ぼのぼの

ラッコの少年ぼのぼのが、森に住む動物の仲間たちと繰り広げるユーモアに溢れた毎日を描いている。4コマ形式で描かれているが、内容はゆるやかに連鎖している。キャラクター同士の会話には人生を巡る哲学的な内容も多く、ただの動物ほのぼの漫画に終わらない独特の内容である。不条理ギャグ漫画家だった作者の切り開いた新境地で、幅広い読者の人気を得た代表作。

  • ぼのぼの
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ぼのぼの
作者
ジャンル
動物擬人化
レーベル
バンブーコミックス(竹書房)

総合スレッド

ぼのぼの(漫画)の総合スレッド
2016.02.25 16:13

新着関連スレッド

しまっちゃうおじさん(ぼのぼの)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.02.25 16:14
シマリスくん(ぼのぼの)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.02.25 16:13

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

2016年春アニメコミック原作を一挙紹介!①
マンガペディア公式 2016.03.29 14:59
祝!再アニメ化! 「ぼのぼの」に聞く人生訓
マンガペディア公式 2016.03.14 10:54
動物社会も大変だ・・動物が主人公の漫画6選
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
理解不能?ハマる人は抜けられないナンセンス作品集
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
今夜のお供に、『夜』をテーマにした漫画5選
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

ラッコの少年ぼのぼのは、おとうさんと2人で岩場で暮らしている。近くの森の中には親友のシマリスくんアライグマくんなどたくさんの動物たちが住んでおり、ぼのぼのは彼らと遊んだり冒険したりすることで、多くのことを学んでいく。

登場人物・キャラクター

主人公
ラッコの少年。外から見ると無表情でおとなしいが、好奇心が旺盛で、心の中では常にいろいろな疑問について考えている。その疑問を解決するためにいろいろと行動を起こす毎日。想像力や発想力にも富んでいる。自分の...
ぼのぼのの父親。外見は息子ぼのぼのとほとんど変わらないが、身体が1.5倍ほど大きい。シャイで無口。感情を表に出すこともあまりない。泳ぎは達者で、飛び込みも得意。なぜか「死神ラッコ」と呼ばれ、シャチたち...
ぼのぼのの友達。シマリスの少年。身体が小さくて性格も臆病なので、森のみんなからよくいじめられている。そのせいで「いぢめる?」と聞くのが口ぐせになってしまっている。好物のクルミをいつも離さず持っている。...
よくシマリスくんをいじめている、森一番のいじめっ子。相手の足にカニばさみをかけるのも得意。気が短いので、いつもぼーっとしているように見えるシマリスくんやぼのぼのといっしょに居るとイライラして、手を出し...
常にクールで落ち着いている大人の男性。経験豊かで博識で、ぼのぼのの好奇心や疑問にもきちんと付き合ってくれるので、ぼのぼのたちから信頼され、慕われている。もともと本作の舞台である森には住んでいなかったが...
ヒグマおばさんと息子のコヒグマくんの母子家庭。森の奥の洞穴に住んでいる。スナドリネコさんと親しい。最初ぼのぼのは、自分が食べられてしまうかもと思い、ヒグマさん親子のことを怖がっていたが、会ってみたとこ...
アライグマくんの友達。気が強い。ぼのぼのたちにでんぐり返しを教えているが、彼らがなかなか上達しないので、イライラしてすぐ怒ってしまう。
地面に掘った穴の中に住んでいる。シマリスくんの友達。友達の証として相手にキスをする。立ち上がる特は「しゅりんくっ」という音を発する。ふだんは目を閉じてしあわせそうな顔つき。マイペースな彼のことを見てい...
ビーバーの子ども。シマリスくんと仲が良い。父親はいつも笑っている気弱な性格。母親はがっしりした体格の肝っ玉かあさんで、足払いが得意技。
森の中にある砂漠に住んでいる。小柄だが耳はとても大きい。アライグマくんが、ぼのぼのやシマリスくんに紹介した。楽しいことを求めて妙なことをするのが好きなフェネックギツネくんとぼのぼのたちは気が合うだろう...
ぼのぼのとおとうさんの住む岩場の近くの海に居るシャチ。体じゅうにキズを持つ。ぼのぼののおとうさんとは古い知り合い。過去に、自分たちの縄張りを荒らしたバケモノシャチに自分の好きな女の子シャチを殺されたの...
シャチの群れの長老。シワまみれなのでかなりの高齢のよう。現在は群れから離れて一匹狼となっているスカーフェイスと若き日のぼのぼののおとうさんの因縁などの昔話をぼのぼのに説明してあげた。後に大往生を遂げた...
まだ幼い子ども。小さくて気弱なので、彼もまたいじめっ子アライグマくんの格好のおもちゃ。スナドリネコさんの棲み家の前でウンチをするのが好きらしい。父親はあいまいな物言いをして他人を動かそうとする策略家。
沼に住んでいる。一人称は「ワシ」で、顔にシワも多いので、かなりの高齢のようである。スナドリネコさんの生き方に対して忠告を与える。俳句を詠むのが趣味。
深いほうれい線を持つおじさん。モノを切るのが得意だという評判。アライグマくんが、シャープでかっこいい体になるためには自分のシッポが不要だと考え、イタチのおじさんに切り離してもらおうと思い、会いに行った...
ぼのぼのの想像の産物。ヒョウのような斑点を持っている。いつも目をつぶっている。子どもを岩穴の中にしまってしまう存在で、とても怖い。ふとしたきっかけで想像してしまうと、その恐ろしさにぼのぼのは泣いてしま...
岩山にひとりで住んでいる年老いたサル。極端に無口。ツボじいに体のツボを押してもらうと誰でも若返るとの評判が立っている。腰痛になり老いを感じたクズリくんのおとうさんが会いに行った。

アニメ

父と2人で暮らすラッコのぼのぼのは、いつもシマリスくんやアライグマくんと一緒に遊び、いろんな動物たちと出会ったり、冒険したり、愉快な毎日を過ごしている。