『刀剣乱舞-花丸-』刀剣男士便覧「獅子王」59 Pt.

『刀剣乱舞-花丸-』にて登場する刀剣男士「獅子王」とは?その歴史と共に紹介する。

作成日時:2017-09-15 08:00 執筆者:マンガペディア公式

概要

刀剣育成シミュレーション『刀剣乱舞-ONLINE-』を原作としたアニメ『刀剣乱舞-花丸-』に登場する「刀剣男士」たち。刀を男性として擬人化することで女性から多くの支持を得て、そこから実際の刀に対し興味をもつ“刀剣女子”が生まれるきっかけにもなった。そんな人気アニメでもある『刀剣乱舞-花丸-』のキャラクターを、実際の刀の情報と合わせて紹介する。

「獅子王」/CV:「逢坂良太」

刀種:太刀
刀派:なし
身長:166センチ

「とある本丸」には、15番目に顕現した「刀剣男士」。

外見や性格

戦装束は黒地に金の装飾がされた洋装。ちなみに肩にいるもふもふとした物体は、妖怪「鵺」を模したもの。内番服も同系色のジャージを着ている。頭の左側を編み込み、白いシュシュのようなもので髪を縛っている。元の持ち主が老人であったことから、気立ての良いおじいちゃん子。作中でも「三日月宗近」を喜ばせるため、様々な「刀剣男士」たち協力の元、「まじるんるんごきげん丸」という架空の「刀剣男士」に変身してみせた。

刀のプロフィール

号:「獅子王(ししおう)」
刀長:二尺五寸五分(約77.3センチ)
反り:九分(約2.7センチ)
刀工:「大和刀工」
制作時期:平安時代末期
主な元所有者:「源頼政」、「土岐家」
保存場所:東京国立博物館

刀としての「獅子王」

「源頼政」が「鵺」退治の褒美として、天皇から拝領した刀。老人でも扱いやすいよう、細く薄く作られており、太刀としては小振りであるが、制作当初は三尺五分五寸(約102.5センチ)の長さの大太刀であったとも言われている。名前の由来は諸説あり、「鞘に獅子模様の螺鈿細工があったから」、「頼政の家紋に獅子があしらわれているから」など、はっきりとはしていない。拵がほぼ平安期のまま現存している、数少ない貴重な一振り。1971年、重要文化財に指定されている。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!