ロボット法

ロボット法

鉄腕アトム(漫画)で言及される法律。読みは「ろぼっとほう」。

登場作品
鉄腕アトム(漫画)
正式名称
ロボット法
ふりがな
ろぼっとほう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ロボットは人をきずつけたり殺したりしてはいけない。ロボットは人間につくすために生まれてきたものである。ロボットは作った人間を父と呼ばなくてはならない。ロボットは何でもつくれるがお金だけは作ってはいけない。ロボットは海外へ無断ででかけてはならない。男のロボットと女のロボットはたがいに入れかわってはいけない。

無断で自分の顔を変えたり別のロボットになったりしてはいけない。おとなにつくられたロボットがこどもになったりしてはいけない。人間が分解したロボットを別のロボットが組み立ててはならない。ロボットは人間の家や道具をこわしてはいけない。という10か条の法律からなっている。

登場作品

鉄腕アトム

科学省長官の天馬博士は、愛息天馬トビオを交通事故で失う。その代わりとして、科学の粋を集めたロボットアトムを作るが、アトムが成長しないことに絶望し、アトムをサーカスに売り飛ばしてしまう。その後アトムは、... 関連ページ:鉄腕アトム

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo