黒鍬者

子連れ狼(漫画)に登場する組織。読みは「くろくわもの」。

  • 黒鍬者
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
子連れ狼(漫画)
正式名称
黒鍬者
ふりがな
くろくわもの

総合スレッド

黒鍬者(子連れ狼)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

公儀が諸藩の調査に使用する探索人。実質的に柳生烈堂の支配下にあるが、当初は、拝一刀裏柳生の暗闘を傍観していた。しかし、一刀が刺客として公儀の役人を斬ったことから、暗闘に介入する。その結果、烈堂にいいように使われ、ついには全滅。黒鍬者最後の一人は、柳生封廻状の秘密の手掛かりを一刀に与えて息絶えた。

登場人物・キャラクター

徳川将軍家の剣術指南役である柳生家に生まれる。公儀の命により刺客を務める裏柳生の総帥だが、表柳生も支配している。公儀介錯人の役職を取られたことから拝一刀を怨み、奸計を持ってその地位を奪い、さらに一刀の...

登場作品

江戸時代。裏柳生を率いる柳生烈堂の奸計により公儀介錯人の地位を追われ、さらに妻を殺された拝一刀は、生き残った一子の拝大五郎と共に、刺客稼業を続ける。子連れ狼と呼ばれるようになった一刀と大五郎は烈堂へ復...