雲盗り暫平

雲盗り暫平

江戸時代を舞台に、元忍者の怪盗、雲盗り暫平の活躍を描く時代劇漫画。基本的には1話読み切り形式で、毎回どんな奇想天外な方法で依頼をクリアするかが見所となっている。大岡越前や徳川吉宗など歴史上の人物も登場する。

概要

元忍びの盗っ人、雲盗り暫平は「空に浮かぶ雲さえも盗む」と噂される凄腕の盗賊。忍び時代に培った体術、そして得意とする変装とカラクリを駆使して、依頼人から持ち込まれる難題を見事に解決していく。

登場人物・キャラクター

主人公

「空に浮かぶ雲さえも盗んでみせる」とまで言われた凄腕の盗賊で、雲盗り暫平の二つ名で呼ばれている。もとは公儀御庭番を務める忍びだったが、縛られることに嫌気がさし、忍びを辞めて盗賊になった。変装の名人で、... 関連ページ:暫平

お国

湯屋の女主人。主人公の暫平の情婦で心底惚れている。姉御肌で、困っている人間がいると放っておけない。暫平の正体が盗賊だということには気づいてない。

南町奉行。世間では名奉行として知られているが、実体は金と手柄のためなら手段を問わない卑劣な男。幕閣の要人とつながっている密輸商人を挙げるため、主人公の暫平を利用しようとする。モデルは、江戸時代に実在し... 関連ページ:大岡 忠相

柳生 三郎

火付盗賊改方の同心。江戸に頻発する地震について調べるうちに、主人公の暫平と知り合う。事件解決のため一度は協力し合うが、大目付から命を受け、暫平捕縛に乗り出す。剣の達人。

徳川 吉宗

主人公の暫平が忍び時代に仕えていた将軍。尾張徳川家が送り込んだ暗殺者に襲われたところを、暫平に助けられる。その褒美として、暫平が公儀御庭番を辞めることを許した。モデルは八代将軍の徳川吉宗。

半蔵

主人公の暫平が公儀御庭番を務めていたときの上役。主人である徳川吉宗を裏切り、その暗殺に手を貸すが、暫平によって倒された。

蓑笠 幻斉

尾張徳川家が徳川吉宗暗殺のために送り込んだ刺客。凄腕の忍びで、その世界では名が知られている。公儀御庭番として将軍の護衛役に就いていた暫平に倒された。

由井 軍兵衛

幕府転覆を企んだ由井正雪の孫。祖父の恨みを晴らすため、三上軍兵衛を名乗り江戸城を崩壊させようと企むが、主人公の暫平と火盗改方・柳生三郎の活躍によって阻止される。

仁吉

金貸しの老人。病で長くは生きられないと知り、主人公の暫平に「全財産を譲る代わりに、死ぬ前に自分を笑わせて欲しい」と依頼する。

佐々木 小平太

とある藩の江戸屋敷につめている侍。気が弱く、臆病小平太と呼ばれている。許嫁の岡部茅野に横恋慕する西岡伝九郎と勝負することになり、主人公の暫平に「自分の臆病の虫を盗んで欲しい」と依頼する。

夢子

主人公暫平が盗みに入った屋敷の娘。義理の妹を犯して自殺に追い込んだ元夫に復讐するため、暫平に協力を依頼する。

千手の万造

主人公の暫平が公儀御庭番だったときの仲間。変装の名人である暫平に、殺されたイギリス人船長の身代わりを頼む。

花梨太夫

江戸で人気の女手妻師。主人公の暫平に、ライバルの手妻師・雷音居士との手妻(手品)勝負の助っ人を依頼する。

魔姫

悪魔でーもんを信奉する邪教の女首領。マリア像を盗みに来た主人公の暫平に惚れ込み、仲間に引き入れようとする。

SHARE
EC
Amazon
logo