ファルネーゼ・ド・ヴァンディミオン

ベルセルク(漫画)の登場人物。ガッツとはライバル関係。

  • ファルネーゼ・ド・ヴァンディミオン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルセルク(漫画)
正式名称
ファルネーゼ・ド・ヴァンディミオン

総合スレッド

ファルネーゼ・ド・ヴァンディミオン(ベルセルク)の総合スレッド
2016.07.17 07:06

概要

莫大な財力を持ち、作品中で広く信仰されている宗教の教会組織・法王庁に対して大きな影響力を持つヴァンディミオン家の女性。黒い剣士ことガッツの捕縛を命じられた法王庁直属の聖鉄鎖騎士団の団長でもある。盲目的に神を信じていたが、その心の奥では歪んだ形の欲望に囚われており、似た境遇のセルピコに心を寄せていた。

ガッツ使徒の戦いに巻き込まれることで自身の矮小さを知り、世の中の真実と生き抜く術を学ぶために僧籍を抜け、セルピコとともにガッツの旅に同行することとなる。その旅でキャスカの世話をしていくうちに、今まで自分が虐げてきた弱い者たちを守るという気持ちが芽生えていき少しずつ心を強くしていく。

そして、旅の仲間となった魔法使い・シールケが見せる魔術の偉大な力に感動。シールケの弟子となり、魔女見習いの道を歩み始める。

登場人物・キャラクター

ある森の結界内に存在する霊樹の館に住む魔女・フローラの弟子。ゆったりとしたローブを纏いつばの広いとんがり帽子を被った、まさに絵本の中から抜け出た魔法使いのような姿をした少女で、ある小さな村を荒らす獣鬼...
長身で筋骨隆々とした隻眼隻腕の剣士。失った右腕には大砲の仕掛けがある義手とボウガンを装備。武器として自身の身長ほどの鉄塊としか表現しようのない大剣・ドラゴンころしを使用し、膂力に任せた一撃で眼前の敵を...

登場作品

世界観全体的な世界設定本作の舞台は機械的な文明がそれほど発達していない中世ヨーロッパのような世界観がモデルとなっており、石造りの建物や深く広大な新緑の森、切り立った山々などが頻繁に描写されている。人々...