ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ

ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ

オルフェウスの窓(漫画)の主人公。レナーテ・フォン・アーレンスマイヤとは親族関係にある。

登場作品
オルフェウスの窓(漫画)
正式名称
ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ
関連商品
Amazon 楽天

概要

名門貴族アーレンスマイヤ家の跡継ぎ。しかしその正体は、愛人であった母レナーテ・フォン・アーレンスマイヤに財産相続のため男装させられ、男として育てられた少女だった。秘密を共有する母を守るため、豪胆な振る舞いをするが、内心では女の子に戻りたいと思っており、精神状態は不安定であることが多い。

ピアニストとしての才能を持ち、聖ゼバスチアン教会附属音楽学校のピアノ科に通う。「オルフェウスの窓」でイザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイトクラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミットに出会い、イザークとは友情を築くが、クラウスには男性として惹かれて行く。自分の秘密を知る主治医ゲルハルト・ヤーンがそれを種に母を脅していることを知り、衝動的に殺害。

以降殺人者としての罪の意識に苛まれる。後にクラウスを追ってロシアに渡り、事故によって記憶喪失になった際も、殺人の日と似た天候になると恐怖を訴えていた。

関連人物・キャラクター

レナーテ・フォン・アーレンスマイヤ

ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤの母親。名門貴族アーレンスマイヤ家の当主アルフレート・アーレンスマイヤの愛人となり、ユリウスを身ごもる。その妊娠中、「オルフェウスの窓」でヘルマン・ヴィ... 関連ページ:レナーテ・フォン・アーレンスマイヤ

登場作品

オルフェウスの窓

20世紀初頭、ドイツの聖ゼバスチアン教会附属音楽学校で出会ったユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤ、イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイト、クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミットたち三... 関連ページ:オルフェウスの窓

SHARE
EC
Amazon
logo