麗しの世界!DOZI(ドジ)さまこと木原敏江特集オススメ漫画5選46 Pt.

DOZIさまの愛称で知られている漫画家の木原敏江は、少女漫画の世界を広げたレジェンドのひとり。美麗な絵柄で人間の複雑な感情や多彩な愛を表現し、読者を魅了してきた。今回はそんな木原敏江が描く魅惑的な世界を堪能できる名作をピックアップ。

作成日時:2020-09-03 10:00 執筆者:マンガペディア公式

麗しの世界!DOZI(ドジ)さまこと木原敏江特集オススメ漫画5選

出典:amazon


『摩利と新吾』

『摩利と新吾』

出典:白泉社

全寮制の学校やヨーロッパを舞台に、明治時代の末期から激動の時代を生き、強い絆で結ばれた親友二人の熱き友情を描いた青春浪漫。鷹塔摩利(たかとうまり)と印南新吾(いんなみしんご)は、幼い頃から一緒に仲良く育ってきた親友同士。全寮制の名門旧制高校・持堂院に揃って入学し、美形で文武両道の二人は学内でも一目置かれる存在となった。だが、摩利は新吾に対して友情以上の想いを抱いていることに気付き、二人の関係性に変化が生じるようになっていく。

木原敏江作品では、男女の恋愛にとどまらず、同性愛も数多く描かれている。本作で中心となるのは、生まれた時から一緒に育ってきた親友の摩利と新吾。父親同士が親友ということもあり、家族ぐるみの付き合いだ。同じ全寮制の名門校へ入学した二人は、ユニークな先輩たちに気に入られ、一年生でありながら全猛者連の会長に抜擢。個性的な仲間と刺激的で愉快な毎日を過ごしながらも、摩利は新吾に対して、自分と彼とでは「好き」の種類が違うことに苦悩し始める。新吾は友情と愛情の狭間で葛藤した後、摩利からの愛を受け止める覚悟をするが、その先には一筋縄ではいかない展開が待ち受けていた。奥深い人間ドラマが堪能できる木原敏江の初期の名作だ。


『夢の碑』シリーズ

『夢の碑』シリーズ

出典:小学館

日本やヨーロッパなど、古今東西を舞台に、妖怪や鬼など異形のものが登場しオムニバス形式で描かれた幻想ロマン連作。「とりかえばや異聞」「青頭巾」「ベルンシュタイン」「風恋記」「鵺」「雪紅皇子」「水琴窟」「渕となりぬ」「幻想遊戯」など。「水琴窟」は「雪紅皇子」のインサイドストーリーとして描かれるなど、番外編もある。古典文学や歴史上の人物を土台としたものが多い。多くは和風の作品だが、「影に愛された男」と「ベルンシュタイン」は洋風となっている。

『夢の碑』シリーズの中で特にボリュームのある「鵺」で核として描かれるのは、主人公の四辻篠夫(よつつじしのぶ)と、運命的に出会った浪人の神保主理之介(じんぼしゅりのすけ)の二人。彼らを中心に様々な人物の想いが入り乱れた愛憎劇が展開されていく。美男の篠夫は、純粋に見えるが愛情に飢えており、生き方に危うさを感じる人物。彼を愛する人たちが相次いで謎めいた死を遂げていき、やがて篠夫が自身を化け物扱いする理由や驚愕の真実が明かされていく。タイトルの「鵺」とは、猿や虎、蛇などが混ざった妖怪で、本作の土台となっているのは、世阿弥の能の「鵺」。悲恋に涙を誘われる木原敏江作品の中でも『夢の碑』シリーズは特に壮大で、様々な愛によって狂わされていく人の哀しさが伝わってくる。


『エメラルドの海賊』

『エメラルドの海賊』

出典:amazon

復讐を誓った王子が故郷を目指し、自らの出生の秘密に近付いていく歴史ロマン。キャプテン・アスールは、各地で荒稼ぎを行う海賊を装っている島国の王子。ある日、女性が海に投げ出されたのを目撃し、救出するが、その女性はサングリアル王国のロウィーナ姫だった。海賊の真似ごとをしているという秘密を共有するため、アスールとロウィーナは結婚することに。しかし、ロウィーナの父親の策略によって結婚式は惨劇と化し、アスールはまだ見ぬ母国を目指すようになる。

