アリオン

アリオン

太古のギリシアを舞台に、数奇な運命のもと生まれたアリオンが、ティターンの覇権争いに翻弄されながらも懸命に生きる姿を描く物語。ギリシア神話を題材にした作品。

概要

デメテルと辺境の地トラキアで暮らしていたアリオンは、叔父であるハデスに冥府に連れ去られ、そこで武芸を仕込まれ育つ。母の処遇に関して談判に赴いたオリンポスで、アリオンティターンの王ゼウスを襲い、追われる身となる。この後、アリオンは、父である海神ポセイドンの軍勢に合流し、神族・ティターンの覇権争いに巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

ティターン。デメテルとポセイドンとの子とされているが、出生には秘密がある。幼少時までデメテルと暮らしていたが、叔父ハデスに誘拐され、冥界で武芸を仕込まれ育つ。ハデスの謀略により、オリンポスの王ゼウスを... 関連ページ:アリオン

アリオンの想い人。アテナに侍女として仕えていたが、捕らわれたアリオンと仲良くなり、脱走に手を貸した。実はポセイドンとデメテルの子供で、強力な霊力を有すティターン。ゼウスによって言葉と霊力を封印されてい... 関連ページ:レスフィーナ

オリンポスの王ゼウスの息子。強い霊力を持つティターン。軟弱な放蕩者を装っているが、内には壮大な野心を秘めている。レスフィーナの封印を解き、その霊力を利用して、至上の神になろうとした。父親であるゼウスを... 関連ページ:アポロン

アテナ

オリンポスの王ゼウスの娘。ティターン。男勝りの性格で、頼りにならない兄弟たち代わって、オリンポス軍を率いる女将軍。オリンポスにやってきたアリオンを捕まえ、処刑しようとした。一族の血を色濃く残すため、兄アポロンと契ろうとするが、拒絶される。ギリシア神話の知恵の女神アテナをモデルとするキャラクター。

アリオンの母。クロノスとガイアの娘で、ティターン。ガイアより王宮の神事を引継ぎ、薬の調合にも長けていた。ティターンの騎士プロメテウスとは惹かれ合っていたが、結ばれることはなかった。ポセイドンに犯された... 関連ページ:デメテル

クロノスとガイアの長子で、ティターン。冥府の王。他の兄弟と同様、予言を恐れる父クロノスによって生まれてすぐ捨てられた。ゼウスがクロノスを殺して王座についた後に、王宮に現れた。くじ引きによって、冥府に追... 関連ページ:ハデス

ギド

ヘカトンケイル(魔人族)の最後の生き残り。三つ目の巨人。ハデスの命により、オリンポスに赴くアリオンの忠実なしもべとなった。怪力。

セネカ

黒の獅子王によって、オリンポスから救出されたアリオンの面倒を見た少年。以来、アリオンの旅に付き従った。アリオンより年下だが、ずっと世慣れている。船の帆を操るのがうまい。

クロノスとガイアの末子で、ティターンの王。生まれてすぐタンタロスの死の谷に落とされたが、自力で帰還し、父クロノスを殺害。王座を奪った。非常に猜疑心が強く、死ぬことを異常に恐れている。自分もまた一族の者... 関連ページ:ゼウス

クロノスとガイアの次男で、ティターン。艦隊を指揮し、海洋を支配したことから、海洋王、海神と称される。クレタ島を本拠地とする。どんな物も手入れてきた剛勇の野心家で、オリンポスから離れる際、デメテルを襲い... 関連ページ:ポセイドン

アレース

オリンポスの王ゼウスの息子。ティターン。オリンポスの将のひとりだが、姉のアテナに頭が上がらない。ポセイドン軍との戦いのさなか、本陣に乱入してきたアリオンに斬られて死亡する。ギリシア神話の戦争の神アレースをモデルとしたキャラクター。

ガイア

ティターンの王クロノスの妻にして源女帝。ハデス、ポセイドン、ゼウス、デメテルらの母親。策謀家で、ゼウスを操って、夫クロノスを殺害させた。息子ゼウスとも関係をもっていたが、裏切られて毒殺される。ギリシア神話の大地の女神ガイアをモデルとしたキャラクター。

黒の獅子王

オリンポスに捕らわれ処刑されるところだったアリオンを救い出した謎の人物。獅子の仮面を被って正体を隠し、「ティターンの天敵」を自認している。危機に陥ったアリオンの前に度々現れ、助言を授ける。ティターンの王ゼウスに匹敵する魔道の力を持つ。

クロノス王の甥にあたるティターン。ゼウス、デメテルらのいとこ。優れた武人で人望も厚い。かつてはゼウスと荒野をさまよい協力しあった仲である。デメテルとは惹かれ合っていたが、結ばれることはなかった。デメテ... 関連ページ:プロメテウス

パンドーラ

父はクロノスの先王ウラヌスの直臣だった。プロメテウスの妻となり一子をもうける。ヨシュアという弟がいる。名前の由来は、ギリシア神話に登場する人類最初の女性パンドーラから。

ヘパイストス

オリンポスの王ゼウスの息子。ティターン。冶金の司。何らかの障害があるようで、金場にこもって剣を鍛える仕事に従事している。冥界にてふてくされている叔父ハデスにシンパシーを感じ、鍛えた刀を進呈した。ギリシア神話の鍛治の神ヘパイストスをモデルとしたキャラクター。

リュカオーン

オリンポスともポセイドンとも一線を画し独立を維持するアルカディア一族の王。復讐の神エリヌースに匹敵する霊力を持つ。アリオンに真の敵はアポロンであることを教え、勝利のカギはレスフィーナであると伝えた。ギリシア神話の登場人物で、ゼウスに逆らって狼に姿を変えられたリュカオーンが名前の由来である。

ヘラクレス

アルカディア一族の若者で大男。アリオンを圧倒する程の剛勇の士。リュカオーン王に命じられて、アリオンと共にオリンポスで戦った。ギリシア神話の英雄ヘラクレスをモデルとしたキャラクター。

エリヌース

復讐の神々。元はアルカディアの一族で、黄泉から霊力で蘇った者たち。オリンポスの王ゼウスに忠誠を誓っている。ポセイドンを殺害したアリオンを父殺しの罪で執拗に追う。名前の由来はギリシア神話の復讐の女神エリヌースから。

集団・組織

ティターン

『アリオン』の登場する一族。超人的な力をふるうことで人の上に君臨する。その王は、ウラノス、クロノスゼウスと変転した。アポロンによれば、ティターンは人間ではなく、遙か昔に地に降り立ち、人に知を与えた種族であるという。

場所

オリンポス

『アリオン』に登場する場所。ティターンの王ゼウスが君臨する城がある土地。ティターン族はかつてダルキアの地に王国の都があったが、洪水で都が潰え去った事から、南のオリンポス山の中腹に新たな都を作った。

SHARE
EC
Amazon
logo