンを奢ることもある。最近、チャーシュー麺とつけ麺を新しくメニューに追加した。

イベント・出来事

球技大会 (きゅうぎたいかい)

御堂学園高校で行われるイベントで、バスケットボールで勝敗を競う。これまでに25回開催されている。このイベントはクラス対抗で行われ、優勝したクラスには商品として食堂の食券1週間分が贈られる。

その他キーワード

御堂通信 (みどうつうしん)

天王寺美咲が不登校で家からまったく出てこない八尾絢斗のために作った、学校の情報を伝える日刊新聞。しかし内容はまったくのデタラメで、学校内にありもしない「UFO研究会」の活動報告が主に掲載されている。

書誌情報

美咲ナンバーワン!! 全2巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(2008年9月30日発行、 978-4091822031)

第2巻

(2011年2月26日発行、 978-4091836632)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo