血みどろの蟲屋敷

山奥の農村地帯にたたずむ旧家の大村家が、脳に寄生する寄生虫によって脅かされる姿を描く。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
血みどろの蟲屋敷
作者
ジャンル
怪奇

総合スレッド

血みどろの蟲屋敷(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

大村家(血みどろの蟲屋敷)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:32
秀樹の祖母(血みどろの蟲屋敷)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:32

新着関連スレッドもっとみる

概要

不妊症の妻がいる旧家の大村家に養女としてやってきたの部屋となったのは、部屋を使っていた者が次々と変死を遂げるため、長年あかずの間となっていた、二階の一番奥の部屋だった。が家に来て数ヶ月経った頃、父は突如、異常な行動をとり始める。さらにの部屋では、気味の悪い虫が大量に湧き出し、祖母はそれを大村家の呪いと称し、一家は恐怖へ陥ってしまう。

登場人物・キャラクター

主人公
旧家の大村家に養女として迎えられた。音楽が好きでよくイヤホンをしている。リボンのカチューシャが特徴。
大村家に嫁いできた不妊症に苦しむ女性。大村秀樹の妻。子供ができないことを理由に姑達に嫌がらせを受けている。
大村家の当主で大村由美子の夫。由美子の不妊症を気の毒に思い、優を養女として連れてきた。
大村秀樹の母。秀樹の祖母と共に嫁の大村由美子を不妊女と呼び、いじめている。常に大村家の将来を気にかけている。
大村秀樹の祖母。秀樹の母と共に嫁の大村由美子を不妊女と呼び、いじめている。

場所

『血みどろの蟲屋敷』に登場する家。山奥の農村地帯にたたずむ旧家。代々血縁を絶やさないという古い伝統を守り続けてきた。