いぬかみっ!

有沢まみずの同名ライトノベルのコミカライズ作品。犬神使いの一族に生まれた少年と、自称・犬神の少女。主従の契りを結んだ2人と、その周囲の女性たちが織り成すドタバタ和風ラブコメディ。「月刊電撃コミックガオ!」2005年12月号から2008年4月号にかけて連載された作品。

正式名称
いぬかみっ!
原作者
有沢 まみず
作画
ジャンル
和風ファンタジー
レーベル
電撃コミックス(メディアワークス)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

犬神使いの一族・川平家の末裔である川平啓太は、子供の頃、犬神と契約を結ぶ際にどの犬神にも選ばれず、普通の人間として暮らしていた。17歳になったある日、啓太は、祖母である川平榧の呼び出しを受け、家の裏山の廃寺に、自分を気に入った犬神がいるという話を聞く。大喜びで犬神のもとへと向かう啓太だったが、その自称犬神のようこは、啓太の手には負えない気まぐれな性格だった。そうと知らず、ようこと「主従の契り」と交わした啓太は、のちにようこの本性を知って後悔にさいなまれつつも、ともに妖怪退治の仕事を始めることになる。

第2巻

川平家では、川平薫犬神の1人であるなでしこを、一時的に預かることになった。可愛らしいなでしことの同居に喜ぶ川平啓太に対し、ようこは自分以外の犬神が啓太のそばにいることが面白くない。そんなある日、ようこは薫の他の犬神であるせんだんたちに声をかけられる。せんだんの話によると、協調性に欠けるなでしこは、薫の10人の犬神たちの中では浮いた存在らしい。せんだんはなでしこを薫のもとから追い出して啓太の犬神にしたいと考えており、その計画の邪魔をしないでほしいとようこに頼む。しかし、ようこはその頼みをはねつけ、さらにたゆねが啓太を侮辱したことをきっかけに、事態は最悪の方向に発展。こうしてようことせんだんたちとの、激しい喧嘩が始まる。

第3巻

川平薫の頼みで、薫の留守を預かり、一時的に薫の家に滞在することになった川平啓太ようこ。啓太とようこは、薫の犬神たちからは相変わらずあまり良く思われていないままだったが、「薫の命令は絶対」というせんだんの言葉から、12人で平和に過ごすことになる。しかし、その場に下着泥棒のドクトルや、邪霊が出現。襲われそうになったいぐさを助けた啓太は、いぐさに慕われるようになる。

第4巻

犬神使いとして依頼を受け、死神「暴力の海」を討伐することになった川平啓太ようこ。「暴力の海」は非常にサディスティックな性格で、人間に死の宣告をしたり、わざと恐ろしい思いをさせたり、プライドを砕いて再起不能にさせたりすることに喜びを感じるのだという。そのため、依頼主・合田剛太郎の主人である進藤ケイは、生まれてからずっと「暴力の海」に苦しめられており、さらに20歳の誕生日に「暴力の海」に殺されることが決まっているらしい。ケイの命を守るため、啓太は「暴力の海」との一騎打ちに臨むことになる。

第5巻

死神「暴力の海」に勝利したものの、死神の呪いで不運を背負わされ、無一文になってしまった川平啓太ようこ進藤ケイは救えたものの、住むところさえ失くしてしまい、川辺でホームレス生活を送っていた。そんなある日、ようこははけに呼び出され、大妖狐を封じ込める結界を持続させる儀式に参加してほしいと頼まれる。本当は犬神ではなく大妖狐の娘であるようこにとっては、それは、自分の父親を封ずる行為であった。しかし、ようこは儀式への参加を決める。

第6巻

川平啓太ようこは、死神「暴力の海」の呪いが薄まるまで、ホームレス生活を続けていた。辛い冬もどうにか乗り越えた2人は、ある日、川平家で行われる宴会に参加することになる。当日、啓太を待つようこのもとに、一匹の蛙が姿を現す。白山名君と名乗るその蛙は、啓太と特別な関係にあるのだという。ようこは白山名君に嫉妬しつつも、白山名君の昔話を聞くことになる。

