しづ

壬生義士伝(漫画)の登場人物。吉村貫一郎、吉村嘉一郎とは親族関係にある。

  • しづ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
壬生義士伝(漫画)
正式名称
しづ

総合スレッド

しづ(壬生義士伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

吉村貫一郎の妻。路上で母につきそい花売りをしていた幼少の時から貫一郎に想いをよせられていた。娘となって更に美しくなったしづ大野次郎右衛門が嫁にしたいと言いだしたことで、意を決して告白し結ばれる。よく働き、嘉一郎をはじめ三人の子を身籠る。

登場人物・キャラクター

もとは盛岡南部藩士。二駄二人扶持の足軽ながら学問と剣術に傑出していたが、生活に困窮し脱藩して新選組隊士となった。愛する家族のことをひたすら想い、守銭奴と呼ばれても一途に家族のために信念をつらぬく純朴な...
吉村貫一郎の息子。脱藩浪士の父の汚名を背負い、苦しい少年時代を生きるが、父親の血をひいて、剣術にも長け、利発に育つ。その義をつらぬく生き様は、桜庭弥之助に「七回生まれ変わっても嘉一郎の足元にも及ばない...

登場作品

慶応四年(1868)。鳥羽・伏見の戦いに敗れた新選組からひとり離脱した吉村貫一郎は、満身創痍の身を引きずりながら故郷を目指す途中、かっての主家、盛岡南部藩蔵屋敷に辿り着く。しかし脱藩者である貫一郎に藩...