風見 七虹香

キッチンのお姫さま(漫画)の主人公。読みは「かざみ なじか」。別称、ナジカ。北沢空とは親族関係にある。

  • 風見 七虹香
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
キッチンのお姫さま(漫画)
正式名称
風見 七虹香
ふりがな
かざみ なじか
別称
ナジカ

総合スレッド

風見 七虹香(キッチンのお姫さま)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

ツインテールの女子。明るく元気な少女。初登場時は中学1年生。絶対味覚を持ち、優れた料理の腕を持っている。幼い頃に、高名なパティシエであった父風見七瀬と母風見香を亡くし、北海道の児童養護施設ラベンダーハウスで孤児として暮らしていた。両親を亡くし落ち込んでいた際にプリンを与えてくれた少年を「プリンの王子様」と心の中で思い続けている。

中学進学と共に、東京の星花学園中等部に転校する。星花学園入学後は、何かの分野で才能を認められた生徒のみが通うことのできるAクラス(通称:特例クラス)に編入するが、これといった実績がないため、クラスメイトの茜や彼女の友人たちにいじめられてしまう。

しかしめげずに学園の敷地内にある食堂フジタ食堂で店の経営を手伝いながら料理の腕を磨いてゆく。転校当日から、困ったときや落ち込んだときに助けてくれる北沢空に惹かれていく。北沢空の弟であり、クラスメイトの北沢大地には、当初は「サル」と呼ばれていたが、次第に仲良くなっていく。

登場人物・キャラクター

涼やかな顔の少年。初登場時は星花学園中等部の2年生で生徒会長。星花学園理事長北沢悠河の息子で、理事長代理も務めている。北沢大地は1歳年下の弟。パリのピアノコンクールでの優勝経験もある。女子からの人気が...

登場作品

風見七虹香は料理が得意な中学生。幼いころ両親を亡くして落ち込んでいた時に、ある少年から手渡されたプリンに勇気づけられる。それ以来彼を「プリンの王子様」と呼んで想い続けている。北海道の児童養護施設ラベン...