エンジェル・ハート 2ndシーズン

北条司によるオリジナル作品。どんな依頼でもこなすシティハンターの少女・香瑩が、様々な人々の依頼を叶えるべく奮闘する姿を描く。同じ作者のヒット作『シティーハンター』を、家族愛をテーマにリメイクした『エンジェル・ハート』の第2シーズンにあたる。中心となるストーリーは存在せず、数話にわたって展開される中編で構成されている。アクションシーンは少なく、人間ドラマとしての面が色濃く描かれている。月刊「コミックゼノン」2010年創刊号から連載開始。2017年4月現在、単行本15巻が発行されている。なお、2ndシーズンから、「シティーハンター」ではなく、「シティハンター」という表記が用いられている。

正式名称
エンジェル・ハート 2ndシーズン
ふりがな
えんじぇる はーと せかんどしーずん
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ
レーベル
ゼノンコミックス(ノース・スターズ・ピクチャーズ)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

すっかりシティハンターとして板に付いてきた香瑩。ある日、いつもの伝言板に「XYZ」の依頼が出される。依頼主はトップ女優の如月玲奈で、彼女の持つ時計を処分して欲しいという。その時計は彼女の祖父の代から受け継がれているもので、一生添い遂げる相手が触れた時にのみ動くという、不思議な時計だった。今まで付き合った相手が誰一人この時計を動かすことができず、その事実を目の当たりにした瞬間、相手への気持ちが冷めてしまうと語る玲奈。

このままでは時計に縛られて、一生結婚できないのでは悩んだ末、シティハンターに処分を依頼することとなったのであった。壊れているわけでもないのに動かない時計。その謎が気になる香瑩。ふと動かないはずの時計の針が、一刻みだけ動いていることに気付く。

知らない間に「玲奈のパートナーとなる」誰かが触っていたのでは? と考える香瑩だった。依頼を受けてから、その時計を触った者は、依頼の場に立ち会った冴羽獠など数えるほどしかいない。触っても動かなかった獠たちを除外すると、残されたのは玲奈が所属する事務所の社長・飛鳥だけだった。飛鳥の事務所に確認に訪れた香瑩が、飛鳥に向かって時計を投げる。

思わずつかんでしまう飛鳥。すると時計がカチリと時を刻むのであった。

登場人物・キャラクター

香瑩 (しゃんいん)

プロの始末屋「シティハンター」の少女。19歳。2歳の時にマフィアに掠(さら)われ、殺し屋として育てられた。成長してマフィアの暗殺部隊「朱雀」の一員となり、「グラス・ハート」というコードネームを持つ殺し屋となる。その後、殺し屋業を続けることに絶望して自殺を図るが、心臓移植を受けて一命を取り止める。その心臓が事故死した槇村香のものだったため、香瑩の中に香の心が宿ることとなる。 以降、マフィアを抜け、香瑩という名で冴羽獠とともにシティハンターとして活躍するようになった。後に獠の養子となる。獠を「爸爸(ぱーぱ)」と呼び、実の父のように慕っている。ただし、獠がスケベな本性をむき出しにすると、容赦なく香譲りの100tハンマーを叩き込む。 実父は台湾マフィアの大物・李堅強。

冴羽 獠 (さえば りょう)

シティハンターの男性。かつて槇村香とコンビを組んで活躍していた。香が不慮の事故で他界した後、しばらくは無気力に生きていたが、香の心臓を移植した香瑩と出会って復活。香瑩とともにシティハンターとしての活動を再開する。後に香瑩を養子としており、香瑩からは「爸爸(ぱーぱ)」と呼ばれている。美女を見ると「もっこり」する癖は治らず、その度に、かつて香にされたように、香瑩から100tハンマーによる制裁を喰らっている。 愛用する拳銃はコルト・パイソン。シティハンターとなる前は傭兵だった。

槇村 香 (まきむら かおり)

冴羽獠のかつてのパートナーの女性。一緒にシティハンターとして活躍していたが、車に轢かれそうになった少女を庇って負傷、脳死状態となる。移植のために心臓を摘出するが、その心臓がマフィアに奪われ、自殺を図ったグラス・ハート(香瑩)に移植されてしまう。その時、なぜか香瑩の心に槇村香の意識が宿り、香瑩の中で生き続けるようになる。 今も多くの仲間たちに愛されており、命日の前日には皆で集まって、盛大な「命日カウントダウンパーティー」が行われている。

劉 信宏 (りゅう しんほん)

COFFEE HOUSE CAT’S・EYEの住み込み店員の男性。かつてはマフィアの戦闘部隊「青龍」の一員で、香瑩とは訓練学校時代の友人。紆余曲折を経て、CAT’S・EYEで働きながら香瑩を見守り、時にはシティハンターとしての香瑩や冴羽獠の依頼を手伝っている。獠を心の師として尊敬しており、CAT’S・EYEのマスターであるファルコンを理想の父親像として慕っている。

ファルコン

新宿でCOFFEE HOUSE CAT’S・EYEを経営する男性。元傭兵で、冴羽獠とともに戦場に赴いたこともある。愛称は「海坊主」。戦場で失明して傭兵を引退し、喫茶店のマスターとなった。筋骨隆々の堂々たる体軀で、バズーカ砲2丁を軽々と操る。また、指が太すぎて、携帯電話のキーを直に押すことはできないが、楊枝を2本使って器用にメールを打つこともできる。 ストリートチルドレンだったミキを引き取り、劉信宏とともに一つ屋根の下で暮らしている。

ミキ

ファルコンとともに暮らす少女。かつて母親を失ってからストリートチルドレンとして暮らしていたが、ファルコンに引き取られ、子供として育てられる。天使の笑顔を持つとされ、淋しさに満ちた人を見かけると絵本を読み聞かせ、その人の心を癒していた。また、人の顔がその人の本当の心の姿として見えており、老人でもミキには若者のように見えていることもある。

(ちん)

台湾マフィアの隠密舞台「玄武」の元指揮官の男性。現在はCAT’S・EYEの隣に中華料理店を開店し、冴羽獠、香瑩父娘の後見人的な存在として見守っている。また、つてを使って香瑩のために暗躍したり、裏社会から情報を入手したりしている。

李 堅強 (り じぃえんちゃん)

台湾マフィア「正道会」の大ボスの男性。周りからは、身分の高い人を示す「大人」という尊称をつけて呼ばれている。香瑩の実父。ただし、香瑩にはそのことを隠している。

楊 芳玉 (やん ふぁんゆい)

隻眼の傭兵。冴羽獠の傭兵時代からの知り合いの女性。誕生日である12月25日にメールするように獠と約束しているが、いつも獠が忘れて楊芳玉を怒らせている。かつて戦場カメラマンの笈川康幸と愛し合い、子供をもうけるが、そのことを互いに知らぬまま別れていた。

カメレオン

変装が得意な殺人者。一見しただけではわからないほど、そっくりに変装することができる。女性に扮していることが多いが、性別は男性。過去に香瑩と一戦交えたことがあり、それ以来、香瑩や冴羽獠になにかと絡んでくる。なお、心の姿が見えるミキには、どんな変装をしても顔がのっぺらぼうに見えるため、変装が通用しない。

如月 玲奈 (きさらぎ れな)

人気女優。「一生添い遂げる人がいる時だけ動く不思議な時計」を受け継いでおり、その時計に縛られて結婚できないことを悲観。時計の処分をシティハンターに依頼してきた。無名の頃から自分を支えてくれた事務所社長の飛鳥に、無意識のうちに惹かれている。

笈川 康幸 (おいかわ やすゆき)

元戦場カメラマンの男性。楊芳玉と出逢い、結婚の約束をするが、楊から一方的な別れの手紙をもらった。現在は立ち退きを要求されている古い一軒家に居座り、そこに生えている桜の樹を守っている。

石渡 智也 (いしわたり ともや)

新宿東口交番に勤務する巡査。実直で真面目な性格の男性。わずかな期間に何度も署長から表彰されている。ある日、指名手配犯を追い詰めるが、反撃に遭って殺されそうになったところを香瑩に助けられ、香瑩と知り合いになる。育ての親は元刑事の石渡だが、実の父は服役歴のある堀田明史。

堀田 明史 (ほった あきふみ)

焼き鳥屋「とり智」の主人。石渡智也の実父。かつてはチンピラだった。石渡刑事に逮捕された時、母親は智也を生んで死亡。そのため、石渡に智也を託した。後に更正し、新宿で焼き鳥屋を営んでいたが、過去を知るヤクザの工藤が現れ、本当のことをばらすと脅されたため、つい工藤を刺してしまう。

倉田 雄一郎 (くらた ゆういちろう)

新宿で彷徨っていたところを香瑩に助けられた青年。1973年に、ヨットで太平洋を横断中にハワイの沖合で舟から海に落ち、気付いたら今の世界に来ていたという。その後、陳の調査により、倉田雄一郎という人物が実在しており、彼が倉田雄一郎本人であることが証明される。

金城 一樹 (きんじょう かずき)

青年実業家。「莫大な富の代わりにその他の運を失う」と言われる秘宝の持ち主。金運の見返りに、家族の不幸や自身への災難などに見舞われている。実はその秘宝は彼の父親が、かつて傭兵だった頃に、冴羽獠らと偶然発見したものだった。そのことを知った金城一樹は、獠たちに秘宝を元の場所に返してくるように依頼する。

三浦 走 (みうら かける)

神明サッカークラブに所属する少年。東日本大震災の被災者で、父親は現在も行方不明。今は母親と二人で暮らしている。家が貧しく、サッカーを諦めかけていたところを、シンパシーを感じた劉信宏の援助によって続けられるようになる。三浦走自身は特待生のため、クラブの部費が免除されていると思い込んでいる。

吉行 淳 (よしゆき じゅんのすけ)

某国の工作員の男性。子供の頃、某国に拉致されて工作員に仕立て上げられた。日本でテロを起こす命令を受けていたが、命令を無視。冴羽獠に「依頼を受けないと核爆弾を爆発させる」と言い、ある4人の人物を山奥の廃校に集めさせた。

雅玲 (やーりん)

劉信宏の生き別れた妹とそっくりの顔と同じ名前を持つ少女。騙されて日本に連れてこられ、風俗で働かされそうになったため、仲間たちと逃走。新宿で身を潜めながら暮らしていた。

中津川 隼子 (なかつがわ じゅんこ)

女子高生。ファルコンの元恋人だった中津川静香の娘。自分の父親のことを知るために、母親の携帯電話を秘かに調べたところ、その中に「ファルコン」の名前を見つける。自分の名前の「隼」がファルコンから取ったものだと思い込んで、CAT’S・EYEにやってきた。

中津川 静香 (なかつがわ しずか)

エステ業界最大手の「しずか・ビューティ・サロン」のオーナー社長。中津川隼子の母。かつてファルコンの他に、土建会社社長の野村裕真、議員の渡辺明仁、作家の小林智也とも同時期に付き合っており、後に誰が父親かわからないまま、隼子を産んだ。隼子の父親を決めるために、自分の偽の葬儀をあげることを計画する。

栗田 和久 (くりた かずひさ)

バーテンの男性。かつてはプロ野球チーム・東京RAIDERSの選手で、名ピッチャーとして活躍していた。事故を起こし、同乗者を死なせてしまったため、表舞台から姿を消していた。陳が監督をする草野球チームの助っ人を頼まれ、小学生女子チームと対戦する。

栗田 はるか (くりた はるか)

小学生女子の野球チーム・野川ANGELSのピッチャー。父は元プロ野球選手の栗田和久。サウスポーで、父とそっくりの投球フォームで、切れの良い変化球を投げる。陳の草野球チームと対戦後、父だとは知らずに、栗田からピッチングのコーチを受けることとなる。

榎本 一馬 (えのもと かずま)

大手IT企業の社長。本名は榎本拓馬。榎本一馬の双子の弟。若かりし頃、成り行きから事故死した兄に代わって社長となり、会社を大企業にまで発展させたが、ずっと兄に負い目を感じていた。自分の死期が近いことを知り、自分の葬儀の際には、本物の「榎本一馬」の遺骨を皆で送り出して欲しいと思い、兄の遺骨と自分の遺骨をすり替えてくれるよう、シティハンターに依頼した。

篠田 紫苑 (しのだ しおん)

小料理屋「藍」の女将。榎本拓馬と篠田藍子の娘。母の藍子が大衆食堂で働いていた時に、常連だった拓馬との間にもうけた子供。母から拓馬の好物だったきんぴらの味を受け継いでおり、榎本一馬として小料理屋「藍」にやってきた拓馬に振る舞った。

富塚 まな (とみづか まな)

引きこもりの少女。かつて強盗団に両親を惨殺され、そのトラウマから外出できなくなっていた。知能が高く、片言ながら喋ることもできるカラスのトビオと暮らしている。トビオやその仲間のカラスを使って、街の声や映像を入手し、ネット上で公開して楽しんでいた。両親を殺した犯人である「右頬に傷のある男」に居場所がばれ、命を狙われることとなる。

由佳 (ゆいか)

かつて槇村香がその身を挺して救った少女。事故直後、怖くなって逃げ出してしまったことを、ずっと気に病んでいた。香が多くの人に愛されていたことを知って、さらなる罪の意識に苛まれていたが、「香の命を引き継いだ子」として、恨まれるどころか皆に感謝されていると聞かされ、涙する。

その他キーワード

シティハンター

プロの始末屋(スイーパー)のこと。新宿駅東口の伝言板に、「XYZ」の文字と連絡先を記すと、依頼することができる。本作では香瑩が中心となって依頼を受けており、冴羽獠はサポートに回ることが多い。ちなみに獠の場合は、基本的に女性からの依頼しか受けないとされている。新宿にある「COFFEE HOUSE CAT’S・EYE」を拠点としている。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo