美球 一心

釘師サブやん(漫画)の登場人物。読みは「みたま いっしん」。サブやんとはライバル関係。

  • 美球 一心
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
釘師サブやん(漫画)
正式名称
美球 一心
ふりがな
みたま いっしん

総合スレッド

美球 一心(釘師サブやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

一匹狼のパチプロ。和服姿。プロ生活15年。秘打正村、忍球玉バサミ、秘打正村昇り竜といった秘打によって、パチンコ台から玉を多く出すことができる超一流のパチプロサブやん釘師技術の結晶である玉ふぶきと、忍球玉バサミを競い合う金札勝負をした。サブやんの腕にほれ込み、生涯のライバルとする。

金札勝負以降、奇妙な友情に結ばれ、穴市勝負では2人が共同して戦った。美球の師匠である桜十三は、サブやんの師匠・根岸佐助とかつて金札勝負をした間がら。つまり弟子師匠二代に渡って金札勝負をしたのだった。

登場人物・キャラクター

第一ホールの専属釘師。関西弁を話す、そばかすだらけの男。赤ん坊の頃、両親がおたふく風邪にかかって死んだため、祖母に育てられた。成長後、祖母が死んだため上京。釘師の神さまと呼ばれる根岸佐助と出会い、釘師...

関連キーワード

『釘師サブやん』の登場人物美球一心が使う秘打。この秘打を使うと、パチンコ台で打った玉は一度盤内の下まで落ちて、右側へ昇っていく。そしてそのまま天釘に落ちて、入賞穴に入り、玉を出すことができる。サブやん...

登場作品

昭和30年代。渋谷のパチンコ店第一ホールで、茜三郎ことサブやんは、パチンコ台の釘の傾きを調整する釘師をしていた。そんなある日、パチプロ・美球一心が来店。サブやんが釘を締めて玉を出なくしていたパチンコ台...