虚構推理

城平京の同名小説のコミカライズ作品。ゆるふわ系ながらに肉食女子である岩永琴子と、山羊のようなぼんやりとした雰囲気を持つ桜川九郎。そんな二人が虚構の推理を武器に、都市伝説にまつわる猟奇事件に挑む姿を描いた怪奇ミステリー。「少年マガジンR」2015年1号から掲載の作品。

正式名称
虚構推理
原作者
城平 京
漫画
ジャンル
推理・ミステリー
レーベル
講談社コミックス月刊マガジン(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

二人の出会い(第1巻)

裕福な家の生まれである岩永琴子は、幼い頃に負った傷が原因で病院通いを余儀なくされていたが、15歳になったある日、親戚のお見舞いのため病院を訪れていた大学生の桜川九郎と運命の出会いを果たす。琴子は九郎の笑顔に一目惚れするものの、九郎の彼女、弓原紗季の存在を知り、恋を諦める事となった。それから2年。相変わらず病院通いを続けていた琴子は、九郎が恋人と別れたという噂話を耳にする。恋を諦めきれずにいた琴子は九郎に告白するが、琴子はそこで、九郎が彼女と別れる原因にもなった奇妙な話を聞く事になった。

九郎の正体(第1巻)

桜川九郎岩永琴子に、河童に出会った際に、彼女である弓原紗季を見捨てて逃げたのだと語った。だが琴子は、九郎が河童から逃げ出したのではなく、実際は河童の方が九郎を見て逃げ出したのだ、という真実に気づく。自らを妖怪達に知恵を貸す「知恵の神」と名乗る琴子は、九郎が妖怪よりもおぞましい何かである事を見抜いたのである。そんな琴子に、九郎は自らが妖怪の肉を食らった、人間でも妖怪でもない存在だと語るのだった。

鋼人七瀬、出現(第1巻)

桜川九郎が自らの正体を語って2年と半年後。とある都市で「鋼人七瀬」と呼ばれる都市伝説が、まことしやかに噂されていた。非業の死を遂げたアイドル、七瀬かりんの亡霊が夜な夜な徘徊し、鉄骨を振り回して暴れているのだという。その話はよくある都市伝説の一つとされていたが、実際にその鋼人七瀬が目撃された事を発端とした交通事故が発生。交通課の女性警察官として働いていた弓原紗季は、鋼人七瀬が起こしたとされる事件現場を見て、いち早く事件の異常性に気づく。そして同僚の刑事、寺田徳之助と話している内に、かつての恋人、九郎を思い出した紗季は、この事件にも九郎と同じく超常の存在が絡んでいる事を確信する。そんな中、紗季は鋼人七瀬の存在を追っていた岩永琴子と偶然の出会いを果たす事になる。

侵食する都市伝説(第2巻~第4巻)

岩永琴子弓原紗季は、共通の知人である桜川九郎とも合流を果たす。そして琴子は、鋼人七瀬の正体が、インターネットを通じて拡散した人の想像力が、肉を得て形となった「想像力の怪物」であると見抜く。しかしそれは同時に、鋼人七瀬が力では倒す事のできない存在だと認める事でもあった。鋼人七瀬を倒すためには、噂そのものを否定する必要があり、そのためには七瀬かりんにまつわる真実が必要だと悟った琴子は、紗季に警察の情報を提供してもらうよう協力を要請する。妖怪と警察、二つの面から捜査する事で琴子は着実に真実に近づいて行くものの、一夜明けた朝、鋼人七瀬によって初の殺人事件が起きた事が知らされる。

合理的な虚構(第4巻)

鋼人七瀬に殺されたのは、弓原紗季の同僚である寺田徳之助であった。現実に事件が起きた事で、鋼人七瀬の都市伝説はさらに勢いを増して拡散していく。より強大になった噂話を否定するために、岩永琴子は、鋼人七瀬など最初から存在しなかった、そして寺田は都市伝説ではなく人に殺されたのだと、合理的な虚構を組み立て始める。そんな中、桜川九郎の協力を得た琴子はついに四つの解決策を見出す。そして一行は鋼人七瀬との戦いへと向かうのだった。

事件の裏に潜むもの(第4巻)

鋼人七瀬との決戦に向かう中、弓原紗季岩永琴子桜川九郎の言動に違和感を感じていた。そして二人は、今回の事件の裏に行方不明になった九郎のいとこ、桜川六花の存在がある事を確信する。琴子と紗季は鋼人七瀬という存在を通して、九郎と同じ力を持つ六花と対決する事に緊張感を覚えるのだった。

