電波の城

電波の城

丸の内テレビを舞台に、美貌と頭脳、そしてアナウンサーとしての才能がある天宮詩織が、出世していく。お天気おねえさんでのデビューから、バラエティ番組、報道番組まで、テレビ局の深い闇と詩織の陰の部分を描いた社会派サスペンスマンガ。

正式名称
電波の城
作者
ジャンル
サスペンス一般
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
巻数
全23巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

謎の女・天宮詩織は、芸能プロダクション・オフィス白鯨の代表である鯨岡平助を訪ねる。頭脳明晰、美貌もアナウンサーとしての才能もある詩織は、アナウンサーとしての出世階段を着々と上っていく。しかし、彼女には隠された秘密があった。詩織の出世を通して、テレビ局の暗部、裏社会との癒着、スポンサー絶対主義、奴隷のような下請け、報道番組の闇などを描いていく。

登場人物・キャラクター

天宮 詩織

ある事情からFMラジオを退職、芸能プロダクション・オフィス白鯨に入る。その後、野望を胸に丸の内テレビのトップキャスターを目指す。美貌と頭脳、そして悪の才能を持った女。歌わせると音痴。気象予報士の資格も持っているため、天気予報も出来る。また、地震雲から地震が近いことを知るという予知的な能力もある。

谷口 ハジメ

キー局丸の内テレビ社員。報道部所属。社会部のサツまわり。「あるリストラサラリーマンの一生」で日本エミ―賞ドキュメント部門で賞を受けている。独自の信念を持って、徹底した取材、調査を行っていく。偶然に天宮詩織と出会い、惹かれていく。

本城 律子

フリーの女子アナウンサー。日本のマスコミ関係者の中では2番めに宇宙からの中継を行う。そのために看板番組を降り、NASAで訓練を受けるという努力家。また、書いたエッセイや小説もベストセラー。華族に連なる名家出身で、5ヵ国語を操り、イエール大学を卒業という才媛。興奮するとアカペラで歌を歌う。

鯨岡 平助

芸能プロダクション・オフィス白鯨の社長。10年前には多くのアイドルを発掘デビューさせていたが、今やタレントはひとりもおらず、借金まみれの事務所となっていた。押しかけてきた天宮詩織が小切手を切り、社長込みの居ぬきでプロダクションを買い、以後、天宮詩織の売り出しに奔走する。

仁科 誠一

東日本最大の暴力団・誠龍会をバックとした総会屋、紫誠堂グループの社長。天宮に惚れ、陰からの協力をしている。

立花 哲人

丸の内テレビ報道局の看板番組ニュースターミナルのメインキャスター。元新聞記者で、政財界などへのコネも強い。

天宮 理一

元国営放送の記者。天宮詩織を引き取り、育てた。

油小路 薫子

オフィス白鯨の入ったビル、油小路第一ビルのオーナー。カオル会計事務所所長、カオル金融会長、コトブキ流通会長、かもめ水運相談役など商売の幅が広い資産家。天宮詩織を気に入り、応援していく。

高輪 伸彦

札幌FMの前社長が脳梗塞で倒れ、急きょ新しい代表取締役に抜擢された。前社長一族に連なる40代半ばの切り札的存在で、それまでは東京の大手代理店に勤めていた。

角館 ちず子

丸の内テレビの朝番組、丸トク・モーニングのメインキャスター。予算以外のすべてを仕切る影のプロデューサーで、気に入らない人間は辞めるまでいじめぬく。本城律子と同期。

書誌情報

電波の城 全23巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(2006年4月27日発行、 978-4091803191)

第2巻

(2006年9月29日発行、 978-4091807076)

第3巻

(2007年2月28日発行、 978-4091810762)

第4巻

(2007年7月30日発行、 978-4091813688)

第5巻

(2007年12月発行、 978-4091815576)

第6巻

(2008年5月30日発行、 978-4091818935)

第7巻

(2008年12月26日発行、 978-4091822536)

第8巻

(2009年5月29日発行、 978-4091825315)

第9巻

(2009年10月30日発行、 978-4091827548)

第10巻

(2010年3月30日発行、 978-4091831071)

第11巻

(2010年8月30日発行、 978-4091833792)

第12巻

(2011年2月26日発行、 978-4091836489)

第13巻

(2011年8月30日発行、 978-4091840332)

第14巻

(2011年12月27日発行、 978-4091841865)

第15巻

(2012年3月30日発行、 978-4091843098)

第16巻

(2012年6月29日発行、 978-4091845177)

第17巻

(2012年9月28日発行、 978-4091846648)

第18巻

(2012年12月27日発行、 978-4091847874)

第19巻

(2013年3月29日発行、 978-4091850362)

第20巻

(2013年7月30日発行、 978-4091853479)

第21巻

(2013年11月29日発行、 978-4091856630)

第22巻

(2014年3月28日発行、 978-4091860279)

第23巻

(2014年7月30日発行、 978-4091863072)

SHARE
EC
Amazon
logo