ロベルタ・ブラウン

オルフェウスの窓(漫画)の登場人物。イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイトとは親族関係にある。

  • ロベルタ・ブラウン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
オルフェウスの窓(漫画)
正式名称
ロベルタ・ブラウン

総合スレッド

ロベルタ・ブラウン(オルフェウスの窓)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイトがアルバイトでピアノ弾きをしていた酒場で働いていた少女。アルコール中毒の父親によって酒代代わりに男に売られてしまう。その後娼婦となりウィーンで働くようになる。イザークを影ながら慕い、ピアニストとして彼が大成してからも、演奏会のたびに名を隠して花を贈っていた。

アナスタシア・クリコフスカヤの落とした手紙を偶然拾ってしまったスパイ容疑を受ける。感化院に入れられてしまったところを同情したイザークに妻として迎えられ、後にイザークの子ユーベルを生む。

登場人物・キャラクター

『オルフェウスの窓』の主人公のひとり。貧しい家の生まれながら、ピアニストとしての才能の高さによって奨学生となり、聖ゼバスチアン教会附属音楽学校に通うこととなった少年。転入初日、「オルフェウスの窓」でユ...

登場作品

20世紀初頭のドイツ。聖ゼバスチアン教会附属音楽学校にはある言い伝えがあった。それは学校の塔にある「オルフェウスの窓」と呼ばれる窓に立ち、地上を見下ろした時一番最初に目に入った女性と恋に落ちるが、その...