黒河 剣太

土竜の唄(漫画)の登場人物。読みは「くろかわ けんた」。別称、クロケン。

  • 黒河 剣太
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
土竜の唄(漫画)
正式名称
黒河 剣太
ふりがな
くろかわ けんた
別称
クロケン

総合スレッド

黒河 剣太(土竜の唄)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

蜂ノ巣会の下部組織である血引一家の準構成員で猫沢一誠の子分。全身にヒョウ柄の刺青がある。関東進出の命の下、蜂ノ巣会数寄矢会が抗争するきっかけをつくる。日浦匡也との戦いで左目を失うと共に、その侠気に惚れこむことになる。

登場人物・キャラクター

蜂ノ巣会下部組織の血引一家の若頭補佐。禿頭にダイヤモンド製の差し歯が特徴で、「にゃん」の様な猫言葉で話し、猫の様な動きをする。背が低いことをコンプレックスに持っている。関東進出を命じられている。菊川玲...

登場作品

菊川玲二は、署内で問題児の警察官だったが、極秘裏に通称モグラと呼ばれる潜入捜査官になる。凶暴なヤクザ集団である数寄矢会の会長轟周宝に近づき捕まえるため、警官であった過去を隠してヤクザ界で出世していく。