海賊のキャプテン・アスールは、漆黒の髪とエメラルドグリーンの瞳が特徴的な美男子だが、その正体は貧しい島国ダンセイニの王子のアスール・ローリンド。資金稼ぎのために領主である義父には内緒で海賊の真似ごとをし、行く先々で金銭を奪うという蛮行に及んでいたのだった。ロウィーナの父親によって家族と国を失ったアスールは、黄金郷と謳われる母国を目指し、ロウィーナも人質としてアスールに同行。辿りついた母国では思いもよらなかった一族の血塗られた歴史や異母兄弟との確執、驚くべき出生の秘密についても明かされていく。ハードな展開でありながら、ユーモアを適度に取り入れているため重くなりすぎないところも木原敏江作品の大きな魅力のひとつなのではないだろうか。


『天まであがれ!』

『天まであがれ!』

出典:amazon

幕末に活躍した新選組を題材にし、恋愛要素を織り交ぜながら若者たちの青春と活躍を描いた群像劇。沖田総司は、家族のように慕う土方歳三、近藤勇、斎藤一、山南敬助たちと共に町道場の試衛館で暮らす美形の青年。ある日、危ない目に遭っていた少女・こよりを助けたことにより彼女の家に招かれ、そこで謎めいた危険な男・羽林風守(うりんかざもり)と出会う。沖田は土方らについて京へ上がり、彼らが結成した新選組の一員として戦いながら、時代の渦に巻き込まれていく。

幕末に活躍した浪士の集団の新選組は、現在でも漫画や映画など様々な作品に題材として描かれるほど人気があり、時代を超えて人を魅了し続けている。本作は、そんな新選組をモチーフにしながらも、史実と独自の恋愛要素を絶妙なバランスで絡ませたロマン溢れる作品となっている。主人公の総司は小さな道場「試衛館」に集う浪士の中で最年少の剣士。新選組の仲間と共に敵と戦うが、その身体は病魔に侵されていた。偶然助けた少女のこよりは健気で可愛い女の子だが、彼女の兄・羽林風守は新選組と敵対する勤皇派の核となる人物であり、恐ろしい殺人狂でもあった。木原敏江作品ならではの壮大さと美麗さが両方合わさっており、新選組が好きなら読んで損はない作品といえるだろう。


『あーら わが殿!』

『あーら わが殿!』

出典:amazon

明治時代の名門校同士の男女共学クラスを舞台にしたラブコメディ。主人公の森みちるが通うなでしこ女学院は、隣り合う男子専科の持堂院と共に、実験的に男女共学クラスを設けることとなった。その選抜メンバーに選ばれたのは森みちる、八木沢八千代(やぎさわやちよ)、結城みづほの親友トリオ、印南新吾と鷹塔摩利の親友コンビなど個性の強いメンバーたち。彼らは対立し合いながらも、次第に友情や恋が芽生えるようになっていく。木原敏江の名作『摩利と新吾』の原点となっている作品。

現在では男女共学は当たり前のように存在するが、本作の舞台となるのは、まだ男女が別々に勉強することが普通とされていた時代。そんな中、なでしこ女学院と持堂院が政府の方針でモデルケースに選ばれ、男女共学のクラスを作ることになる。本作のヒロインのみちるはコロコロと表情がよく変わり、感情表現が豊かな女の子。みちると新吾は犬猿の仲だったが、クラスメイトとして共に過ごすうちにみちるの新吾への想いが恋心へと変わっていく。しかし、新吾は千鶴(ちづる)先生に一目惚れ。更には泉白菊丸がみちるを愛し、それぞれの想いが複雑に絡み合っていく。本作は『摩利と新吾』と多くの登場人物が共通しており、『摩利と新吾』が好きな人には更に楽しめることだろう。


関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!