D・C・M弾

D・C・M弾

登場作品
D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~(漫画)
正式名称
D・C・M弾
ふりがな
でぃーしーえむだん
関連商品
Amazon 楽天

概要

63年後の未来から現代に持ち込まれた非致死性の弾丸で、D・C・Mという薬品を硬化させたものが弾頭になっている。D・C・Mは「DNAコントロール薬」、「DNA変化薬」とも称される薬で、対象のDNAを操作し、特定の変化を起こすことができる。ターゲットの頭を悪くする、指定した人物と惹き合うように変えるなど、目的に応じて調合されたD・C・MがD・C・M弾に使用される。

DNAオペレーター・葵かりんは1mm口径のD・C・M弾をハンドガンでターゲットに撃ち込むスタイルだが、隠密にD・C・Mを注入できるなら手段はなんでもよく、かりん以外のオペレーターの場合は注射などの方法も用いている。

登場作品

D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~

63年後の未来の世界では人口過密が深刻化し、そのため政府はタイムマシーンでDNAオペレーターの葵かりんを現代の日本へと送り込む。将来100人の女性に子どもを作らせて、メガプレイボーイ(メガプレ)と呼ば... 関連ページ:D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~

SHARE
EC
Amazon
logo