とりかえばや物語

とりかえばや物語

とりかえばや異聞(漫画)のモチーフとなっている、平安時代後期に成立した日本の古典文学のひとつ。読みは「とりかえばやものがたり」。

登場作品
とりかえばや異聞(漫画)
正式名称
とりかえばや物語
ふりがな
とりかえばやものがたり
関連商品
Amazon 楽天

概要

男女が入れ替わるという非現実的な設定ながら、二人を取り巻く複雑な人間関係の描写には深みがあり、読み継がれてきた逸品である。近年のジェンダーの視点からも再評価されている。

登場作品

とりかえばや異聞

養父母に男として育てられた紫子は、養父亡きあと養母を養うため遊女となった。初めての客風吹と出会い恋に落ちた二人だったが、紫子は生家である佐伯家へ秘密裏に連れ戻され、唯一の肉親である双子の兄碧生の療養中... 関連ページ:とりかえばや異聞

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
とりかえばや異聞
logo