• 東のエデン (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 「ハムレットさんデヌマルクの守」

「ハムレットさんデヌマルクの守」

「ハムレットさんデヌマルクの守」

東のエデン(漫画)の作中で上演された芝居。読みは「はむれっとさんでぬまるくのかみ」。

登場作品
東のエデン(漫画)
正式名称
「ハムレットさんデヌマルクの守」
ふりがな
はむれっとさんでぬまるくのかみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

明治6年に、日本人役者の日本語による「ハムレット」として演じられた。外国人にも理解できる片言の日本語で演じられたため、外国人には大受けした。

登場作品

東のエデン

明治時代初期、アメリカからやってきた青年ホワイトが、開化期の日本の姿を思い人への手紙につづる形で描く作品。 関連ページ:東のエデン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo