集会

魔物一族の数十年に一度の万聖節(ハローイン)集会を、一族の中でも最も弱く魔力も持たない少年ティモシーの視点から描いた短編小説を、漫画化した作品。同名の原作短編小説は『10月はたそがれの国』に収録されている。

  • 集会
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
集会
作者
ジャンル
ファンタジー一般

総合スレッド

集会(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

ティモシーの母(集会)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
エナー伯父(集会)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

魔物一族の数十年に一度の万聖節(ハローイン)集会が、主人公ティモシーの一家の家で開かれる。世界各地から魔物たちが、狼やコウモリなど様々な姿で集まってくる。一族の中でも最も弱く魔力も持たない少年ティモシーは、そんな魔物たちの中で疎外感を味わうが、大きな翼を持つエナー伯父や、精神を飛ばし他の生き物に憑依できる能力を持った妹のシシィに励まされ、集会を終えるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
痩せた少年で、髪に彩色はされていない。原作では「十四くらい」と記述されているが、漫画版では歳は記されていない。魔物の一族だが、魔力もなく身体も弱く、血がきらいで暗闇が怖いので他の家族(一族)からないが...
ティモシーの妹。外見はまったく人間のようだが、眠っている間に精神を飛ばし、他の生き物に憑依できる能力を持っている。人間に憑依してその命を奪ってしまう冷酷さを持つ。万聖節(ハローイン)集会のパーティで、...
ティモシーの伯父で、大きなコウモリのような翼を持っており、飛ぶことができる。翼以外は普通の長身の男性の姿である。ティモシーの憧れの対象。シシィがパーティでティモシーに恥をかかせた時、エナー伯父は「いち...
ティモシーの母親で、少し豊満な中年夫人として描かれており、外見に魔物らしさは見当たらない。名前・年齢は不明。かつてティモシーを強くしようと、いくつか無理強いをさせたが、かえって裏目に出て身体を弱くして...