ちはやふる、百人一首への招待2137 Pt.

競技かるた、百人一首の世界で生きる高校生たちの青春を描いた人気少女漫画、「ちはやふる」。
百人一首は格闘技とも称されるほど過酷な競技ですが、本作ではその厳しさ、難しさ、面白さが非常に丁寧に描かれている。
しかし、競技である一方、ご存知の通り百人一首は歌の集まり。歌の内容を知らずとも遊ぶことはできるが、それはあまりにももったいない。

ここでは、百人一首に登場する代表的な歌を取り上げて解説をしていく。

作成日時:2016-04-26 07:59 執筆者:マンガペディア公式

歌の意味を知る

「これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関」

訳「これが、都から東へ行く人も、都へ見送ってここで別れ、知っている人も知らない人もここで会うという、逢坂の関なのですね」
第十首、蝉丸の歌。
百人一首には「逢坂」ということばがよく出てきて、この歌もそのひとつになる。
「行く・帰る」、「別れ・逢ふ」、「知る・知らぬ」という対句の表現が効果的に使用されており、また句の頭の「これやこの」で、蝉丸自身が逢坂の関を例に挙げて世の中全体を俯瞰し、憂いている様子がよく表現されている。
また、蝉丸は琵琶、芸能の名人として、芸能の神様としても崇められています。

「ちはやぶる神代も聞かず龍田川 から紅に水くくるとは」

訳「神代にも聞いたことがありません。龍田川を真っ赤な紅葉が覆い水を染め上げるのは」
第十七首、在原業平朝臣の歌。
漫画「ちはやふる」の名も、この歌から名づけられている。
この歌は五句目の「くくる」を「くぐる」とする解釈もあり、その場合は「龍田川を真っ赤な紅葉が散りばめ、その下を水が潜り流れることは」となる。
この歌は業平のかつての恋人である二条后に献上する屏風に描かれたものであるので、色彩を考えると解釈としてはこちらの方が適切なのではないかという考えを推す人もいる。

「小倉山峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびのみゆき待たなむ」

訳「小倉山の峰のもみじ葉よ、もしお前に心があるならばもう一度主上の御幸があるはずだから、その折までどうか散らずに待っていておくれ」
第二十六首、貞信公の歌。
「みゆき」には上皇の「御幸」と天皇の「行幸」が重ねられている。
「もしお前に心があるならば」というところが、叶わずとも願ってしまう悲哀を感じさせる。小倉山はこの貞信公の歌をもってして一躍紅葉の名所として名を馳せるようになったと言われている。


百人一首には、素敵な歌がたくさんあるので、どんどん紹介していきたいと思う。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!