ハデス

ハデス

アリオン(漫画)の登場人物。

登場作品
アリオン(漫画)
正式名称
ハデス
関連商品
Amazon 楽天

概要

クロノスとガイアの長子で、ティターン。冥府の王。他の兄弟と同様、予言を恐れる父クロノスによって生まれてすぐ捨てられた。ゼウスがクロノスを殺して王座についた後に、王宮に現れた。くじ引きによって、冥府に追いやられたことを恨み、アリオンを利用して、ゼウスを殺害しようとした。

ギリシア神話の冥府の神ハデスをモデルとするキャラクター。

関連人物・キャラクター

ゼウス

クロノスとガイアの末子で、ティターンの王。生まれてすぐタンタロスの死の谷に落とされたが、自力で帰還し、父クロノスを殺害。王座を奪った。非常に猜疑心が強く、死ぬことを異常に恐れている。自分もまた一族の者... 関連ページ:ゼウス

アリオン

ティターン。デメテルとポセイドンとの子とされているが、出生には秘密がある。幼少時までデメテルと暮らしていたが、叔父ハデスに誘拐され、冥界で武芸を仕込まれ育つ。ハデスの謀略により、オリンポスの王ゼウスを... 関連ページ:アリオン

関連キーワード

ティターン

『アリオン』の登場する一族。超人的な力をふるうことで人の上に君臨する。その王は、ウラノス、クロノスゼウスと変転した。アポロンによれば、ティターンは人間ではなく、遙か昔に地に降り立ち、人に知を与えた種族であるという。

登場作品

アリオン

太古のギリシアを舞台に、数奇な運命のもと生まれたアリオンが、ティターンの覇権争いに翻弄されながらも懸命に生きる姿を描く物語。ギリシア神話を題材にした作品。 関連ページ:アリオン

SHARE
EC
Amazon
logo