漫画からいただき!使える台詞まとめ~告白編~123 Pt.

告白に最も必要なのは、言葉ではなくタイミングの後押しかもしれません。大切なのは、まずシチュエーションと雰囲気作り。言葉の出番はそれからです。でも、いい雰囲気の時に言葉が出なかったら本末転倒ですよね。常在戦場、いつ流れが来てもいいように、とっておきの言葉を胸に秘めておきましょう。今回はそんな告白の参考になりそうな作品を集めてみました。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『めぞん一刻』

「ご町内の皆様ーーー! 私こと五代裕作は響子さんが好きでありまーす」浪人生・五代裕作が下宿「一刻館」の管理人、音無響子に初めて告白したときの台詞。調子からなんとなくわかるように、酔っ払ってけしかけられての大告白でした。胸に秘めていた繊細な思いとは裏腹なこの言葉、秘めた恋をしているときはお酒に重々気をつけましょう。

『きまぐれオレンジ☆ロード』

「Like or Love?」「ひかるちゃんはLike…鮎川は… あいしてる」元不良少女のまどかと、その後輩ひかるとの三角関係に、ずっと優柔不断な態度を続けていた主人公、春日恭介。日本を去る決意をしたまどかが彼の思いを確かめようと訊いた言葉が「Like or Love?」でした。「好意」と「愛」の違いはほんのちょっとで、でも決定的に違うものなのです。

『ハチミツとクローバー』

「はぐちゃんオレは君が好きだよ」登場人物全員が片思いのループの中にいる青春少女漫画『ハチミツとクローバー』。上記の台詞は、自分に迷い自転車の旅に出た青年竹本が、旅から帰ってきて片思いの相手だったはぐみに言った台詞。告白したからといって付き合えるわけでもないのですが、それでも迷い続けた自分への区切りとして出たシンプルな言葉は、読者の胸を打つものでした。

『娚の一生』

「“恋”なので仕方ありませんでした」思いがけない巡り合わせから、同居することになった50代の大学教授・海江田と30代後半の在宅OL・つぐみ。次第に惹かれあうようになっていくふたりですが、枯れた年頃のふたりのせいか愛や恋という明確な告白はなし。しかし法事で親戚一同が揃ったところで、ふたりの関係性を説明した海江田から出た台詞が上記のもの。他人の前で堂々と「恋」という言葉が使えるのは、大人の余裕のなせる業でしょうか。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

新テレビアニメ『幼女戦記』PV第2弾公開!!

新テレビアニメ『幼女戦記』PV第2弾公開!!

『小林さんちのメイドラゴン』TVアニメ化! PVも公開!!

『小林さんちのメイドラゴン』TVアニメ化! PVも公開!!

『この素晴らしい世界に祝福を!2』新PV公開!

『この素晴らしい世界に祝福を!2』新PV公開!

春アニメ『サクラクエスト』ティザーPV公開!

春アニメ『サクラクエスト』ティザーPV公開!

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!