4つの解決策(第5巻~第6巻)

鋼人七瀬を倒すための作戦は、桜川九郎が鋼人七瀬の凶行を抑えているあいだに、岩永琴子がネットを通じて議論し、鋼人七瀬など存在しないと聴衆を納得させるというものであった。都市伝説を否定するため、虚構を武器に戦い始めた琴子は、寺田徳之助を殺した犯人は弓原紗季であるという説や、七瀬かりんが入れ替わっている説などを唱え、都市伝説の内容を少しずつ上書きして聴衆の認識を変えて行く。そして琴子が唱えた四つ目の解決策によって、鋼人七瀬の存在はついに聴衆達に否定され、鋼人七瀬の都市伝説に終止符が打たれる事になる。

二人の日常(第7巻)

鋼人七瀬の事件が終わり、桜川九郎岩永琴子は元の日常へと戻った。琴子はいつものように九郎に熱烈なアピールをしつつも、つれない態度を取られ続けていたが、そんな彼女のもとに、妖怪達の新しい悩みが舞い込む。夜も眠れないと言う湖のヌシの悩みや、夫に殺された妻の幽霊の恨みの言葉など、琴子の日常は相も変わらず奇奇怪怪としている。

登場人物・キャラクター

主人公

ゆるふわ系の美少女。年齢は19歳だが、外見は幼く、中学生くらいにしか見えない。使用人がいるほどの裕福な家の出で、立ち振る舞いは洗練されている。しかし下世話な言動が多く、育ちがいいのか悪いのか、よく分か... 関連ページ:岩永 琴子

大学院生の青年。年齢は24歳。一見平凡な容姿だが、強い生命力を感じさせる男性で、岩永琴子と弓原紗季から、そろって「山羊のような人」と評されている。実は「人魚」と「件」という二匹の妖怪を食らった事で、人... 関連ページ:桜川 九郎

交通課に所属する女性警察官。さばさばとした性格の黒髪美人で、年齢は25歳。かつて桜川九郎と結婚を前提に付き合っており、独占欲を見せるほどの強い愛情を持っていたが、九郎の異常性を受け入れられずに破局を迎... 関連ページ:弓原 紗季

桜川九郎のいとこ。九郎より3歳年上。九郎の初恋の相手でもある。儚(はかな)い雰囲気を持つ色白の美女。病弱なため大学病院に長期入院しているが、入院中、何度も自殺未遂を行っている。鋼人七瀬事件の黒幕であり... 関連ページ:桜川 六花

弓原紗季の同僚の34歳の男性刑事。無骨な大男だが紳士的な人物で、署の女性達からの評価は高い。刑事としても優秀で、紗季の遭遇した鋼人七瀬による交通事故の異常性にも気づいていた。しかし、それを超常現象では... 関連ページ:寺田 徳之助

新進気鋭の巨乳グラビアアイドル。「七瀬かりん」は芸名であり、本名は「七瀬春子」。17歳でデビューし、デビューして1年でドラマ「青春! 火吹き娘!」に出演し、同年代のアイドル達の中では頭一つ抜けた存在と... 関連ページ:七瀬 かりん

その他キーワード

知恵の神

妖怪や幽霊といった、この世ならざるもの達の悩みを解決する、「交渉人」ともいうべき存在。岩永琴子が11歳の頃に、妖怪達の求めに応じてその座に就いた。その際、本来の「知恵の神」である一目一足の「クエビコ」... 関連ページ:知恵の神

頭は人間、体は牛の妖怪。「人」と「牛」の特徴を合わせ持つため「件」と呼ばれる。生まれた瞬間、未来について予言して死ぬという特徴を持つ。桜川九郎の先祖である桜川家の当主は、「件」の力を利用して富を独占し... 関連ページ:

未来決定能力

「件」、または「件」を食べた者が得る能力。未来を知る「予知」ではなく、未来を観測し、決定させる能力である。使い方によっては、自らの求める未来を決定づける事も可能だが、可能性が0%に近い事象は決定づけら... 関連ページ:未来決定能力

鋼人七瀬

人々の噂になっている都市伝説。桜川六花が運営する「鋼人七瀬まとめサイト」が中核となっている。内容は鉄骨の下敷きになって顔がつぶれて死んだ七瀬かりんの亡霊が、夜な夜な鉄骨を持って徘徊しているというもの。... 関連ページ:鋼人七瀬

クレジット

原作

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo