『刀剣乱舞-花丸-』刀剣男士便覧「厚藤四郎」71 Pt.

『刀剣乱舞-花丸-』にて登場する刀剣男士「厚藤四郎」とは?その歴史と共に紹介する。

作成日時:2017-09-22 08:00 執筆者:マンガペディア公式

概要

刀剣育成シミュレーション『刀剣乱舞-ONLINE-』を原作としたアニメ『刀剣乱舞-花丸-』に登場する「刀剣男士」たち。刀を男性として擬人化することで女性から多くの支持を得て、そこから実際の刀に対し興味をもつ“刀剣女子”が生まれるきっかけにもなった。そんな人気アニメでもある『刀剣乱舞-花丸-』のキャラクターを、実際の刀の情報と合わせて紹介する。

「厚藤四郎」/CV:「山下大輝」

刀種:短刀
刀派:粟田口
身長:154センチ

「とある本丸」には26番目に顕現。

外見や性格

戦装束は「粟田口」揃いの紺色軍服で、下はハーフパンツと白のハイソックス。内番服も揃いの白シャツとハーフパンツを履いている。スッキリとした黒の短髪に意志の強そうな瞳をしており、性格は明朗快活で真っ直ぐ。「藤四郎」兄弟の中では年長の部類に入るためか、他の短刀たちに比べて身長は高く、体つきも少々逞しい。
とはいえ、海水浴で我先に海に飛び込むようなわんぱくさもあれば、兄の「一期一振」顕現に大はしゃぎするなど、見た目相応の子供らしい一面もある。

刀のプロフィール

号:「厚藤四郎(あつしとうしろう)/(あつとうしろう)」
刀長:七寸二分(約21.8センチ)
元幅:六分五厘(約2センチ)
重ね:四分(約1.2センチ)
刀工:「粟田口吉光」
制作時期:鎌倉時代中期
主な元所有者:「足利家」、「豊臣秀吉」、「毛利家」、「一橋徳川家」など
保存場所:東京国立博物館

刀としての「厚藤四郎」

短刀作りの名工「粟田口吉光」によって打たれた刀。長さの割に刀身が分厚く反りがないことから、「鎧通し」に分類され、名前の由来もここからきている。ちなみに「鎧通し」とは、鎧の隙間から突き刺すことに重きが置かれた短刀のことで、その用途故か鍔はなく、作りが非常に頑丈。
1956年に国宝指定を受けているが、展示は定期的に行われているため、鑑賞する機会は割かし多い。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!