メディアミックス

TVアニメ

2006年4月から9月にかけて、テレビ東京系にて本作『いぬかみっ!』のTVアニメ版が放送された。監督は 草川啓造。シリーズ構成は玉井☆豪、キャラクターデザインは友岡新平が務めた。キャストは 川平啓太役を福山潤、ようこ役を堀江由衣、なでしこ役を名塚佳織が演じた。

劇場アニメ

2007年4月、劇場版アニメ『いぬかみっ! THE MOVIE 特命霊的捜査官・仮名史郎っ!』が公開された。アニメ版『灼眼のシャナ』『キノの旅』との3本立ての同時上映として公開され、キャストはTVアニメ版同様 川平啓太役を福山潤、ようこ役を堀江由衣、なでしこ役を名塚佳織が演じた。

インターネットラジオ

2006年5月から2007年5月にかけて「スターチャイルド」の公式サイト上にて、インターネットラジオ番組「いぬかみっ! Webラジオ こいぬのじかん」が配信された。パーソナリティは、なでしこ役の名塚佳織と、ともはね役の長谷川静香が務めた。

ゲームソフト

2006年12月、ニンテンドーDS用ゲームソフトとして『いぬかみっ! feat.Animation』が発売された。内容は原作小説をニンテンドーDS上で再現したサウンドノベルで、その他にもミニゲームや、有沢まみずによる書き下ろし小説などが収録された。

登場人物・キャラクター

主人公

代々犬神使いの家系である川平家の末裔の17歳の少年。前髪を目の上で切った、オレンジ色のショートカットヘアにしている。ようことは主従関係で、「主従の契り」を交わした際に使用した首輪を、常に身に着けている... 関連ページ:川平 啓太

川平啓太と「主従の契り」を交わし、啓太と主従関係になった自称・犬神。正体は「ようこ」の名が示す通り大妖狐の娘だが、犬神でないことが知られると啓太と「主従の契り」ができないと考え、当初は啓太に素性を偽っ... 関連ページ:ようこ

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列2位。ピンク色の髪を、前髪は目の上で切り、顔の両脇の髪は肩につくほどまで伸ばし、後ろの髪はショートカットにした髪型をし、頭に白い... 関連ページ:なでしこ

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列1位。暗い赤色の髪を、前髪は真ん中で分け、胸の下まで伸ばしたロングヘアを何本かの縦ロールにし、ハーフアップにしてまとめた髪型の少... 関連ページ:せんだん

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列10位。前髪を真ん中で分け、オレンジ色のロングヘアを高い位置でポニーテールにした髪型の、幼い少女の姿をしている。明るく素直で単純... 関連ページ:ともはね

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列4位。前髪を目の上で切り、耳の真上の前髪だけを外側にはねさせた、ショートカットヘアの少女の姿をしている。スポーティで、露出度の高... 関連ページ:たゆね

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列3位。前髪を目の上で切り、胸の下まで伸ばしたロングヘアを2本の三つ編みにしてまとめ、丸眼鏡をかけている。ともはねからは「いぐいぐ... 関連ページ:いぐさ

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列5位。前髪を左寄りの位置で斜めに分け、癖のある、ふんわりとした外はねボブヘアに、白衣を着たボーイッシュな少女の姿をしている。髪が... 関連ページ:ごきょうや

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列6位。前髪を両目が隠れてしまうほど伸ばして切り揃え、腰まで伸ばしたストレートロングヘアの少女の姿をしている。Tシャツにオーバーオ... 関連ページ:てんそう

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列7位。前髪を真ん中で分け、顎の下まで伸ばした癖のあるボブヘアを、星形の髪飾りをつけてまとめ、巫女服を着た少女の姿をしている。おっ... 関連ページ:フラノ

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列8位で、さよかとは双子。紫色の髪の毛を、前髪は左寄りの位置で斜めに分け、お尻まで伸ばしたロングヘアをくるくるに巻いて、高い位置で... 関連ページ:いまり

