イケメンすぎる彼女に惚れ直します!オススメ漫画5選62 Pt.

「イケメン」という形容は、もはや男性に限定されるものではない。たとえ女であっても、落ち込んだ時にさりげなく励ましてくれたり、積極的にリードしてくれたり、そういう「イケメン」がいるのだ。彼女たちの包容力は無限大で、思わず何度も惚れ直してしまう。そんな心意気のある女性を描いた5作品を紹介する。

作成日時:2020-09-13 10:00 執筆者:マンガペディア公式

イケメンすぎる彼女に惚れ直します!オススメ漫画5選

出典:小学館


『はなにあらし』

『はなにあらし』

出典:小学館

女子校が舞台の、親友同士の恋愛を描いた百合漫画。「千鳥」と「なのは」は、同じ女子校に通う高校生だ。ある朝、小テストの勉強をしていないことに気づいた千鳥は、慌ててクラスメイトたちと猛勉強をしていた。そこになのはが登校してくるが、彼女の様子を見て「だから千鳥、今日元気ないんだ?」と話しかける。そうなのかとクラスメイトたちが驚く中、二人は密かにアイコンタクトを取る。実は、二人は「親友にして恋人同士」という誰にも内緒の秘密を共有していた。

千鳥は「今日の占い」の結果が最下位だったことを嘆き、実際にもついていないとなのはに愚痴をこぼす。千鳥のラッキーパーソンが「背の高い人」だと知り、身長172cmのなのはは「今日はずっと一緒にいないとね」と彼女に寄り添う。千鳥は照れながらも、どこか嬉しそうに頬を赤らめるのであった。二人が付き合っている事実は周りにも極秘だが、二人きりでいちゃつこうとするとクラスメイトの邪魔が入ったり、なのはに思いを寄せる後輩・舞の存在が影を落としたりと、進展は前途多難だ。ちょっぴり情緒不安定で、些細なことで拗ねたり機嫌を損ねたりする千鳥を、なのはは太陽のような大らかさと明るさで包み込む。季節の移ろいと共に関係を深めていく千鳥とイケメンななのはの二人の恋模様に、優しい気持ちにさせられる。


『可愛いだけじゃない式守さん』

『可愛いだけじゃない式守さん』

出典:講談社

不幸体質の男子とイケメン女子のアンバランスな恋愛を描いたドタバタラブコメディ。どこにでもいるような地味メン高校生・和泉(いずみ)くんは「生まれながらの不幸体質」という難儀を抱えていた。そんな和泉くんの彼女は、可愛さ満点の同級生・式守(しきもり)さんだ。ある日二人で道を歩いている時に、横を通った車のミラーに和泉くんのカバンの紐が引っかかってしまう。車に身体ごともっていかれそうになる彼を見た瞬間、式守さんに眠る男気が目覚めるのであった。

身体を張って和泉くんを守った式守さんは顔を近づけて「あんまり困らせないで」と、イケメン顔で彼を諭す。和泉くんは、道を歩けば新聞が飛んできたり落下物に当たりそうになったりと「不幸体質」全開だ。また、真冬のデートで手袋を忘れたり、スキーをすれば木に激突しそうになったりとドジな一面がある。そんな彼の一挙手一投足を見守り、ピンチの時は必ず現れる式守さんに和泉くんは何度も惚れ直すのであった。不釣り合いな交際をからかわれることもあるが、式守さんは彼が「痛みがわかり他人を心配する優しい人物」だとわかっているからこそ、必死に守ろうとするのである。料理が得意で女子力高めの和泉くんと、男気溢れる式守さんが意外とナイスカップルに思えてくるのが面白い。


『僕の彼女は最高です!』

『僕の彼女は最高です!』

出典:講談社

Twitterに投稿された実話を原作とした“男前”な「彼女」と「僕」の日常を描いた4コマ漫画。「僕」こと伊織は、唐突に恋人から別れを告げられ落ち込んでいた。女友達だった「彼女」に電話で愚痴をこぼすと、彼女は「私と付き合えばいいじゃん!」と思いもよらぬ提案をする。付き合うことになった二人だが、飲み会の帰りにいきなり自動販売機のボタンを乱打する彼女に僕は呆気に取られる。しかしそれは、彼を待ち受けるジェットコースター的な毎日の序章に過ぎなかった。

