重機人間ユンボル

重機人間ユンボル

ゲンバ―大王の襲撃により国を失ったドヴォークの姫リベッタと、国に仕えていた重騎士バル・クロウの、国を再建するための戦いを描いたメカファンタジーアクション漫画。本作に登場する人名、地名、アイテム名のほとんどは、「工事」に関係した用語がモチーフになっている。本作は連載10回で終了したが、後に掲載誌を替え、設定を変更し、『ユンボル-JUNBOR-』のタイトルで再び連載された。

正式名称
重機人間ユンボル
作者
ジャンル
ファンタジー一般
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

大災害により崩壊した世界を復興させるべく、数多くの工事戦士たちが活躍した大工事時代。そんな中、ゲンバー・ダイオードという強大な「工事力」を持った工事戦士が反乱を起こし、多くの国を次々と支配下に治めていった。ゲンバーの襲撃は大陸の大部分に及び、支配下に置かれた土地はゲンバー帝国と呼ばれるようになった。そして時はワールド・ザンド3002年。

ゲンバーの侵略の手はドヴォーク国に及んだ。国に仕える重騎士バル・クロウ及びドヴォーク重騎士団は必死に抵抗するも、ゲンバーの圧倒的な工事力、そして仲間のロッド・ボリングの裏切りによって全滅。ドヴォークもゲンバーの手に落ちてしまう。資源は搾取され、国も人の心も荒み、5年の月日が流れた。

今やゲンバー領となったドヴォーク国の片隅、バーラックにある研究所で、一人の男が目覚めた。それは5年前に死んだはずのバル・クロウだった。クローン技術で再生、改造強化された重機人間ユンボルとして蘇った彼は、強大な力を手に入れたが、それをまだコントロールできず、しかも身体は5歳児の状態だった。

登場人物・キャラクター

主人公

元ドヴォーク重騎士団隊長。ワールドザンド3002年、地震被災地の復興工事の最中、ゲンバー大王の襲撃、部下の裏切りにあい死亡。そして5年後、改造クローン人間の重機人間ユンボルとして蘇る。この時、身体の成... 関連ページ:バル・クロウ

元ドヴォーク国のプリンセス。ゲンバー大王襲撃の際に、偶然居合わせたDr.ドカルトに助けられ、以後、彼の助手を務めながら潜伏生活を続ける。その中でバル・クロウを重機人間ユンボルとして復活させるべく尽力。... 関連ページ:リベッタ・グンテ・ヘルメート・ドヴォーク

元ドヴォーク重騎士団の新人工事戦士。幼い頃に会ったバル・クロウに憧れ、努力して入団するも、その初日にゲンバー大王の襲撃に遭うという不運に見舞われる。惨劇から生き残ったものの、以後はゲンバー領となったバ... 関連ページ:ニッパー・トーラス

ワールドザンドの約半分を占める世界一の大国ゲンバー帝国のトップに立つ男。元々は大災害後の世界を復興させるため、各地を転々としていた工事戦士だったが、高い技術力を独占し続ける各国の協調性の無さを憂い、自... 関連ページ:ゲンバー・ダイオード

通称「博士番長」。リーゼントのように突き出た前頭部、長い髪とヒゲが特徴の老人。バル・クロウ復活の時点ですでに亡くなっている。医学、工学等、あらゆる分野の学問に長けた天才博士で、重機人間ユンボルの生みの... 関連ページ:ロード・ドカルト

ドヴォーク領の片隅、バーラックにあるバー「TRONICA」のマスター。表向きは面倒見のいいバーのオヤジだが、正体は「重機マスター」の異名を持つ元ドヴォーク重騎士団総隊長。リベッタ姫のために密かに行動す... 関連ページ:チュー・ブライン

ゲンバー大王の意に沿わない私的工事をしたロッド・ボリングを処刑するためにやってきたユンボル。通称「アースオーガのドリル」。能力のモチーフはアースオーガ。長髪の少年の姿をしている。その場に居合わせたバル... 関連ページ:ドリル

ツメシオに潜入したバル・クロウ一行を襲ってきたユンボル。痩せた少年の姿をしており、目の周りのクマと、大きな前歯が特徴。通称「グラップルのバイス」。能力のモチーフは重機のアタッチメントの一種であるグラッ... 関連ページ:バイス・バーベンダー

元ドヴォーク重騎士団の一人。仲間を裏切り、ゲンバー大王側に寝返った。現在はゲンバー領バーラックの監督官。ゲンバー大王から授かった巨大アースムーバーのバルバスターを操り、地元住民を虐げている。しかし、ユ... 関連ページ:ロッド・ボリング

場所

ユデンの園

『重機人間ユンボル』に登場する地名。ワールドザンドの南極に位置する大陸で、無限エネルギーが眠ると噂される場所。実態は1000年前の大災害を引き起こした禁断のエネルギーを封印している場所で、8つの国が鍵... 関連ページ:ユデンの園

ワールドザンド

この作品での全世界のこと。1000年前に世界規模の大災害が起こり、人類は滅亡の危機を迎えるが、それを乗り越え、「大工事時代」と呼ばれる復興が盛んな時期を迎えるまでに至る。その最中、ゲンバー・ダイオード... 関連ページ:ワールドザンド

ドヴォーク

バル・クロウ、リベッタ姫、ニッパー・トーラスらの祖国。リベッタ姫の父であるタビル王によって治められていたが、ワールドザンド3002年にゲンバー大王の襲撃に遭い、陥落。以後はゲンバー帝国の一部となる。 関連ページ:ドヴォーク

その他キーワード

アースムーバー

作品世界での一般的な重機で、そのほとんどが人型で無限軌道の足を持ち、自立しての作業をすることができる。小型から超巨大なものまで、大きさは様々。臆病でニート体質なニッパー・トーラスがドヴォーク重騎士団に... 関連ページ:アースムーバー

重機人間ユンボル

『重機人間ユンボル』に登場する用語。ショベルの俗称「ユンボ」が語源。Dr.ドカルトによって改造、強化された人間で、作品中には13体のユンボルが登場する。各々異なった「重機」の能力を持っており、手や足を... 関連ページ:重機人間ユンボル

SHARE
EC
Amazon
logo