黒い三連星

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物たち。読みは「くろいさんれんせい」。

  • 黒い三連星
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
黒い三連星
ふりがな
くろいさんれんせい

総合スレッド

黒い三連星(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

黒い三連星はジオン軍きってのエースパイロット・グループであり、ミゲル・ガイアをリーダーにマッシュ、オルテガの3人で構成される。元は荒くれ者の兵卒たちだったが、ドズル・ザビに見込まれて士官に任官し、ランバ・ラルとともにモビルスーツの開発テスト・パイロットとなった。

地球連邦軍のガンキャノン一個中隊と交戦した雨の海海戦では、ランバル・ラルに率いられてザクで戦い、圧倒的勝利をあげた。1年戦争開始後のルウム海戦では、バーニアを増加して憎槽を付けたザクⅡを駆使して、地球連邦軍の艦隊司令レビル将軍を生け捕りにするという殊勲をあげ、黒い三連星の名を一躍轟かせた。

この功績でミゲル・ガイアは大尉に、マッシュ、オルテガは中尉に昇進した。その後、彼らはオデッサの地球侵攻軍に援軍として派遣される。南米クスコ北方の高地で重モビルスーツ・ドムの慣熟訓練中、ホワイトベースと遭遇した彼らは、ドムを駆ってガンダムに挑んだ。

彼らは「ジェットストリームアタック」と称する三位一体のフォーメーションでガンダムを攻撃したが、アムロ・レイには通用せず、ビームサーベルで機体を貫かれマッシュは戦死した。この時アムロ・レイを助けようとミデア機で体当たりしたマチルダ・アジャンはオルテガのドムによる一撃を受け、機を大破させて死亡している。

マッシュを失ったミゲル・ガイアとオルテガは、この後ドム6機を加えた再編成を行い、仇を取るべく捲土重来を誓った。ジブラルタルのヴァン湖東でガンダムに遭遇した彼らは全員攻撃ダブル・ジェットストリームアタックをしかけるが、ニュータイプとして覚醒しつつあるアムロ・レイの敵ではなく、8機のドムはすべて撃破され、黒い三連星は全滅した。

関連キーワード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する国家。地球からもっとも遠いスペースコロニー・サイド3を中心とする宇宙国家。その前身はムンゾ自治共和国でジオニズムの提唱者ジオン・ズム・ダイクンが国家...
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するモビルスーツの名称。ジオン軍が開発した陸戦用重モビルスーツ。ツィマッド社によって生産される。全高約18メートル。型式番号MS-09。脚部に装着された...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...