彼女は僕のことを「お前」呼ばわりし、何か気に入らないことがある度にビンタしたり腹にパンチをしたりとやりたい放題だ。僕は彼氏としての自信を失くす一方、僕の誕生日には毎年彼女がサプライズで沖縄旅行やB'zのコンサートに連れて行ってくれたりと、彼女のおもてなしの連続に惚れ直すのであった。普段の彼女は男勝りでワイルドだが、僕の実家に一緒に行くことになった際には緊張の余り挙動不審になったり、夜中にトイレに行けなくなったりと意外と乙女な一面も見せる。底抜けにポジティブでちょっぴりおバカな彼女と、気弱ながら冷静にツッコミを入れる僕のカップルはアンバランスでいてとてもお似合いだ。二人が紡ぐシュールでドタバタな日常に、思わず笑いがこみあげてしまう。


『王子と魔女と姫君と』

『王子と魔女と姫君と』

出典:白泉社

王子様系女子を、彼女を取り巻くお姫様系男子たちが奪い合う学園ラブファンタジー。主人公・大路昴(おおじすばる)は王子様気質のボーイッシュな女子高生だ。父・大路光(てる)が海外赴任から帰ってきたことから、7年ぶりに故郷の街へと舞い戻る。昴は、隣人であり幼なじみの黒森仁(めぐみ)と再会を果たし、彼も通う緒伽林(おとぎばやし)高校に転入することに。そこで彼女を待ち構えていたのは、訳ありのイケメン男子高校生たちであった。

仁を含めた「学園のプリンス」たちは、女子生徒の羨望の的だ。昴は転入早々、彼らから呼び出され意外な事実を知らされる。実は、昴の前世は王子であり、彼らはその王子に口説かれた、おとぎ話の姫たちが転生した姿だというのだ。元シンデレラのツンデレ系・煤原零時(すすはられいじ)、元白雪姫のアンニュイ系・雪梨真白(ゆきなしましろ)、元親指姫の弟系・指宿元親(いぶすきもとちか)の三人は前世で昴を奪い合い、現世で決着をつけるべく彼女を奪おうと互いに宣戦布告する。男子が苦手な昴は三人の過激なアプローチにタジタジな一方、彼女を見守る仁の存在が気になり始めていた。前世の因縁を乗り越えて本当に結ばれるのは誰なのか、予測不可能な展開に引き込まれること間違いなしだ。


『お嬢様が護らせてくれない』

『お嬢様が護らせてくれない』

出典:一迅社

大財閥の「強すぎる」令嬢と、凄腕ボディガードがお互いを護るべく奮闘するラブコメディ。葉山雫(しずく)は、ボディガードの一家に生まれ、幼き頃から英才教育を受けてきたエリートだ。冷酷無比な仕事ぶりで若くして財閥のトップを護ったことから、現在はその一人娘である鬼龍院一花(きりゅういんいちか)の護衛を任されている。ある日、彼女の背後に襲撃者が現れる。身を挺して彼女を護ろうとする雫であったが、次の瞬間、彼より前に立っている一花の姿があった。

一花は一瞬で襲撃者をなぎ倒し、彼の仕事を奪ってしまった。何とか一花より先に危険を処理しようと、スピード勝負に挑む雫であったが、彼女の俊敏さと強靭な肉体ゆえになかなか護らせてもらえない。雫はボディガードの存在意義がなくなってしまうと嘆くが、彼女が強いのには理由があった。彼女が幼い頃、ボディガードが護衛中に亡くなってしまい、そのことに深く胸を痛めていたからである。そのため心も身体も強くなろうと鍛錬を続ける一花の男前な姿に、恋心が芽生える雫であった。しかし、偶然の出会いから彼女に想いを寄せる美大生の雨宮(あまみや)幸男や、雫の思いを知った一花の父など、身分違いの恋は障害だらけである。果たして二人は試練を乗り越えて結ばれることができるのか、結末まで目が離せない。


関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!