川平薫と「主従の契り」を交わした10人の犬神の1人。10人のうちでは序列9位でいまりとは双子。紫色の髪の毛を、前髪は右寄りの位置で斜めに分け、お尻まで伸ばしたロングヘアをくるくるに巻いて、高い位置でお... 関連ページ:さよか

川平啓太のいとこで、せんだん、なでしこ、いぐさ、たゆね、ごきょうや、てんそう、フラノ、いまり、さよか、ともはねと「主従の契り」を交わした犬神使いの少年。前髪を目の上で切った、前下がりのボブヘアをしてい... 関連ページ:川平 薫

川平啓太の祖母・川平榧と「主従の契り」を交わした犬神。前髪を左寄りの位置で斜めに分け、顎の高さまで伸ばした前下がりボブヘアの青年の姿をしている。主に和服を着ており、右目は前髪に隠れて見えないことが多い... 関連ページ:はけ

川平啓太の知人で、内閣官房室直属の特命霊的捜査官を務めている若い男性。伝説の魔導士「赤道斎(せきどうさい)」の子孫でもある。前髪を上げて額を全開にした撫でつけ髪をしている。主にスーツに手袋、トレンチコ... 関連ページ:仮名 史郎

渡り猫の男性。二息歩行で、帽子をかぶり服を着て、首にマフラーを巻いた、人間の腰の高さほどの背丈の三毛猫の姿をしている。しっぽが二股であることから一見猫又と誤認識されやすいが、猫又であるのと同時に、定住... 関連ページ:留吉

川平薫の家に現れた謎の中年男性。前髪を上げてシルクハットを被り、肩につくほどの長さのボブヘアを後ろに向かってはねさせている。ちょび髭を生やし、マントをまとっている。自分の気配を消し、誰にも気づかれずに... 関連ページ:ドクトル

川平啓太と同じ高校に通う3年生の男子。前髪を真ん中で分けて目が隠れそうなほど伸ばし、腰まで伸ばしたストレートロングヘアを、頭と首の付け根の高さで1つに結び、眼鏡をかけている。鉢巻を巻き、穴あき手袋をつ... 関連ページ:河原崎 直己

進藤家の当主を務める19歳の少女。前髪を真ん中で分け、腰まで伸ばしたロングウェーブヘアを、頭の左右の高い位置でリボンを付けてまとめている。小柄で可愛らしい容姿から、年齢よりもかなり幼く見える。そのため... 関連ページ:進藤 ケイ

進藤ケイの執事を務める男性。前髪を眉上で短く切った、撫でつけ髪をしている。非常に筋肉質のがっしりした体型で、顔はえらが張っており、顎が2つに割れている。本名とは無関係の「セバスチャン」という名を「執事... 関連ページ:合田 剛太郎

かつて進藤ケイの祖父と契約し、以来進藤家を蝕み続けている死神。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、腰まで伸ばしたロングヘアを高い位置でポニーテールにした、ローブを着た若い男性の姿で現れる。一見おちゃらけた... 関連ページ:暴力の海

川平啓太と契約を結んでいる、神仙の蛙。性別はオスで、容姿は普通の蛙と変わらないが、身体は非常に大きい。また、目が細くたれ目で、いつも笑っているように見える。気弱で控えめだが、勇敢な性格。100年以上前... 関連ページ:白山名君

集団・組織

川平家

川平啓太の家で、代々犬神使いの家系。啓太らの先祖である僧侶「川平慧海(かわひらえかい)」が、犬神の一族とともに川平家の裏山に住み着いた魔物を退治したことから、犬神使いの家系となった。世に仇なす魑魅魍魎... 関連ページ:川平家

犬神

「破邪顕正」の本性を持つ、犬の神様。獣の姿だけでなく、人間に変身する力を持つため「人妖(じんよう)」とも呼ばれる。一部の犬神は、かつて川平啓太の先祖である僧侶「川平慧海(かわひらえかい)」と魔物退治を... 関連ページ:犬神

クレジット

原作

有沢 まみず

キャラクターデザイン

若月 神無

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo