歳の差17歳の姪と田舎暮らし『銀のニーナ』220 Pt.

毎日がゆったりで自然が豊か、空気が綺麗で水もおいしい。そういう素敵なイメージの田舎暮らし。
今は都会暮らしをしていても、いつかは田舎暮らしをしたいというIターン希望者も増えているという。そんな田舎暮らしマンガ『銀のニーナ』を紹介する。

作成日時:2016-07-05 14:00 執筆者:マンガペディア公式

『銀のニーナ』とは

志摩崎修太郎は、ついに田舎に戻ってきてしまった。
群馬の片田舎、最寄りの駅はJR万座・鹿沢口駅。回りには豊かな緑と畑が延々と続いている。そういう自然が本当に豊かなところだ。

なぜ修太郎は田舎へ戻ってきたのか。
理由は簡単、決して里帰りではない。実のところ都落ちしたのだ。
1年前に失業した修太郎は、就職活動を続けていたが、蓄えていた貯金が心もとなくなってきたのを受け、いったん実家に戻る事にしたのだ。
東京ですら仕事が見つからなかった修太郎。群馬の田舎で就職を考えているのだろうか。それとも再び東京へ戻るのか。それもまだ決めていなかった。

実家へと戻ると母親が出迎えてくれるかと思いましたが、誰の姿も見当たらない。
リビングに上がってみると、何故かそこには見知らぬ外人の美少女がスカートをめくって、扇風機で涼んでいたのだ。
銀発碧眼色白のその少女の名前は志摩崎ニーナ。修太郎の姉の子供で今年10歳になる修太郎の姪っ子だった。

この物語は無職27歳独身男と、10歳になる銀発碧眼色白の姪っ子ニーナとのゆるやかな田舎生活を描いた物語。
二人はいったいどのような毎日を過ごしていくのだろうか。

漫画アクションにて連載中、コミックは8巻まで発売中。

ニーナの可愛さ

本当にニーナが可愛いのだ。
このマンガはニーナの可愛さを満喫するマンガとも言える。
ニーナの母、。修太郎の姉はフィンランド留学中に現地人の男性と結婚して、22歳の時にニーナを生み、その後フィンランドの世界的に有名な大手家具メーカーに勤務しているのだが、昇進して直営店のトータルマネージャーをする事になり、年中世界を飛び回っている。
さすがにニーナの面倒を見ることができなくなり、実家の母親の元に預ける事になったのだ。
既に離婚しているので、父親はいない。きっと寂しいだろうけれど、そんな素振りも見せずに頑張るニーナが可愛い。


日本のアニメが大好きなニーナは、プリキャンという日本のアニメをみて日本語を勉強した。将来の夢はアキバアイドルになって、プリキャンになる事だそうだ。
子供らしい夢で微笑ましい。こんなかわいい娘の面倒をみることになった修太郎が羨ましい。やっぱり「カワイイは正義」である。

◆公式サイト

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

発売即重版!『空っぽのやつでいっぱい』に注目!!

発売即重版!『空っぽのやつでいっぱい』に注目!!

タクシードライバーの日常物!? 『夜明けのタクシードライバー』3巻配信中!!

タクシードライバーの日常物!? 『夜明けのタクシードライバー』3巻配信中!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!